カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマ通信 Week10 バックアップへの信頼

BCSランクではFlorida State(FSU)が試合のなかったOregon(ORE)を抜いて2位に返り咲きましたね~
そのFSUですが、前半こそ2つのINTをTDにつなげたMIAに7点差と詰め寄られましたが
後半、ラン中心のゴリゴリフットボールを展開し、結局力で押し切りましたね。
今シーズンのマルチプルOFの最高峰といっても良いと思います。
RB#8 Freeman(Jr) なかなか良いですよね~
QB#12 Winston(Fr)は前半SFが見えていなかったような感じのINTを2つ喰らいましたが
後半はラン中心のOFの中、見事に修正しピンポイントでいいパス決めてましたね。
末恐ろしい1年生ですわ~

MIAの方は前半QB#17 Morris(Sr)とWR#1 Hurns(Sr)のホットラインにより見事なTDが2ありましたが
後半は完封されてしまいました。
Morrisは後半2INTで前半と後半のムラが出てしまいましたね。
ただ、素晴らしいスパイラルのパスを投げる選手ですね~肩も相当強い。
プレーのムラがあるのと持ちすぎな場面が目に付きましたがポテンシャルはたかそうな印象です。

MIA DFは点差ほどやられていたイメージはないんですよね
もっとパスでやられると思っていましたが踏ん張っていましたね。
ACCチャンピオンシップでもう一度戦う可能性がありますので、その時どんなアジャストしてくるかは興味津々であります。

そしてもうひと試合注目していた
Michigan(MICH)@Michigan State(MSU)ですが
こちらはMSU DFがMICH OFにTDを許さず29-6と完勝!
MSU DFは今年も強力ですね~
アグレッシブなブリッツとラッシュで7サック!MICH QB#98 Gardnerを完全に封じ込めましたね~
OSUのMiller対策に自信も強まったのではないでしょうか
個人的にSAM(OLB)#28 Allen(Sr)目で追ってました。
小柄ですがスピードがありこの試合はかなり目に付きましたね~
例年ほどビックネームはいないDFですが、各ユニットとも素晴らしと思います。


そして相変わらずMSUはOFのコールがいいですね。いつも言ってるけどw
ファーストプレイにFBのスローバックスクリーンとか素敵すぎた
非常にバランスのいいコールでいつも感心させられます。

これでまだわかりませんがBIG10チャンピオンシップはOSU vs MSUの可能性が高くなりましたね!

それではべこのトロフィーをかけたBadgersの戦いはどうだったのでしょうか!

Wisconsin(UW) 28-9 Iowa(IOWA)

Iowaの強力ランオフェンスにTDを与えなかったDFは素晴らしかったです!

UWのOFから試合開始でしたが、ファストシリーズでINTされるとい立ち上がり。
その返しのIOWAのOFはUW DFがきっちり止めます。
1QのUWのOFはその後3回連続3凡に抑えられます。
IOWAのアグレッシブなDFに圧倒されていましたね~

UWのミスパントにより敵陣からの攻撃を得たIOWAはFGを決めます。

UW 0-3 IOWA

2Qに入りUWはRB#20 White(Sr)のランにより、やっとこの試合初のフレッシュ更新!
んが、その後きっちり止められパント。

返しのIOWA OFは自慢のゴリラン、スクリーン、パスとバランスのいい攻撃でUWゴール前まで攻め込みます。
しかしここもUW DFの死守によりFG止まり。
このシリーズは13プレイ66ヤード 6:35といういいドライブであったためTD取られていたら一気にモメンタムもっていかれる可能性がありましたね~

UW 0-6 IOWA

しっかり時間を使われたため前半残り時間が4:52

ここでRB#25 Gordon(So)が13ヤードのランをみせ、OFが勢いに乗ります!
Whiteも一発フレッシュのランをみせ敵陣に攻め込みます!
そしてここで、この試合のキーマンの一人に上げていたTE#48 Pedersen(Sr)にパスがヒット!
そのままエンドゾーンに飛び込み44ヤードのTDパスとなります!


UW 7-6 IOWA

んが残り時間が1:49と微妙な残り具合。
OSU戦、ILL戦と前半の残り時間2分弱でTDを取られているため、この残り時間は嫌な思い出がいっぱい。
んがぁ!
この日のDFはきっちり3凡止めます!
OLB#58 Schobert(So)のパスラッシュが素晴らしかったですね!

UW OFは残り1分から敵陣36ヤードまで攻め込みますが54ヤードのFGは失敗に終わります。

前半終了

3QはDF合戦が繰り広げられます!
ここでIOWA OFが勝負に出ます!
敵陣35ヤードまで攻め込み4-1
53ヤードのFGは厳しいですからここでギャンブル!
もちろんRB#45 Weisman(Jr)に持たせます!
んがしかし!これをケガで欠場のBorlandのかわりに先発したILB#59 Trotter(JR)が止めギャンブル阻止!

いい流れをもらったUW OFでしたが攻めきれずパント。
しかしここでP#90 Meyer(So)が前半のミスを取り返す神パントを蹴ります!
カバーチームが敵陣1ヤードの地点で押さえるのであります!

IOWAは先ほどのギャンブルできっちり止められたのが気になったのかファーストプレイはPA
んがOLB#36 Armstrong(Sr)がナイスラッシュでパスがショート
これをCB#5 Hillary(So)がINT!
やったぜ!Hillary!

ここで答えなければ男がすたるOFは
伝家の宝刀WR#4 Abbrederis(Sr)へのPAで一発TD!
ただこのキャッチの後、腰にタックルを受けたあぶちゃんは傷んでしまいました。


UW 14-6 IOWA

IOWAはここで第3のRBが爆発します!
#33 Canzeri(So)です!
43ヤードのビックランをみせ一気にゴール前に攻め込みます!
しかしここもUW DFはTDを許さずFG止まり

UW 14-9 IOWA

4Qに入るとUW RB Whiteタイムに突入します!
ナイスランの連続でボールコントロールを支えます。
そして2つのTDランで突き放します!
スピード任せだったWhiteもSrになりプレイの幅が広がりましたね~
試合を重ねる度にどんどん良くなっていると思います!
頼れる兄貴的存在ですね~





UW DFは最後までIOWA OFにTDを与えなかったですね~
いやほんと素晴らしいDFでした!
#33 Canzeriに43ヤードのビックゲインを許しましたが
#45 Weismanを15ヤード
#5 Bullockを6ヤード
に抑えたのはすごいことだと思います!

この試合はILB#59 Trotterが9タックルでタックルリーダー
エースLB#44 Borlandの穴を見事に埋めましたね!
いいプレーをしてサイドラインに戻ったTrotterとBorlandが抱き合って喜んでる場面が映像で移りました。
素敵な光景でしたね。
2人の信頼関係が滲み出ていましたね!

アウェイで見事な戦いでした!
お疲れ!おめでとう!アナグマたちよ!!



あとは今大人気のこのダンス!NFLのあのチームのあの選手とあの選手もまねっこしたみたいですよw



スポンサーサイト


Comments

このダンス一瞬映っただけでしたがCHI@GBでLacyとStarksがやってましたね。
GBもウィスコンシン州が本拠地?らしいんでWisconsin繋がりですかね。

カレッジを見始めてからは目新しさからスプレッドO#に魅了されてたのですが、
2010年のUWとIOWAの試合を見てゴリゴリフットボール良いなーと改めて思いました。
この試合を今まで見てなかったのは本当にもったいなかったです。
あひゃさんコメントありがとうございます!
GBの2人やってましたね~
土地柄的にNFLはGBのファンになったほうがいいのかもしれませんが、まあ、住んでるわけではないのでそこまではいいかなとw
2010のIOWA戦は私もカレッジを本格的に見始めた年のゲームで思い入れが強いですね~
UWはCray Ball Whiteとタイプの異なる3人のバックが素晴らしい走りをしたシーズンでした。
これからも過去の名勝負見つけたときはオフシーズンにでも紹介したいな~と思っております!

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。