カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
9
12
13
14
16
17
18
20
21
22
24
25
27
28
29
30
09


父さん、そんな週もあるわけで、札幌はもう朝晩寒いわけで(純君風)

北の国からを知らない世代の人にはわけのわからないタイトルですいませんw

はい、Week5でございます!

いや~あれなんですよね~今週あれな感じですわ~
えっあれじゃわからないですって?
いや~そうですよね~w

毎年そうなんですけど、興味ある試合が少ない週が大抵1回ぐらいあるんですよね~
あくまで個人的な興味ですが
父さん、今年は今週みたいなわけで、富良野の冬はもうすぐです・・

ちょっと注目しているチームがこぞってBYEというのもありますし、ん~ちょっと興味あるな~という試合の放送が
ESPN系列じゃなかったりというのが重なってるのもありますね。
やっぱライブで観るのが面白いですからね~

で、どうしてもあげるとするならば、やはりこの試合かな~

Arkansa(ARK) vs. No. 6 Texas A&M(TAM) CBS放送

今シーズンのARKはこのブログでもちょいちょい紹介していますが、わたくし非常に注目しております。
でTAMなんですが、これは毎年のことなんですが、ええ、個人的に興味がわかないチームなんですよね~
なんでかわからないんですけどねw
ただ、強豪ぞろいのSEC Westのチームですし、避けては通れないですよねw

ジョニーは戦場(NFL)に行ったため、スターターQBは#7 Kenny Hill(So)
4試合ですでに1359ヤード13TDと爆発しておりますね~
自ら走る足も持っており、ジョニーと同じ系統と言っていいと思います。
RBはダブルWilliamsこと#1 Brandon Williams(Jr) #3 Trey Williams(Jr)
そして、ゴリナー#21 Tra Carson(Jr)とローテーションで起用してきますがこのJrトリオはかなり魅力的ですね~
そしてWRは
ビックプレイメーカー#84 Malcome Kennedy(Sr)
6-4と高さで勝負できる#11 Josh Reynolds(So)
アンダーニースの貴公子 #82 Boone Niederhofer(So)
とコマがそろっておりますね。

DFではCB#29 Deshazor Everett(SR)と両SF SS#31 Howard Matthews(Sr) FS#23 Armani Watts(Ture Fr)
がいいプレーしてますね!特にWattsは将来的にすごいプレーヤになりそうな匂いがプンプンであります!



試合の見所としては1試合平均55.3点というTAM OF相手にARK DFが踏ん張り
得意のランOFで時間を使い接戦に持ち込めるかですかね
ARKのDB陣がSF#33 Alan Turner(Jr)中心にどこまでTAMのパスを防げるかがキーになると思います。
比較的若いTAM DLに対してARKのOLがコンビネーションブロックで翻弄できれば面白い試合になると思います

え~思い切ってアップセット予想で!

それでは今週のBadgers!いってみましょう!

スポンサーサイト

2014 アナグマ通信 Week4 ゴリゴリ♪ゴリゴリ♪ラン!ラン!ラン!

いや~Mississippi State(MSST)最後はLSUに追い上げられてヒヤヒヤでしたが強かったですね~

放送の冒頭で紹介されていましたが
QB#15 Dak Prescott(Jr)
RB#13 Josh Robinson(Jr)
C#63 Dillon Day(Sr)
の3人はルイジアナ出身なんですね~
ルイジアナでフットボールしていればLSUはあこがれの的
あえて選んだのか、LSUにリクルートされなかったのか詳しくは調べてないんですけど
あこがれのLSUにこの3人が中心のOFで見事に勝利したのはドラマでありますね~
カレッジフットボールのこうゆうとこも好きなんだな~

Prescottはランもさすがでしたが、パスも安定感があって非常に良かったですね~
そしてそれを支えたWR陣が素晴らしかった!
#4 Jameon Lewis(Sr)
#5 Fred Brown(So)
#1 De'Runnya Wilson(So)
このタイプの異なる3人は非常に魅力的であり脅威ですね!
でここにRB#13 Josh Robinson(Jr)が加わるのですから非常にバランスもとれていますよね。

DFではMLB#50 Benardrick McKinney(Jr)いいですね~
フィジカルだけでなく十分なスピードも併せ持っていましたね
そしてやはりDE#91 Preston Smith(Sr)
やはりハンドテクニックがうまくスイムでガンガンぶち抜いてて素敵でありました。
結構アグレッシブに仕掛けた場面でDBも結構踏ん張れていたので
DFはやはりトップクラスだと思いました。

MSSTはこの後BYEを挟んでTexas A&MとAuburnをホームに迎え討ちます
ここ連勝したらひょっとしたらひょっとしちゃうかもしれませんね~
Arkansasとの対戦もありますね~あの2人のRB対MSST DFとかよだれ止まんないですわw
BAMAとも試合ありますしMSSTから目が離せませんね~



Oregon(ORE)、Frorida State(FSU)は共にカンファレンス対決で辛くも勝ちましたが内容はあまりよくなかったように感じました。
FSUはWinston抜きってゆうのが大きいとは思いますが、CREMのDFの方がFSUのDFより個人的に良く見えましたね。
で、出れないのにオンスーツでアップして怒られて着替えたWinstonですがw
ま~彼いろいろ言われてますけどね、カニ泥棒だとか公然わいせつだとか、でも私嫌いじゃないんですよねw
まあ、あれですよ、あのチームがTDとったら大喜びで駆け寄るあの姿、純粋なんですよ、きっと。
あれが演技だったら相当の役者ですけどねw
彼は一生懸命リーダーになろうとしていますし、プレーヤーとしてはやはり1流だと思います。
ただねwまだ大人になり切れない部分があるわけでwまあ、純粋ということでw
自分が試合に出れないことでチームが苦戦したのを目のあたりにしてですね、気持ちをしっかり入れ替えてくれることを祈ってます。
まあ、ぜんぜんFSUは応援してないですけどねw

でそのACCでGTがVTを破り全勝をキープ!
あとBoston CollegeとPittsburghも1敗はしてますが今シーズン非常にいいチームなので期待ですね~
Louisvilleもいいですし、この中からFSUを倒しACCを制するチームが出て来るんじゃないかなと私は期待しています。

で、Indiana(IND)がMissouri(MIZZ)にアップセットしSEC狩りを果たしてくれました!
ありがとう!IND!
MIZZのRB#32 Russell Hansbrough(Jr)ですが、スピード、パワーを併せ持つ非常にいい選手ですね~

しかし、最近のINDはときおりすごいことやってのけるので目が離せませんなw
今シーズンは対戦がないのでちと寂しいですね~


それではBadgersの試合を振り返ってみたいと思います!


僕、4-3 DFが好きだ~♪中途半端な気持ちじゃなくて~♪

先週は多くのアップセットがあり非常に熱いWeekでしたね~
そろそろ、カンファレンス対決も多くなってきて、星の潰し合いが始まりますね~

ではまず、先週Byeでありました、Wisconsinの今週の相手は
昨シーズンのMACチャンピオンである Bowling Green(BGSU)をホームCamp Randall Stadiumに迎えます!

BGSUですが昨シーズン試合を観る機会がありましてですね
ま~QBがよかったんですよね、非常に丁寧なパスを放る選手でして
今シーズンもちょっと注目だな~と思っていた選手がQB#12 Matt Johnson(Jr)
んが、しかし開幕戦の試合後にお尻のけがでシーズンアウトという悲しい情報が私のもとに届きました・・・
今シーズンの対戦を楽しみにしていただけに残念ですが、しっかり治して来シーズンまた素晴らしいプレーを魅せてほしいです。

ただですね、BGSUにはもう一人注目している選手がおりまして
RB#8 Travis Greene(Jr)であります。
小柄で細い選手なんですが、スピードがありカット、スピンと流れるような動きのスラッシャーです。
今シーズンはモーションでWRの位置にセットしたり、ピストルのFBを置いた体系からインサイドにも力強いランを見せておりまする。

んでですね、先週のvsIndiana(IND)戦は見事な逆転勝利で大変面白い試合だったので観戦したのですが
OFが様変わりしてるな~という印象。
で調べてみると今シーズンからHCに就任したDino Babersなんですが2012-2013はFCSのEastern IllinoisのHC
Eastern Illinoisといいますと昨シーズンFCSチャンピオンシップトーナメントで準々決勝まで進み
今、NFL CLEで大ブレイクのTerrance Westに359ヤード走られて負けたことで有名ですよねw
あっちがったw2014ドラフトでNEに2巡でピックされたQB Jimmy Garoppoloのアップテンポのパスアタックで見事に躍進したチームですね。

今シーズンのBGSUのOFはノーハドルのハリーアップOFでテンポの良いクイックパスで組み立てております。
RBをモーションさせてノーバックにするパターンも多いですね。
脅威のTure Fr WR#1 Roger Lewisを中心に多くの選手に投げ分ける非常に的の絞りにくいOFであります。
またピストルのFBを入れた体系から多彩なランアタックとPAを織り交ぜ、こちらもなかなか散らしてきます。
Matt Johnsonの代わりにWeek2から先発しているQB#3 James Knapke(So)ですがPAが非常に丁寧で
アフターフェイクもしっかり入れる基本がしっかりしているなかなかよいQBですね。
パンプフェイクを一回入れてから投げることも多く、DBは注意が必要であります。
そして、けして足速くないのですが、QBドローがちょいちょいキープレーになっておりこちらもケアですね~

DFの方はINDのRB#6 Tevin Coleman(Jr)に190ヤード走られました。Colemanはやっぱいいですね~
ただDFの中心OLB#11 Gabe Martin(Sr)を中心に DT#33 Taylor Royster(So) SS#3 Brian Sutton(Jr)
となかなかいい選手がそろっております。
そしてわたくし注目はTure FrながらMLBのスターター#27 Nate Lockeですね~
体がまだ大きくないんですが、プレーリードがいいですし、プレーに絡みまくる全力具合が素敵でございます。



試合のキーポイントはクイックなアップテンポパスOFに対してBadgersがどのようなDFで対応するかですね
この先のBIG TEN対決のNorthwesternやIllinoisなどのパスアタックのチームとの対戦に備えるためにもいい機会だと思います。

OFはとにかくランを出すことですね、Bye前のWestern Illinois戦では相手の前掛かりのアグレッシブなDFに対しての対応が遅かったこともありましたので、しっかり修正してほしいですね。

それでは今週の私の気になる試合は

Georgia Tech@Virginia Tech
Tulane@Duke
No. 22 Clemson@No. 1 Florida State
そしてNo. 4 Oklahoma@West Virginia
あたりですね~
OU@WVUはFOX放送なのが残念ですね~

では今週の私のおすすめのマッチアップはこちら!

猪突猛進

いや~すごい試合の連続のWeek3でしたね~

はやくもアップセット祭り開催となりました今年のカレッジフットボール!

非常に熱い試合が多く、私も観たい試合が多くててんてこ舞いですw
どれを観るか迷いまくりですね~嬉しい悩みです。

ネタバレも含みますので、まだ気になる試合を観てない方は試合観てからブログ読むことをお勧めします。

ちなみに私のおすすめは

East Carolina@ Virginia Tech

Bowling Green@Indiana

West Virginia@ Maryland

Georgia Southern@Georgia Tech

が鉄板であります。
もしこれらの試合結果をまだ知らないあなたはラッキーボーイ&ラッキーガールorラッキーおっさん!
情報遮断を続けつつ試合を楽しんでみてください。
前半だけ観て、あ~この試合決まったな~
と思い試合を観るのを途中でやめたらやっぱ駄目ですね~
ライブでチョイスした試合が熱い試合になるとなんか得した気分になりますしw

それでは今週の私の気になった試合の感想などを

チキチキボーン!

え~NFLの開幕戦のGB@SEAでSEAがしゃれおつなプレーでTDを取ってちょっと話題になりましたよね
野犬留置場のmentaiさんも記事にしていたのですが、これを果たしてトリプルオプションと呼んでもいいのかと
まあ、トリプルでもいいんですけどリードオプションフェイクパスでいいんじゃないかなw

やはりトリプルオプションといえば、GTやNavyが展開するFlexBoneから繰り出されるものだという固定概念が私にはありましてw
ギブか!いや抜いた!キープだ!うあっ!ピッチした!抜けた!TD!
これが私の中のトリプルオプションなんですよねやっぱり。
で、いい機会なので今回はちょっとトリプルオプションについてちょっと紹介したいなと思いまして。
まあ、私よりもずっとトリプルに詳しく愛している方もいるのですがw

なるべくわかりやすいように説明していきたいと思います!

えーとまずFlexboneとはOFの体系のことでありまして
ぼね
このような感じになります。
TEいれたりツインにしたりもできますです。

でここからトリプルOP
というものを展開するのですが
えーと、これがわかりやすいかな
トリプル

Flexboneで有名なGeorgia Tech(GT)では
まずQBの後ろにいるFBがB-Back
QBの両サイドにいる2人のHB(SB)がA-Backと呼んでいます
なのでこの図でもAとBで表記されていますね。
まずプレイサイド側ではないAがプレーサイドにモーションします。
そしてQBがスナップを受けます
ここでまずBにボールを渡すか渡さないか1つ目の選択(オプション)が行われます。
プレーサイドのオレンジの色のE(DE)をこのプレーでは浮かしています(アサイメント上誰も取りにいかない)
いわゆるキーマンですね、1人目のキーマン。
このEがFBにいかず、QBをケアしてインサイドに来なかったらQBはBにギブ(ハンドオフ)します。
EがFBに反応しタックルする勢いで向かっていった場合はQBはFBからボールを抜いてキープします。
いわゆるここまでの過程が体系は違えどいまNFLでも行われているリードオプションになります。
FBにギブしなかったQBはそのまま自分でボールをもって外に
ここで2人目のキーマン緑色の$の動きを見ます
プレーが始まる前にモーションしたAはQBより少し下がった位置で平行に動きます
$がこのA(ピッチマン)に反応した場合はQBはそのままキープして縦に上がります。
逆に$がQBに反応した場合、AにピッチしAは大外をまくり縦に上がります。
このギブ、キープ、ピッチの3つの選択肢があるためトリプルオプションと呼ばれているのであります。

DFの方はこのキーマンの2人がうまくさばければつぶすことができます。
EはFBに行くと見せかけてQBを狙ったり、$はQBとAどちらにも行ける距離間で横に流し味方のサポートの時間を作ったりといった感じですね。
または、何を優先的に止めるかをプレーごとにしっかり明確に実行することも大切になりますね。
ギブで毎回4ヤードずづ出され続けたらずっとギブだけでドライブされてしまいます。

このようなOFとDFの駆け引きも見ていて面白いと思います。

そしてこのFlexboneはトリプルだけでなくスピードオプションやモーションしてきたAにそのままトスする高速スイープ
モーションサイドとは逆に仕掛けるカウンターオプション、そしてこれらのPAパスなど
さまざまな展開を持っているところが脅威であります!

こちらのサイト動画付でわかりやすいので興味のある方は見てみたら面白いと思いますよ
OSU系のサイトですが開幕戦のNAVY対策の記事なので新しめのやつです

っとまた前置きが長くなってしまいましたw
それでは今週のバックスさんのwゴリゴリおすすめはこの1戦です!

2014 アナグマ通信 Week2 どうしたBIG TEN!こんなものなのかよ

はい、慌て気味でW2の記事でございます。
NFLも開幕して、時間が足りないってもんじゃありませんw

先週パソコンが逝ってしまったせいでブログ更新できず、おすすめの試合をあげれなかったのですが
当初予定していたのは
Michigan State(MSU)@Oregon(ORE)ではもちろんなくw(へそ曲がりですいません)

Virginia Tech(VT)@Ohaio State(OSU)でありました。

昨シーズンFrながら素晴らしい活躍をしたOSU DE#97 Joey Bosa(So)とVT CB#11 Kendall Fuller(So)
近い将来カレッジを代表することになるであろう選手の成長をみたかったというのが大きいですね。
またOSUは絶対的エースQB Millerが右腕のけがでシーズンアウトであり
先発QBは#16 J.T. Barrett(Fr)であるというのが不安材料でありますが
総合的に見てやはり私はBIG TENで一番強いのはOSUだと思っていましたもので。

ではまずこの試合を振り返ってみたいと思います。

OSUのDFは多く卒業で選手を欠きましたが相変わらず強力でありますね~
DLに関してはMSUにも引けを取ってないと個人的には思っています。
LBも#14 Curtis Grant(Sr)がいますし、#43 Darron Lee(So)もスピードがあって良かったですね。
セカンダリーが若い経験不足な選手が多いいですが#13 Eli Apple(Ture Fr)など将来が楽しみな選手が出てきましたね。
そして、やはりBosaは間違いないですね本物です。Wattみたいになりそうな予感。

その強力DFに対してのVTのOFのコールが素晴らしかった印象が強いです。
LBをブリッツにガンガン突っ込み中のランを封じたOSU DFに対し、中のランは使い続け、外に散らし、
マンカバーに有効なパスの選択とうまく組み合わせていましたね。
そしてQB #14 Michael Brewer(Jr)ですが、非常にいいタッチのパスを投げるQBで好感が持てましたね~
また、3rdロングのシチュエーションで何度もフレッシュを更新するパスを決める勝負強さも持ってます。
昨シーズンまでTexas Tech(TT)でプレーしていましたが今春TTを卒業しVTに入学した選手であります。
トランスファー(転校)ではなく、卒業して入学しているのですぐプレーできるということですね。
WR#82 Willie Byrn(Sr)はルートランもうまく、集中力の高いいいキャッチの連発で目を引くものがありました。
そして注目はFB#45 Sam Rogers(So)ですね~
FBやH-Backの位置からいいブロックおよびいいルートでパスもキャッチしておりました。
3rdロングのシチュエーションではHBの位置に入ったりしています。
そして圧巻だったのがダブルリバースからパスを投げようとしたことですね~
結局投げないでキープしてナイスゲインだったんですけどw
非常に器用な選手のように見えましたし、FB好きの方は要注目ですよ!

一方OSUのOFですが、QB Barrettはなかなか良かったと思います。
完全にMillerがFrだったときよりパスはうまいですね。肩も強いし。
走力も申し分ないです。3rd20から自らの足でフレッシュを取ったプレーは鳥肌ものでした。
OSUとしては前半リズム良く攻めていましたがFGを2つ外して、点差を詰めれなかったのが後半きつくなった要因でしたね。
また、RB Hideが抜けた穴はやはり大きいように感じます。
パンチが足りない気がしますね~

前半はそれほどプレッシャーをかけず様子を見ていたVT DFですが、前半終了間際からブリッツを入れ始め、後半はアグレッシブなDFにシフトチェンジ。
これがビタッとはまり、OSU OFを抑え始めました。
CB Fullerをはじめ、#31 Brandon Facyson(So) #19 Chuck Clark(So)と3人のSo CBがナイスカバーの連続。
ほぼマンカバーでFullerは足をつってしまいアウトしてしまいましたが代わりに入った#2 Donovan Riley(Jr)がOSUの息の根を止めるPic6とデプスの厚さも見せつけましたね。

そして注目は#34 Kyshoen Jarrett(Sr)
公式のデプスではポジションはROVになっております!
ROV?いやっほ~Rover(ローバー)!
ローバー美々とは関係ないですよw
まあ、上がり気味のSSって感じなんですけど、わたくし世代だとローバーなんですよね~
5-2 ローバーとか超攻撃的守備で好きですね。
ええ脱線しましたねw

リターンチームでも素晴らしいブロックしておりましたし、
ランプレーもガンガン行ってました。
そして圧巻のINT 2
これはですね、VTのDFが3rdロングのパスシチュエーションでDeep SF(ディープ セイフティ)を置くんですよね。
メージラインから20ヤードぐらいの最後尾の真ん中にセットするんですけど、ここにJarrettが入るんですよ。
でもってこの位置からボールホークぶりをいかんなく発揮しての2INTでございました。
いや~ちょっと気になる選手発見してしまいましたね。


というわけで試合はVTが35-21とアップセットを果たしたのですが、最後までもつれる大変熱いいい試合でありました。


でもってMSUはOREのOFの爆発を止められず敗戦。
いや、ORE昨シーズンよりタレントは少ないかもしれませんが強いですね。DFもなかなかいいですわ。

でもってMICHはNDに完敗。
帰ってきたND QB#5 Everett Golson(Sr)がだいぶ調子いいみたいでありますね。

これはいかん、BIG TEN!どうした!こんなものなのか!
プレーオフ導入初年度、是が非でもそこに食い込みたいのであります!
ただでさえ最近のBIG TENは弱いって言われてるのに~キーッ悔しい!
まあ、Badgerも初戦SECに敗れてるんですけどねw
がんばれ!BIG TEN!

というわけでだいぶ前置きが長くなってしまいましたが、ちょっとだけBadgersの試合を振り返りたいと思います。



2014 アナグマ通信 SECの壁

いや~Twitterの方ではつぶやいたのですが、PCが逝ってしまいまして。
LSU vs Wisconsinの後半が始まってすぐの出来事で・・・

で、先週はブログの方更新できませんでした。
申し訳ありませんでした。
ネット環境もちょっと速くしたかったので
いい機会だと思いPC新調とともに行い、本日なんとかかんとか復活であります!

とりあえずW1は結構試合を見たので、よかった選手を何人かここで紹介したいと思います!

Tennessee #45 LB A.J. Johnson(Sr)

昨シーズンも紹介した選手なんですが、やっぱいい選手ですね~
バリバリスターターなのにキックカバーも出て全力でタックルファンブルフォースとハードワーカーなところも素敵。ハイブリッドLB筆頭ではないでしょうかね~

Louisville #10 RB Dominique Brown(Sr)

2年前、ULを追いかけ始めた年に出会った選手です。
QBからRBにコンバートした選手で力強い走りが印象的で好きになったんですよね~
So時代の映像を見て楽しみにしていたのですが2012シーズンは怪我でシーズンアウトでレッドシャツを着ました。
昨シーズン見事に復活し、825ヤード8TDの活躍。
そして今シーズン開幕戦、素晴らしい走りで33回143ヤードと爆発!
Brownは私の中でMontee Ballとかぶる選手なんですよね~
ホールを見つけるうまさ、OLのブロックの見極め、バランスの良さ、そしてフィジカルが強い
Michael Dyerが戻ってきたらULのワンツーパンチも強力になりそうですね



Mississippi State #91 DE Preston Smith(Sr)

MSSTの4-3DFはいいですね~すごい好みです。
DL4人がサイズもあり非常に強く、デプスも厚い。LBもしっかり役割を理解してプレーしていましたね。
その強力フロント7のキーマンがSmithですね!
INT、FGブロックも決めるあたり持ってる選手でもありそうですね~

Wisconsin #7 SS Michael Caputo(Jr)

BadgersのDFの新しいハートアンドソウル!
昨シーズンも素晴らしいプレーの連続だったのですが
開幕戦のプレーにゾッコンラブですw
スプリングキャンプでLBとしても練習し、ますますアグレッシブなタックルに磨きをかけ
FSからSSにポジションチェンジ。
で開幕戦15タックルです!
MLB的な数字をたたき出すSSって超かっこよくないですか!
パスカバーもいいですし、やっぱ今シーズンBadgersの#7から目が離せません!

それでは、Badgersの開幕戦を振り返っていきたいともいます!





プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter