カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマ通信 Week14 ありがとうシニア

いや~凄いもの観させてもらいました!
ええ、Iron Bowlの事であります。
UWの試合と時間がかぶっていたため、UWの試合のコマーシャルタイムでチラ見しつつ
試合が終わってから見始めたのですが、そこからがドラマチックでしたね~
簡単に試合を解説いたしますと
28-21 BAMAリードで4Q残り40秒
リードOPキープでQB#14 Marshall(Jr)が左へ走ります、CBが前に上がってきたとき、メージラインギリギリで
WR#18 Coates(So)に絶妙のパス!んでTD!
リードOPフェイクのパスだったんですね~
素晴らしいコールとプレーでした!
キックもイッツグーで同点に追いつきます。
BAMAの最後のドライブ残り時間25秒
RB#4 Yeldonのドロー2発で敵陣38ヤードまで進みますがサイドラインをわると同時にクロックは0に
OTかと思われましたがサイドライン際でBAMA HCさんが審判にごにょごにょなんか言ってる模様
時間が1秒残ってたんじゃないかということですな
で、レビューの結果1秒残ってたという判定になりんす。
で、BAMAは57ヤードのFGに挑むのであります。
しかしこの日BAMAのK#43 Foster(Sr)はFG3回蹴って全部失敗。
BAMA HCさんはシニアのFosterには蹴らせず#99 Griffith(Fr)にこのロングFGを蹴らせます。
なんですかね~自分のチームのエースKを最後まで信じてあげて欲しかったですけどね・・
57ヤードなら入ってラッキーなんですから思い切り蹴らせてあげればと個人的には思いましたね・・
で、蹴りました!ボールの行方を目で追うBAMAの選手
あ~ショートだな
と思った瞬間、AUBの選手がリターンの準備に入ります!
エンドゾーンに1人下がっていたCB#11 Davis(Sr)がボールをキャッチし左サイドへ猛然とリターン開始!
慌ててBAMAの選手もタックルに向かいますがDavisは素晴らしいバランスとスピードでサイドラインを一気に駆け上がりTD!

いや~リアルタイムでこのプレーが観れたのは幸運でしたね~鳥肌立ちまくりでした!
AUBの#56の選手がサイドラインでこの事態を把握出来ていないのかw呆然としている姿がとてもキュートで可愛かったですねw

解説を聞く限り、BAMAはFGブロックを阻止するためキックチームに多くのOLの選手を入れていた模様です。
対するAUBは1人リターナーを下げしっかりとリターンの準備をしていましたね。
FGトライの前にBAMAはTOをとっていますが、その時もAUBのDavisはスルスルっとエンドゾーンまで下がっていたのでここはケアすべきでしたね。

しかしAUBのこの最後までしっかり詰める当たりは本当に素晴らしいと思いました。
こうゆうチームこそほんとに強いチームだなと。
準備しなければ結果はでません。
少ない可能性でもしっかりとした準備をすることによって生まれたスーパープレーだと思います。

そしてもうひと試合激戦がありましたね~
BIG TENライバル対決のOhio State(OSU)@Michigan(MICH)
42-35と7点差を追いかけるMICH
4Q残り32秒でTDパスを決めTFPを決めれば同点
が、しかし!MICHは2PTを狙います!
残念ながらこれは失敗となりOSUが全勝をキープとなりました。
果たしてMICHは2PTいくべきだったのか?私もそう思いましたしTwitterでもそのような書き込みがちらほら
私も気になったので後ほど調べてみたところ
2PTにトライする前のタイムアウト中にHC Hokeがシニアの選手たちに
「お前たち!2PTトライしたいか!」と聞いたそうであります。
そしてシニアたちの答えは「Yes」
ステキですね~MICHのことちょっと好きになっちゃったよ



Penn State(PSU) 31-24 Wisconsin(UW)

シニアたちの最後のCamp Randall Stadiumでの試合、残念ながら負けてしまいました(涙)

PSU強かったですね
QB#14 Hackenberg(True Fr)ですがほんとすごいですわ、こないだまで高校生だったんですぜ!
思い切りのいい投げ込み、落としどころ、ポケットワーク、PAのうまさといいとこばっかり目に付きましたね。
近い将来カレッジを代表するQBにきっとなると思います。
WR#8 Robinson(Jr)も素晴らしい集中力でスーパーキャッチを連発。
UWのDB陣も懸命についていいカバーしてましたがレベルの差を見せつけられました。
WR#7 Lewis(So)もスピードがあっていい選手でした。
この先Hackenbergとのホットラインは驚異になっていくと思います。
そして4Q残り4分、7点を追うUW、一刻も早くPSUのOFを止めてOFにつなぎたいUW DF
このドライブでUW DFが3-8と追い込んだ場面。
PSUのコールはRB#28 Zwinak(Sr)のドロー
これが61ヤードのゲインとなりました。
その後のFGが失敗に終わったため、最後にヘイルメアリーパスまでUW OFは進みましたが
時間を使をわれたドライブとなりました。
シーズン中ファンブルが多く出場機会を減らされていたZwinakにあの場面に持たせたPSU HC O’Brien
その期待に応えたZwinak 素晴らしかったです。

UW OFはQB#2 Stave(So)が序盤パスが浮き気味でフリーのWR#4 Abbrederis(Sr)へのパスが通らない場面が数回あり波に乗れなかったですね。
PSU DFはボックスに8人置くなどランをガンガン止めに来ていただけに序盤できっちりパスを決められなかったことがのちのち響きました。
後半2つのINTからどちらもTDにつなげられたのも痛かったですね。
DFが踏ん張っていて追っている場面の追加点だっただけに試合の展開が厳しくなりました。
OFとしては反省点の多い試合となりました。

でもWR#4 Abbrederis(Sr あぶちゃん)も素晴らしいムーブの連続でCBを置き去りまくりで素晴らしかったです!
Robinsonもやはりすごかったですがあぶちゃんもやっぱいい選手です!

エースTE#48 Pedersen(Sr)の陰に隠れがちですが、2TEフォメでいつもゴリゴリブロックでOFを支えてきた
TE#85 Wozniak(Sr)がこの試合2キャッチの2TDと素晴らしい活躍でした!
嬉しかったです!

シニアの選手の最後のホームゲームしっかり目に焼き付けました!
負けはしましたがOFもDFの最後まで諦めず素晴らしいプレーだったと思います!
私も最後まで諦めず応援させていただきました!

残すはボウルゲームのみとなりましたが、楽しんでBadgersらしいフットボールを
そして最後は勝って笑顔をみせて欲しいです!

ありがとう!シニア!

Go!Badgers!


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。