カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


お前に胸キュン SFの巻

3月ももうすぐ終わりですね~
この時期は別れの季節であり新しい出会いの季節でもありますね
まあ私は転勤も移動もない職人ですのであまり関係がないといえばないのですがw
でもやはり4月は新年度の始まりとなりますので新たな気持ちで挑みたいなと毎年思うものであります。

ではちょこっとBadgers通信です

昨シーズンFrながらスプリングプラティクスで大暴れしたOLB #32 Leon Jacobs(So)がOLBからILBにコンバートした模様であります!
昨年のスプリングプラティクスで独走状態のRB Gordonにものすごい勢いで追いついてど肝を抜かれた選手ですね~
Borlandが抜けた穴はでかいので是非スターター争いに加わってデプスを厚くして欲しいですね!

それでは、お前に胸キュンシリーズ DF最終回SF編です!


ではまずSFと言いましても SSとFSがいますよね
どう違うのでしょうか?

SSとはストロングセーフティー、すなわちストロングサイドにセットするSFです
人数の多い方わかりやすく言うとTEのいるサイドですね
FSよりは若干上がり目にセットすることが多くランサポートに積極的に参加します。
TEをカバーする機会が多いいので、サイズ、スピードともTEに対抗できる選手が望ましいですね~
また4-3でタンパ2をひくチームですと、FSと一緒に2人でディープゾーンを守るため広い守備範囲をこなせる選手が必要となります。
3-4のチームですとどちらかというと上がり目にセットしてガンガンランサポートに参加し、ミドルのパスに果敢に飛び込む
ハードヒットタイプの選手が必要となります。
SSの場合4-3と3-4では求められるものが若干変わってくるということですね。

FSとはフリーセーフティー、ウィークサイドや中央の最後尾にセットする選手であります。
守備の最後の砦ということになりますね
ランプレーでは抜けてきた選手を確実にタックルで仕留めなければなりません。
FSがパシュートをミスすればTDにつながってしまいます。
パスカバーではCBのフォローに回りながらディープゾーンを守らなければいけません。
広い視野とスピードが要求されるというわけであります。

一般的にはSSの方がサイズが求められ、FSはサイズよりもスピードが必要となってきます。
ただCB同様SFも大型の選手がNFLでは求められ始めていますね。

それでは今回は私なりにSS向きかFS向きか判断して何人か紹介したいと思います!

SS向きかな~

Craig Loston (LSU 6-1 217)

サイズ十分の大型ハードヒッター
タックル技術も非常に高くソロタックルで確実に仕留めますね!
パスカバーの際のリアクションも速く、TE、スロットに対応できる能力もあると思います



Vinnie Sunseri (Alabama 5-11 210)

ぶちゃけますとですね、私BAMAの選手ってあんまり好きじゃないんですよねw
BAMAファンの方すいません・・
ただ!Sunseriは好きです!超好きです!
2013シーズンはACLをやってシーズン後半OUTでしたがそれまでは素晴らしい活躍でした。
飛び抜けた運動能力はありませんが、プレーの読みが素晴らしいクレバーな選手だと思います



Deone Bucannon (Washington State 6-1 211)

Bucannonも十分なサイズを誇るハードヒッターですね
2013シーズンFF 3 INT 6と素晴らしい活躍でした!
ただちょっと切り返しが硬いイメージがありますね
4年間スターターと経験は申し分なしであります



Tre Boston (North Carolina 6-0 204)

アグレッシブなソリッドタックル野郎ですね~プレースタイルが大好きな選手です
Fr時代はSFとCBとして起用されており、どちらもマルチにこなせる選手です。
SlotやTEにマンカバーで付く能力も兼ねそなえている選手ですね。
FS、SSどちらでも行けると思いますが、メージライン付近まで上がってのブリッツなども
魅力的な選手なので個人的にはSSで見たいなという感想です。



Daniel Sorensen (BYU 6-1 205)

こちらは個人的に好きな白人ハードヒッターであります。
ブルーカラーなハードワーカー、SPチームでも全力であります。
BYUとは対戦があったため、いろいろ調べていたらおっとこりゃいい選手だな~と思って
チェックしていた選手です。
コンバインでもドリルでいい動きしてましたね!



Dezmen Southward (wisconsin 6-0 211)

コンバインではC5脊椎の骨折の疑いがあるとしてメニューをこなすことができず悔しい思いをしましたが
Pro Dayで素晴らしいパフォーマンスを魅せてくれましたね!
今シーズンは新しいDFのシステムでSlotにマンカバーする場面が多く、タックル数は減りましたが
ランサポートは抜群の安定感があります。
パスカバーに難点はありますが、マンカバレッジのスキルは今シーズンで成長したと思います。



SS スリーパー枠

Hakeem Smith (Louisville 6-1 187)

いぶし銀な選手であります。コンビを組んでいたCalvin Pryorが思い切ったプレーができていたのは
Smithの安定のあるプレーが支えていたからだとも思っています。
確実なタックルと確実なパスカバー
チームの求めることをチームのために遂行する素敵な選手であります。
Pryorと同じチームに行ったら嬉しいな~




FS向きかな~


Haha Clinton-Dix (Alabama 6-1 208)

サイズ、ランサポート、パスカバーともに素晴らしい選手ですね!
SFニーズのチームが多いいため1巡候補の選手が何人かいますが私的に実力で1巡候補なのはHahaだけだと思っています。
たまにPAにガッツリ引っ掛かるおちゃめな一面はちょっと心配ですけどね。



Calvin Pryor (Louisville 5-11 207)

Bridgewater目当てでULの試合を観だしたのが2012シーズンでした
試合観戦を続けるたび日々進化していく選手。それがPryorでした。
フィールドの端から端まで常に全力で走り回り、全力のビックヒット!ビックプレーで試合の流れを呼び込む。
いつしか彼ばかり目で追っていました。
2年間追いかけていた選手でドラフトが近づくにつれ急に評価が上がり嬉しく思います、が、まだまだ荒削りな部分があるのでそこまで上がるか!という気持ちもあり複雑ですねw
過去の記事でも彼を少し紹介してますのでお時間ある方はチェックしてみてください。



Jimmie Ward (Northern Illinois 5-11 193)

Senior Bowlでいいプレーしていましたね。
サイズがないのですがかなりのハードヒッターで非常にいいランサポートを持っていますし、大外からのブリッツはイナズマ級、ニッケルとしてSlotをカバーする能力もあるのでSS向きだという声もあるようですが
Wardのパスカバレッジ能力は素晴らしいものがあるのでFSとしておいたほうがいいんじゃないかなと個人的には思います。線も少し細い選手ですし。
パスカバーの能力なら一番いいんじゃないかな~と思っています。



Terrence Brooks (Florida State 5-11 198)

コンバインでの動きは素晴らしかったですね!
SF陣の中では1番きれていたのではないかと思います!
自分のスピードをよくわかっていて、ゾーンの中でフリーにしたとみせかけて
QBに投げさせるなど、非常に頭のいい選手だと思います。
40y 4.31のスピードでよりも速いですし、ロングパスに対しても最後までついていけますね
またトップスピードに乗るのも速い感じがしますね!



Ed Reynolds (Stanford 6-1 207)

強力STAN DFの最後の砦として見事なタックルをし続けた選手ですね。
オープンフィールドタックルの確実さとパシュートの角度素晴らしいものを持っていると思います。
パスカバーもWRのルートを見分けるのが速く、的確なポジショニングができる選手だと思います。
ただ2012シーズンが素晴らしかっただけに2013シーズンはちょっとイマイチだった感が個人的にあります。
アーリーしないんじゃないかなと思ってましたがしてしまったので頑張って欲しいですね!



Lamarcus Joyner (Florida State 5-8 184)

まさしく弾丸小僧であります!
小さな体ながら全力でハードヒットを繰り出すビックプレーメーカーでありますね
寄りも速いですし、切り返しも速い、スロットをカバーする横の動きも速くパスカバーも素晴らしい
DBならどこでもかなせる経験を持っているのも素敵ですね!
今シーズンはニッケルバックとしてプレーし、その位置からのラッシュで5.5サックを上げています。
ニッケルバックとしても一流ですが、FSとしての方が適しているのではないかなと思いまして今回はFSで紹介させていただきました!



FS スリーパー枠

Ty Zimmerman (Kansas State 6-1 204)

2011シーズンにたまたま見た試合で、非常にクレバーなパスカバーを魅せていて気になった選手です。
スピードは並ですが、非常に優れたゾーンカバーの技術を持っていると思います。
またプレーの判断が速く、的確な一歩を踏み出すため確実にプレーを止めているそうであります。
このあたりがクレバーということですかね~
若干評価が下がり気味ですが、派手さはないですがいい仕事をする選手だと思います!



やった~DF編完走いたしました!

いや~SF、好きなポジションなのでだいぶ長くなってしまいましたw
もうちょっと紹介したい選手もいるのですがもう限界なのでwやめときますw

それでは今回はこのへんで!

次回はOF編 CとGからいこうかなと思っています~
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter