カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
3
4
5
6
8
10
11
12
13
15
16
17
18
19
21
22
24
25
26
27
28
29
30
11


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モヤモヤ

どうも、モヤチャーです。
いやーなんだかなーって感じですね。
ホーム最終戦のSenior Day
まさかあんな結幕になるとは思ってもみませんでした・・・
試合終了後からなんかもやもやした気持ちが収まることはなく現在にいたっております。
なので、昨日はその後に行われた試合もみる気が起きず観ていません。
先ほどすべての試合結果をチェックしたところです。

嬉しいニュースとしましては、Utah StateのQB#16 Chuckie Keeton(Sr)が怪我から復帰し
チームを見事に勝利に導きました!おかえり!チャッキー!

あとはGeorgia SouthernがGeorgia相手にOTまでもつれる激戦
結果負けてしまいましたが、やっぱ実力のあるチームですね~
ボウルゲームが楽しみなチームの一つですね。

おすすめした試合は2試合とも結局観ておりません。面目ないです。
観ようとはしたんですけどね、なんか何にも入ってこないのでやめましたw

全勝だったOhio State、Houston、Oklahoma Stateが敗戦
全勝キープはClemson、Iowaのみとなりました。

Iowaの試合はBadgersの試合の前に行われ、Purdueに圧勝
この時点でBIG TEN Westの優勝が決まりチャンピオンシップ進出が決定しました。
無念であります。

それでは、振り返りたくもないんですが、逃げちゃダメだ!ということでw
Badgersの試合を振り返りたいと思います・・

スポンサーサイト

Senior Day 2015

いやはや、相変わらずの鉄砲玉っぷりで
プチ地方の現場に通っているためなかなか時間の取れない1週間となってしまいました。

先週おすすめしたMemphis(MEM)34 - 35 Houston(HOU)は熱いいい試合でしたね~
HOUは2Q終盤にエースQB#1 Greg Ward Jr(Jr)が足の怪我でアウト
しかし代わりに入ったQB#3 Kyle Postma(So)がランにパスに大活躍でしたね~
あとはWR#10 Demarcus Ayers(Jr)のRACが素晴らしかった!いい選手ですね~

DFではやはりILB#44 Elandon Roberts(Sr)
出足の速さがハンパないですな~
キャリアハイの18タックルの1サック、1INTと大暴れでございました。

HOUは全勝を見事にキープ
MEMはカンファレンス2敗目となりチャンピオンシップ進出は厳しくなりました。

で、はやいもので今週はWeek12
レギュラーシーズンもあと2試合のチームが大多数ですね。
で今週は熱い試合が軒並みなのですが、時間が取れなかったためリサーチ不足・・無念
そんな中でもやはり要注目なのは

Michigan State(MSU)@Ohio State(OSU)になりますね~

全勝のOSUと1敗のMSUのBIG TEN Eastの頂上決戦になりますね~
OSUは次の最終戦も今シーズン好調のMichiganとの対戦。
最後の最後でタフな試合が続きます。

あとは TCU@Oklahoma(OU)も注目ですね~
Week6にTexasに競り負けたOUですがその後はカンファレンス対決で圧勝続き
先週は全勝をキープしていたBaylorも撃破し、乗りに乗っています!

OU注目選手は
WR#3 Sterling Shepard(Sr)
ほんとちっちゃい選手なんですが抜群のキャッチ力とすばしっこいRACを持っており素敵ザマス。


あとはCB#15 Zack Sanchez(Jr)
Frから先発していて観てきた選手ですが、順調に成長していい選手になってますね~
サイズもなく線も細いんですが、フィジカルが強くランサポートもタックルも良い。
スピード、身体能力も申し分なく素晴らしいカバーしますよね。


それではBye明けのBadgersの相手は!



もったいないおばけが出るわ!

Week11でございます!
えーとですね~今週はBadgersがByeの為ブログお休みでのんびりしようかな~
なんて思ってたんですけどね、ちょっと気になるチーム出ちゃったものでw
筆をとった次第ですw

BIG TEN WestはIowaが全勝をキープ
今週MINに勝てばその時点でWestのチャンピオン決定です。
遂に崖っぷち中の崖っぷちに立たされております。
もう勝負の行方を見守るしかありませんね。

それでは今週の私の注目試合はこちらだす!

ラッシングリーダーがOLBとCBだと!

いや~熱い試合の多かったWeek10でしたね~

まず、全勝校がだいぶ減りましたね
やはり全勝するって大変なことだと再確認。

MACで全勝を保っていたToledoがNorthern Illinoisに敗戦

Michigan StateがNebraskaに最後の最後で逆転負け
Nebraskaは今シーズン最後の最後にひっくり返されての負けが続いていましたが
見事な逆転勝利でした。
まあ、ちょっと最後のプレーが論議を呼んでるようですが

TCUがOklahoma StateとのBig12全勝対決に敗戦

MemphisがNavyのフレックスボーンを止めれず敗戦
いやーNavy強いですね~
カンファレンス対決全勝で7勝1敗
しかも負けた相手は Notre Dame
機会があれば紹介したいチームですね
B-Back#37 Chris Swain(Sr)はとりあえず私惚れましたw


いや~なんか終盤AAC熱くなってますね~
HoustonのQB#1 Greg Ward Jr(Jr)ちらっとみたけどスリリングで熱い選手ですわ~
ちょっと最近気になる存在のAACですね


そして私の注目試合だったLSU@Alabama(BAMA)は
攻守ともにBAMAが圧倒しLSUにも負けが付きました。
いやしかし、BAMA強かったですね~
OFもDFもライン戦で圧倒、優位に試合を進めましたね、もうなんかずるいっすわw正直羨ましいw
WR#3 Calvin Ridley(Ture Fr)の台頭、RB#2 Derrick Henry(Jr)の圧倒的強さ
もやはりすごいのですが、RB#16 Kenyan Drake(Sr)がいいアクセントになってますね。
スピードがありパスキャッチも上手い選手。
こうゆう選手がいるのもBAMAの強みですね。

LSUはBAMAのDFを崩すことができず、最後まで苦しい戦いでした。
RB#7 Leonard Fournette(So)もボールを持った瞬間BAMA DLに囲まれる場面がほとんど
ホールもほぼ空くことはなく、全く走れませんでした。
それだけOLとDLに差がありましたね。
ただ中継で何度もHenryとFournetteの数字の差をしつこいくらい出してましたが
ほんとね、あの状態で走れるRBなんていませんでしょ!
ちょっと嫌な感じでしたね~

OFもDFもラインの重要性はわかっていますが改めてそのことを強く感じる試合でした。


これで全勝は
Clemson(ACC)
Ohio State(BIG TEN)
Baylor(BIG12)
Oklahoma State(BIG12)
Iowa(BIG TEN)
Houston(AAC)

6チームとなりました!
Oklahoma State地味に全勝ですね~
いや~このチームも全く興味湧かないんで試合観ないんですよね。
私某NFLチームのファンなんですけど、2度ほど1巡の選手で悲しいく切ない気持ちになってるのもちょっと関係してるかもw

そして、残念ながらまだ勝てていないチームが2チーム
ACCのUCFとBIG12のKansas
カレッジフットボール馬鹿一直線と私ネイチャーはこの2チームが勝利することを祈っています!
がんばれ!
Go! Knights! Go! Jayhawks!

それではBadgersの結果はいかに!

ワンツーパンチで足りなきゃワンツースリーだ!

Week10でございます~

まずはCFP(College Football Playoff)ランキングがいよいよ発表となりました
1位にClemson(8-0)
2位にLSU(7-0)
3位にOhio State(8-0)
4位にAlabama(7-1)
5位にNotre Dame(7-1)
6位にBaylor(7-0)
7位にMichigan State(8-0)
8位にTCU(8-0)
てな具合になっています。

Big12の全勝校BaylorとTCUが一敗のAlabama(SEC)とNotre Dame(Independents)の下となっていますね
昨シーズンと同じ流れでBig12としては厳しい状況ですね。
スケジュール強度の問題でしょうがカンファレンス対決を重視するスケジュールだとカンファレンスのレベルが
関係してくるのでなかなか難しいですよね。
これはBig12だけではなくBIG TENにも言えることだと私は思います。
Ohio StateもMichigan Stateもスケジュール強度の話になってしまうと
どうしてもSECよりは見劣りしてしまいますよね。
カレッジフットボールを観始めたころはこのランキングってよくわからんな~と思っていました。
ええ、今もよくわからんな~という感じなんですがねw
これについてはですね~個人的にはほんと目安として考える程度にしています。
私はClemsonやBaylorの試合などは今シーズンほとんど観ていませんし、どうゆうチームかもほとんど把握していない状況です。
この状態でどこが強いだの順位をつけること自体が私の中では無理~ということになるんですよね。
逆にOhio StateとAlabamaの試合は数多く観ています。全然好きじゃないんですけどwスカウティングやライブの試合時間や放送局の関係で今シーズンはタイミングが合っているというのがあります。
で、じゃあOSUとBAMAとどっちが強いか?どっちの順位が上か?
ええ、わかりませんがなw

まーざっくりいうと、この世に毎週全試合観てるやつがいるのか!っていう話になりますがな。いるはずねえずら!
いやまあ、Phil Steele先生ぐらいになるとほぼみてるとは思うんですけどもw
なのでですね、ランキングは「ほ~こんな感じですかい~」ぐらいの気持ちでみるのがいいかなと思います。

カレッジフットボールのとっつきずらさの一つにこのランキング制度があると思うんですよね。
プレイオフ制度になったとはいえ、まだ4チームのトーナメントですし
FCSのような大型トーナメントにするのはレギュラーシーズンの試合数を減らすことになるため
なかなか実現は難しいようですし。
結局プレーオフの選考基準でなんやかんや論議は行われるわけですしw
まあ最近はその論議を楽しんじゃってる面もありますね。

と、前置きが長くなってしまいましたが私の今週の注目試合は
残念ながらSECのカードになってしまいましたw

LSU @ Alabama(BAMA)ですね~

まーこのLSUってチームはですね
まあなんといいますか、好みのチームなんですよね~
OFもDFも
Badgersよりも先に出会っていたら愛してしまったかもしれないですねw

OFはプロ体系中心のラン大切にしているステキOFです。

エースQBは#6 Brandon Harris(So)
昨シーズンは#10 Anthony Jennings(Jr)との先発争いに敗れましたが
今シーズンは見事にスターターを奪い全試合先発しています。
昨シーズンは走りの方にしか注目できなかった感じでしたが今シーズンはパスがだいぶ良くなり
INTが0
ラン中心のOFにおいて一番大切なことをしっかり実行していますね
なお走る方は引き続きいいものを発揮しております。

WR陣は昨シーズンブレイクしたスピードスター#83 Travin Dural(Jr)がエース
スピードだけではなくルートランも成長していていい感じです。
#15 Malachi Dupre(So)も高さスピードがありTDメーカと成長していて要注目です。

でやっぱRB#7 Leonard Fournette(So)はすごいですね~
昨シーズンリクルートランキング1位の男としてTure Frで鮮烈デビュー
試合を重ねるごとにカレッジのスピードになれ、終わってみれば1000ヤード突破
今シーズンは序盤から爆発しもうすでにすべての試合で150ヤード走り1300ヤード突破しております!
アベレージが7.7ヤードのTD15ですってよ奥さん!
恐ろしや~
スピード、パワー、バランスに加え、細かいステップからのホールの見つけ方も上手い
スムーズな方向転換、バウンスアウトしてからのオープンの上がりの速さ
なんでしょうこの子、もうパーフェクトバックかしら。


そのランを支えるのがRT#74 Vadal Alexander(Sr)中心のOL
LG#75 Maea TeuhemaはTure Frながら先発を張るだけでもすごいのになかなか強力なランブロック
かましているので将来ちょっと楽しみな選手です。
FB#47 Bry'Kiethon MoutonもTure Frなんですがこちらもいいブロックする選手でFB好きの方は長い目で追いかけたい選手となっておりますよ~

DFは4-3ベースですね
Defensive Back University ん~ステキな響きですね~
DB好きとしては毎年素敵な選手が現れるので目が離せないチームでございやす。

エースCB#18 Tre'Davious White(Jr)はWeek8のWKU戦は欠場しましたがBye明けの今週は出場するようでありますよ!
エース不在の間にCB#24 Ed Paris(So) #2 Kevin Toliver II(Ture Fr) #1 Donte Jackson(Ture Fr)がしっかり穴を埋め
活躍しておりました。デプス厚いの~
特にJacksonはリターナーもこなす素晴らしいスピードを持っており注目していきたいですね~
現在LSUのDBのエースナンバー#7をつけている選手はいません。この中から#7を継ぐ者がでてくるかもしれませんね。
もう一枚のCB#13 Dwayne Thomas(Jr)は昨シーズン色々な使われ方をしていた器用な選手でわたくしもろ好みのタイプ。
残念ながら昨シーズンは中盤でシーズンエンドの怪我をしてしまいましたが
今シーズンは元気に復活しCBとしてのスターターも手に入れ確実に成長しています。

FS#28 Jalen Mills(Sr)は相変わらず素晴らしいカバーを魅せていますし
SS#33 Jamal Adams(So)はランストッパーとしてもピカイチですしミドルのパスカバーも上手い

なんでこうも次から次へといい選手が出てくるんでございましょw

DB陣だけでなくLB陣もいいんですよね~

MLB#52 Kendell Beckwith(Jr) WOLB#45 Deion Jones(Sr)には注目です。

あっあとドラフト的にPがニーズなチームファンの方は#38 Jamie Keehn(Sr)に注目ですね!
やり投げからオージーフットボール、そしてNathan Chapmanのお目にかかりアメリカンフットボールに転向
いいパンターでございます。

強力BAMA DF相手にLSUのゴリランでるのか!しっかり見届けたいと思います!

それでは今週のBadgersの相手はどこの亀だ!

あの男が帰ってきたぞい!

ハロウィンも終わり11月突入ですね~
Week9は結構接戦のいい試合がありましたね~

私の注目していたNotre Dame(ND)24 - 20 Temple(TEM)
も熱いいい試合となりましたね。
事前に両チームの試合を観た時点で

ラン中心のTEMOLが強力NDフロント4と対峙するのは厳しいだろうな

TEMのDB陣がNDのパスアタックにどこまで耐えることができるだろうか

この点を考える下手すりゃ圧倒的な試合になってしまうのではないだろうかと考えておりました
んが、TEM素晴らしい戦い方をしたと思います!

前半はRB#5 Jahad Thomas(Jr)のランがなかなか出ず苦しい状況のOFでしたが
3Q中盤からゾーンリードでND DFを崩し同点、そして逆転までもっていったのは素晴らしかったですね。

DFは何といっても前半のレッドゾーンDFでINT2つはお見事でしたね~
1本目はゾーンブリッツが見事に当たり、2本目はCB#1 Tavon Young(Sr)のナイスカバーで浮いた球を
OLB#8 Tyler Matakevich(Sr)がすかさずINT
この2プレーは痺れましたね~
DB陣はPIの反則が多かったのはちといただけませんでしたが、要所で踏ん張っていましたね。
特にYoungの粘り強いカバー、SF#13 Nate L. Smith(Jr)のランサポートが素晴らしかったですね。
でOLBのMatakevichも素晴らしかった!
スピード的に物足りない面もありますが、パシュート、タックル、パスカバーどれも素晴らしかったですね!

OFは致命的なドロップもありましたがWR#87 Ventell Bryant(Fr)この選手ちょっと注目ですね
高さを生かしたキャッチに光るものを感じました。

NDではやはりDT#91 Sheldon Day(Sr)ですね~
いや~なんすかあの強さ!してゾーンブリッツで下がるスピードも速いしパスカバーもしてましたわよw
スイムテクニックなども上手でこりゃいい選手ですね~
途中腕か胸あたり痛そうにしてましたが、それでも出続けナイスプレーの連続ですね。

OLB#9 Jaylon Smith(Jr)もお前MLBかよばりにっタックルしまくってましたね~
いやあのサイズであのスピードは素晴らしいですわ

そしてCB#6 KeiVarae Russell(Sr)
最後のINTのクロージングスピード凄かったですね~
ランサポートもカバーも素晴らしくドラフト的に私の中で面白い存在になりそうです!

AAC EastのTEMは全勝を守ることができず、WestのMemphisとHoustonは全勝を守りました。
まだこの3チームはそれぞれ直接対決があるのでAACから目が離せませんね~



それではBadgersの試合を振り返りたいと思います!


プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。