カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


#25から目を離すな!

さて、W7ですね~ついに折り返し地点ですね~
今週は個人的にNorth Western(NW)@Wisconsin(UW)以外のマッチアップにあまり興味が持てないのであります。
そうゆう週もあるわけで。
ただ、Rutgers(RUTG)@Louisvile(UL)は毎年熱い戦いが行われていますし、ULは昨シーズンから追いかけている思い入れのあるチーム。
というわけで、このマッチアップをオススメしたいと思います!
と言いたいところなんですが、もう終わっちゃってますw
Thursday Night Gameだったため日本時間で今日の午前中に行われました。
私も先ほど試合を見終えましたので今回はその感想をちらっと書きたいと思います。
試合をまだ見ていない方はネタバレとなってしまうためご注意の方お願い致します!

とその前に個人的注目度は低いですがw気になる試合をば

Missoouri(MIZZ)@Georgia(UGA)
先週Tennessee(TENN)に大苦戦したUGA。MIZZのなかなか強力なパスOFに苦戦するのではないかなと
アップセット予想で
注目はMIZZのWR Green-Beckham(So)がどこまで成長したかですね。

Indiana(IND)@Michigan State(MSU)
今シーズンパッシングOF爆発中のINDのOFに注目
PASSING YARDSはFBS10位、BIG TENではもちろんNO1です!
注目選手はIND QB#7 Sudfeld(So)とRB#6 Coleman(So)

あとはやっぱり
Oregon(ORE)@Washington(WASH)
ですかね~でもこちらは残念ながらFOXですね~
BIG TENマッチでは
Michigan(MICH)@Penn State(PSU)は見逃せませんね~

それでは
これからネタバレです~

Rutgers(RUTG) 10-24 Louisvile(UL)

プロのスカウトの方たちもたくさん見に来ていたようですね~
お目当てはUL QB#5 Bridgewater(Jr)ですね。
言っときますけどまだJrですからね、アーリーしない可能性もありますからね!
この試合Bridgewaterは31の21成功 310ヤードのTD2 INT1の成績であります。
INTは前半終了間際にエンドゾーンに放り込んだパスだったのでまあ、致し方ないといった所でしょうか。
いいパフォーマンスでしたが、ちょっと球が浮く場面や、ロングパスがショートする場面があり調子としてはそれほどよくない感じでしたね。
エースWR#9 Parker(Jr)が肩のケガで欠場というのも響いたとは思いますが、金髪モヒカン野郎WR#7 Copeland(Sr)中心に相変わらず多くのターゲットにバランスよく投げ分けているのはさすがでした。
やっぱりいいQBですね~

ULのOFとしては前半はよかったのですが、後半RUTGのDFがランをきっちり止め始め後半は苦戦していましたね。
RBは#32 Perry(Sr)がファンブルが1回あったものの相変わらずの力強いランでゴリゴリ行ってましたね~
AuburnでFr時代大活躍したRB#26 Dyer(Jr)は今年よりULでプレーしていますがまだ調子はイマイチ上がっていないようですね~
ただあの爆発力が復活すれば末恐ろしいことになるのではと思います。

RUTG DFではLB#3 Longa(So)が素晴らしかったですね~
ブリッツも上手でしたし何よりプレーに絡みますね~若きタックルマシーンですね!
この先が楽しみな選手です。

そしてこの試合ULのDFが素晴らしかった!
スケジュール強度が強くないのですがPOINTS AGAINST 1試合平均失点が7.3 FBSで1位であります。
1TD取られましたがこれはフェイクFGからゴール前まで進まれて許したもので、それ以外はきっちり止めていましたね~
DT#93 Philon(Sr) #92 Dunn(Sr) DE#94 Mauldin(Jr) #91 Smith(Sr)のフロント4は強力です!
LBもDFの核#2 Brown(Sr)はもちろんのこと、#13 Burgess(So)がいいですね~パスカバーもいいですしいいLBになりそうな予感ですね
昨シーズン開幕戦で足がつってコーチに怒られて、シーズンやられながらも成長し、SUGAR BOWLでPIC6を決めてわたくしを感動の渦に巻き込んでくれたCB#19 Floyd(Jr)も素晴らしカバーをしていました。エースCBとしての風格も出てきましたね~INTもしましたし。
ほんと自分の気になっていた選手の成長は嬉しいものであります。
SS#29 Smith(Sr)は相変わらず派手さはないですが安定のプレーで要所を占めていますね。さすがであります。

そして、ものすごい成長速度で進化を続ける男がいます
FS#25 Calvin Pryor(Jr)
この試合14タックル 1INT

昨シーズンULの試合を初めてみたとき、ものすごいスピードで上がりハードヒットをぶちかます選手に釘付けになりました。
その選手の背番号は#25
そのほかの試合でもフィールドを全速力で走り回る#25
試合の流れを変えるビックプレーを連発する#25
ハードヒットが売りのSFだと思われがちですが、そのタックルは確実なものでほとんどタックルミスを見たことがありませんね~
加えてパスカバーの能力も高く、この試合でもサイドライン際のパスをWRの前に入り込んでINTしました。
このプレーの寄りのスピード凄まじかったですね~

Calvin Pryorこの名前は覚えていたほうがいいと思います。いずれトップSFになる男だと思います。
もし、ULの試合を見る機会がありましたら#25を目で追いかけて欲しいと思います。
そうすればあなたももうPryorの虜ですw


スポンサーサイト


Comments

初めまして
楽しく読ませていただいて勉強させていただいてます。
最近NFLやカレッジフットボールに興味を持ったのですが、SoやrSrやJrやFrというクラス?がよく分かりません。読み方やクラスによってドラフト時期の違いなど教えていただけないでしょうか。お願いします。
JBさんはじめまして!そしてコメントありがとうございます!
えっとですね
1年生がFreshman(フレッシュマン) Fr
2年生がSophomore(ソフォモア)So
3年生がJunior(ジュニア)Jr
4年生がSenior(シニア)Sr
となっております!
覚え方は若い順に フッ素ジューシーと覚えると良いと私のカレッジの師匠から教えてもらいました。

学年の前にRまたはRSと付いている選手はRedshirt(赤シャツ)を着た選手ということになります。
カレッジフットボールでは日本でもそうですが4シーズン試合に出ることができます。
ただ層が厚いポジションや、体ができていない新入生を選手登録せず練習生的な感じで育てることができるのです。
その制度がRedshirtです。
RS JRの表記の場合ですと赤シャツを着た3年生ですが実際は大学4年生となります。ただフットボールプレイヤーとしては3年生になりますので、次のシーズンもプレイできるということになります。
Redshirtは新入生だけではなく、怪我をしてそのシーズンプレイできないであろう選手も着ることができます。ただ一度しか着ることはできません。

True Freshmanというのは新入生だけど即戦力でいけるという判断でRedshirtを着せなかった選手のことを言います。
今シーズンだとPSUのQB Hackenbergがその代表ですね。

ドラフトに参加できる条件は大学に3年間在籍したことが条件になります。
そのためJrとSrはRedshirt着てても着てなくてもドラフト対象となります。
Soの場合ですとRSSoは大学3年生なので対象になりますが、Redshirtを着ていないSoは対象とはなりません。
また、Srでない選手がドラフトにエントリーすることをアーリーエントリーといい、これは選手が自分で決めることができます。
ただしアーリーするとドラフトでピックされなかった場合などでも大学に戻ってプレーすることはできません。
アーリーエントリーするということはもうカレッジフットボールをプレイすることはできないということになります。
どうでしょう?わかっていただけたでしょうか?
またわからないことなどありましたら気軽に書き込んでくださいね!
とても詳しいご説明ありがとうございます!非常に分かりやすかったです。
今後もブログ楽しみにしています。また色々教えてください。

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter