カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
21
22
23
24
26
27
28
30
04


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとう!未練・或爺杯!

昨晩行われました、未練・或爺杯モックドラフト
Uストで音声を聞きながらチャットで皆様とわいわい楽しませていただきました。
携わった全ての皆様おつかれさまでした!そしてありがとうございました!

私はフットボール観戦はカレッジ中心に完全に移行してしまいまして
NFLの試合を観る数は昔に比べると少なくなってきていますし
カレッジフットボールをNFLへの予備軍的なもの(実際そうなのかもしれませんが)として観ることや
ドラフト情報の為にカレッジフットボールを観ることに対して、これってどうなのかな?
など、変に小難しく考えることが多くなってきていました。

私はカレッジを見始めたきっかけは、ドラフトが何倍も面白くなるし、自分の応援していた選手がNFLで活躍することの
嬉しさが格別だったのが大きかったと思います。

4年間にかける選手の素敵さ
アップセットの醍醐味
ライバルゲームの歴史や地域の熱さ
特徴のあるたくさんの個性的なチーム
突如現れるスター選手
Walk-onから這い上がりスタープレーヤーになるシンデレラストーリー

ほかにもたくさんありますが、カレッジを観続けることで、たくさんの魅力に出会い、どんどんのめり込んで行きました。
心から応援できるチームにも出会えましたし

どんどん夢中になるにつれ、先ほど述べた疑問にぶち当たっていたわけであります。

ただ、昨日のみなさんのモックドラフトに取り組む熱い姿勢、楽しむ姿勢を見てですね
なんかふっきれましたw
楽しむことが一番だな~と

なんだかんだでドラフトは楽しみですし、自分が観てきた選手がピックされるのはすごく嬉しいですしね!
小難しいことは考えないで、純粋にカレッジフットボールを楽しめばいいんだ!と

自分的な勝手な解釈で、どこかのチームのGMをやることは多分ないと思いますが
これからも参加させていただき、いつの日か現地に行って楽しみたいな~と思っています。

これからも私なりの発信の仕方で、みなさんのドラフトやカレッジフットボール観戦が楽しくなるような記事を
お届けできたらいいなと思います。

主催者の皆さん、GMを担当された皆さん、絡んで頂いた参加者の方々
素敵な時間をありがとうございました!


スポンサーサイト

お前に胸キュン WRの巻

いよいよドラフトまで2週間を切りましたね~
今年はは例年より遅めということで、待ちきれない方もおおいいと思います。
私もどちらかというとスプリングプラティクスやスプリングゲームをチェックしたいのですが
まあ、これはドラフトが終わってからかなと思っております。

さて今回はWRの巻でございます。

WRもセットする位置によって呼び方が違いますよね
800px-Ace_green.png



SE(スプリットエンド)
 
実はSEはラインマンの一員なんでありますね~
よってメージラインに並んでセットしなければならないのであります。
タイト(OLとくっついたエンド)がTE
スプリット(OLと離れたエンド)がSEとなるわけですね
今更ですがOFはメージラインに7人セットしなければなりません。
よってSEはメージラインに並ぶわけですね
メージラインにセットした7人はモーションできないためSEはモーションできないということになります。
ディープスレッドのスピード派の選手を置くことが多いいですね

FL(フランカー)

メージラインより一歩下がった位置にセットしますね
よってモーションできますです
ポゼッションレシーバーでフィジカルパワー派の選手を置くことが多いいですね

SL(スロットレシーバ)

こちらもモーション可能ですね
第三のWRとも呼ばれています
FBを置かないワンバック体型などで登場致します
ゾーンの切れ目(シーム)を狙うのが上手な
小柄でクイックネス派の選手を置くことが多いいですね

あと、よくWRをX Y Zで表記してあることがありますが

Xがスプリットエンド
Yがスロット
Zがフランカー

となっております

それでは何人か紹介していきたいと思います~
あっ、今回は完全個人的趣味マニアック路線な感じで行くのでw評価の高い選手普通にスルーしますけど
気にしないでくださいw



お前に胸キュン TEの巻

はい、今回はTEの巻でございます。

一時期、ラン&シュートやガンからのパスが中心のOFとなったNFLではTEの重要性が薄れていた時期がありましたが
NEのお二人が大活躍されTEの重要性が再確認されてきた今日この頃、私は嬉しく思っております。
スプレッドOFが主流の今のカレッジでも、H-Backのモーションなどでブロックを強化するプレーも多く
TEの重要性は上がっていますね。
OLの強さとWRの動きを併せ持つアスリートがひしめくポジションとなっております。

ここも一色単にするのは難しいポジションですよね。
優れた運動能力でパスターゲットとなるレシービングTE
OLと共に黙々とブロックし続けるブロッキングTE
ブロック、パスキャッチともにこなすバランス型TE
時にFB、時にTE、その正体はH-Back

H-Backについてわかりづらいところがあると思うのでちょっと説明しておきますね
TEは通常メージライン上にセットいたしますね。すなわち左右OT外側にセットいたします。
H-Backはメージラインより下がった位置にセットするのであります。
そこからモーションでFBの位置にセットしたり、少し離れてSEの位置にセットしたり、逆サイドにモーションしたり
そしてブロックやパスコースに出るといった感じであります。
チームによって様々な体型があるので、これがH-Backだ!というのは少々難しいのですが
わかりやすいのはこちらでしょうか

275px-Ace_redskin_green.png

左の下がり目のTEがH-Backになりますです。

それでは、何人か紹介していきたいと思います~




お前に胸キュン OTの巻

では、今回はオフェンシブタックル(OT)編であります。
OTはRT(右側)とLT(左側)がおりますね。
OFからみてQBの死角をブラインドサイドと呼びます。
右投げのQBが多いいので左側ということになりますね。
DFはこの死角サイドにエースラッシャーを置くことが多いいです。
それに対するOFもLTにエースOLを配置します。

OTは体の大きさ、腕の長さはもちろん必要であり
プラス、左右のフットワークの良さも必要になります。
キックスライド(間合いを取りながら、ラッシャーを斜め後ろに流すステップ)も重要ですね。

DEやOLBのスピードが上がってきている中、OTにもそれを捌けるフットワークが必要となってきているわけですね。
またパスプロにおいては、膝の柔らかさ、使い方が重要になってきます。
膝をしっかりと曲げ重心を落とし背筋を伸ばした状態でバランスのいいパスプロができているかどうか
これが重要になってきます。
膝を伸ばした重心の高いパスプロではDFにヤラレまくってしまいます。

これも一概には言えないのですが、LTは優れたパスプロが必要になり
RTはどちらかというとストロングサイドになりやすいですし強力なランブロックが必要になるといったふうに考えると
わかりやすいかもしれませんね。

それでは何人か紹介していきたいと思います~



お前に胸キュン C.Gの巻

いや~Badgersの男子バスケ頑張りましたね~
バスケットボールは普段ほとんど見ないのですが
ファイナル4進出ということもあり応援してましたが、UKに負けてしまいましたね~
よくわからないなりに楽しめました!

さて今回からお前に胸キュンシリーズ OF編に突入するわけですが、最初の記事でちょっと言いましたが
QBについては取り上げませんですはい。
QBはなかなか判断するの難しいですしね~
ただ、1つずっとぶれていないことは、Teddy Bridgewaterが私の中ではNO1ということです。
数多くの試合観てきましたし、ここはぶれませんね。
なんで評価落ちてるんだか・・

というわけで、OF編の1発目はCとGでいきたいと思っております!

でまず触れておきたいことがありまして、フットボール観戦のことについてです。
私はDF出身であるので、観戦する際OLをキーで見る癖が抜けてないのでスナップされたらOLの動きをまず見ます。
メージラインより前に出たらランプレー
パスプロに入ればパスプレー
GやCがプルしたらぷるサイドのプレー

そこから、RBの動きやWRのルート取りを見る

こんな感じですね

すなわちOLの動きでまずどのようなプレーなのか判断するのであります。

ただ最近はゾーンブロックなるものがありましてですね、これはOLが横に動くのでちょっとわかりづらい点もあるのであります。

というわけで、まずOF編に入る前にゾーンブロックとアサイメントブロックについて触れてみたいと思います。


プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。