カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


アナグマ通信 Week7 アップセット祭り!

いや~BCSランキングが出る前に今週はアップセットが続きましたね~
まさにアップセット祭りといった所でしょうかね~
私のアップセット予想も当たりましたしね~はじめてのような気がします。
が、これだけアップセットが多いいと霞んでしまいますね・・トホホ

私の予想した#25 Missoouri(MIZZ) 41-26 #7 Georgia(UGA)ですがUGAにけが人が多かったのも影響したようですね。
勝ったMIZZも全勝を守りましたがエースQB Franklin(Sr)が肩のケガで退場してしまいましたね。
この先厳しい戦いになりそうです。

BIG 12では#12 Oklahoma(OU) 20-36 Texas(TEX)
PAC 12では#5 Stanford(STAN) 21-27 Utah(UTAH)
とアップセットがありましたね~
BIG 12ではBaylor(BAY)とTexas Tech(TTU)が全勝をキープ
ただこの2チームともOUとの対戦を控えているのでまだどう転ぶか注目ですね~
PAC 12では全勝はOregon(ORE)とUCLAの2チーム
こちらは直接対決がこの先ありますので楽しみであります。

そしてBIG TENの#18 Michigan(MICH) 40-43 Penn Stat(PSU)
4OTまでもつれ込む激闘でしたね~
にしてもPSUの同点に追いついた4QのOFシリーズは鳥肌が立ちましたね~
すべての選手がすごい集中力でした。
あそこに落としたQB#14 Hackenberg(True Fr)もそれをとったWR#8 Robinson(Jr)も素晴らしかったですね



アンビリバボーですわ~

そして我、Wisconsin Badgersも#19 North Western(NW)をホーム Camp Randall Stadiumに迎えてアップセットを狙いました!
して結果は!

North Western(NW) 6-35 Wisconsin(UW)

アップセットコンプリート!
先週Ohio State(OSU)を追い詰めたNWにゴリ押しのいい勝ち方をしてくれました!

この試合エースCB#21 Jean(Jr)が怪我で欠場。
NWのスプレッドOFに対してUW DFはOLBというか上がり目のNB的なポジションにFSの#7 Caputo(So)を入れるというデプスを用意しました。
FSにはQBからWRそしてSFにコンバートした短大からの編入フレッシュマン#17 MCEVOY(So)が入りました。
6-6あるのでひときわでかかったですねw

DB陣に不安を感じるNWのファーストシリーズ、ここでまたあの男がビックプレーを起こします!
CB#8 Shelton(True Fr)がINTを決めるのであります!
これで今シーズン3つ目でございます!

このチャンスを得点に結びつけたいUWですがパスをキャッチしたWR#4 Abbrederis(Sr)がMLB#46 Proby(Sr)のタックルによりファンブル、これをNWがリカバー、攻撃権を失います。

敵陣39ヤードからといういいポジションからのNWのOFはゴール前まで進みますが、我らのLB#44 BorlandがQB#2 Colter(Sr)をサックに仕留め、FGに抑えます。

続くUWのOFシリーズはNW DFの積極的なランストップのコールに止められ2回連続3凡に抑えられます。

UW DFもDLのラッシュ、#7 Caputo(So)の大外からのブリッツ、OLB#36 ArmstrongのクレバーなコンテインとNW OFをしっかり止めます。

そして、NW DFがいいだけ前がかりになった次のシリーズで伝家の宝刀PAがWR#4 Abbrederis(Sr)に炸裂!
これが63ヤードのTDパスとなり、逆転!

追加点を狙うUWですがAbbrederisがパスを胸で弾きSS#24 Campbell(Sr)がINT。ん~あぶちゃん絡みで2TO、まあそんな日もありますよね。
ここで、絶対的エースAbbrederisが頭の怪我(脳震盪?)の為一旦ロッカールームへ、結局この試合はOUTとなり、UWとしては苦しい戦いが予想されました。

しかしこの試合のUW DFはビックプレーの後も相手にモメンタムを渡さない素晴らしープレーの連続できっちりと止めまくります!

そしてAbbrederis抜きのファーストシリーズでランとパスをバランスよく使い最後はRB#20 White(Sr)がゴリ込みTD!
このシリーズは11プレイ75ヤード 5:48と理想的なドライブでしたね~
WR#9 Fredrick(So)もいいルートランとキャッチがありました。だいぶ頼もしくなってきましたね。

そして、RB#25 Gordon(So)のジェットスイープが炸裂!これが71ヤードのTDランとなり、21-3と突き放します!

前半終了間際、INTされてからのNWのOFにFGを決められ良くない流れで前半終了 21-6

んがしかし!この試合はOFのコールもそれを遂行する選手も素晴らしかった!
後半最初のシリーズ、Gordonのゴリゴリアタック中心にモリモリ進み、伏兵WR#86 Erickson(Fr)が35ヤードのナイスキャッチをみせ、ゴール前まで進みます。
最後はTE#48 Pedersen(Sr)へのPAが決まりTD! 28-6
QB#2 Stave(So)はこの試合で一皮むけたように感じますね~
ラッシュもうまくかわしてましたし、無茶なげもほぼ無し。
チェックダウンを見る余裕もありましたし、非常にいいクォーターバッキングだったと思います!

4QにはWhiteのいいランが流れをつくり、最後はFB#34 Watt(So)にPAがヒットしTD! 35-6

DFは後半は得点を与えず完封という素晴らしい出来でありました!
この試合は7サックと素晴らしいパスラッシュでありました!

NWは序盤でエースRB#5 Mark(Sr)がOUTというのがきつかったと思います。
QB#2 Colterも出たり引っ込んだりでうまく2QB体制を作れなかったのもリズムに乗れなかったように思います。

BYEあけの大事な試合、見事な勝利でした!
力強い勝ち方だったと思います!
おつかれ!そしておめでとう!Badgers!


スポンサーサイト


Comments

先日は詳しい解説ありがとうございました。
JspoでWisconsin@Ohio Stが放送されてたので見たのですが、ILB Chris Borlandに惚れました。ずっと応援していきたいと思いました。贔屓のチーム(IND)に欲しいですねぇ。Sheltonくんの奮闘にも惚れましたw
JBさんコメントありがとうございます!
お役にたてたようでなによりです~
Jsportsは試合数は減ったようですが今シーズンも放送してくれてありがたいですね!
Borlandはサイズはないですが、素晴らしい選手ですよね~
優しい顔してプレーはハード、このギャップもまたたまりませんね~
SheltonはTrue Frなのですが思い切りのいいプレーがいいですね!
経験を積んでいいCBになりそうな予感です。
NFLではINDのファンなんですね、カレッジも贔屓のチームをみつけると、さらに面白くなると思いますよ!
チーム数が多くて取っ付き難い感はありますが、1つのチームを追っかけることはさほど大変ではないと思いますよ!

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter