カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


お前に胸キュン RBの巻

さてさてさてさて!いよいよドラフトまで1週間となりましたね!
みなさんの注目選手や贔屓のチームの予想なども大詰めとなってきた頃でしょうかね

さて今回はRBの巻であります!
最近は優れたRBでも1巡ではなかなか指名されない傾向にありますね~
消耗も激しいく選手寿命も短いポジションだというのも関係していると思います。
また、近年中位から下位で指名されたRBでも十分活躍しているというのもあるでしょうね

RBファンにとってはちょっとさみしい気もしますが、すなわちこれはRBの選手層が厚くなり
素敵な選手がたくさんいるということでもありますよね!
ちょっと無理やりなポジティブシンキングだったでしょうかねw
また、一人のRBでシーズンを過ごすのはその選手にかかる負担も非常に大きいため
2人のRBによるワンツーパンチも必要になってきますね~
異なったタイプのブルーザー(パワー型)とスラッシャー(スピード型)であったり、パスキャッチの上手なサードダウンバックであったり
タイプの違うRBを揃えて相手の守備に的を絞らせないのも重要になってきます。
またC.Gの巻でも紹介しましたがゾーンブロックの場合、OLのブロックの状況をみながら走るホールを探すので
デイライト能力(隙間を見つける)が高い選手が求められます。

RBは結構好みのタイプが分かれるポジションじゃないかな~と私は思いますね~

スピードで大外をまくるタイプが好きな人もいれば
ゴリゴリとDFを蹴散らしながら突進するバック
パワー、スピードともにバランスのとれているバック
パスキャッチも上手いオールパーパスバック

さてみなさんの好みはどのタイプですかね?
えっ私ですかwもちろんゴリゴリなゴリーが大好きでありますw

それでは何人か紹介したいと思いますが
こちらもWR同様いい選手がいっぱいいるため個人的趣味路線で行きたいと思いますので
ご理解の程よろしくお願いします!





James White (5-9 204 Wisconsin)

FrからゴリゴリOFの名門UWで出場機会を与えられた男であり経験十分であります。
そして4年間見続けた思い入れのある選手ということでトップで紹介させていただきます!
Fr、Soとスピードを生かした走りでCray、Ballといったブルーザーとのワンツーパンチとして活躍していましたが
当たりが弱く、中のプレーは潰される場面が多かったのですが、Jr、Srと中のプレーもホールを上手く走り
RBとして非常に成長した選手だと思います。
2013シーズンもGordonがエース扱いでしたが、彼がマークされ始めたシーズン後半、確実なゲインでチームを支えたのは
Whiteでありました。
そしてその実力はシニアボウルでの大活躍で認められたと思います!
怪我にも強く、キャリアで怪我で欠場したのは1試合のみであります。
パスキャッチもパスプロもお上手であります!
どうぞよろしくお願いします!
スターRBの陰に隠れがちなカレッジキャリアでしたが、彼はもっと輝ける選手だと思っています!




Jerick McKinnon (5-9 209 Georgia Southern)

FCSの選手であります。
2013シーズンGeorgia SouthernがFroridaにアップセットした試合で走りに走った試合で出会いました。
Georgia SouthernはトリプルOPのチームでありまして、2012シーズンまではQBとしてプレー
2012シーズンのCentral Arkansas戦では316ヤードを走ったとんでもない男でございやす
フィールドビジョンが良くカットバックレーンをみつけるのが早いですね
そしてスピードと力強さも併せ持っていると思います。
コンバインではベンチ32回上げて度肝を抜き、続けての種目でもポジショントップレベルの数字を連発
素晴らしい身体能力を見せつけてくれました!
トリプルOPのチームでプレーしていたためプロタイプのOFでどうなのかという疑問はありますが
私の中で期待せずにはいられない選手であります!




Terrance West (5-9 225 Towson)

こちらもFCSの選手であります
FCSのトーナメント準々決勝で39回354ヤードTD5と大噴火致しまして、以後お見知りおきをといった感じです。
ストライドの大きなダイナミックな走りが特徴的ですね!
サイズもあり、あたりも強くエクストラヤードも稼ぐ
動きも意外となめらかですね~
カットはお上手とまではいきませんがパワーとスピードを併せ持つバックではないでしょうかね




James Wilder, Jr (6-3 232 Florida State)

いや~好きですね~常にへそ出してるところとかw
新しい形のパワーバック!といったところでしょうか
私一押しのブルーザーであります!
FSUではDevonta Freemanとのワンツーパンチを形成
Freemanもいいバックですよね~
サイズもありますし、人にも強い
そしてですねこの人の魅力は強さの中に柔らかさがあるんですよね~
腰、下半身が強く、粘りがあってなかなか倒れないんですよね~
2013シーズン脳震盪で欠場しているのでちょっとそこが心配ですね




Jeremy Hill (6-0 223 LSU)

私の中でドラフトクラスNo1はやっぱりHillですね~
なぜならすごい好みのタイプだからですw
まあちょっと素行には気を付けないといけませんが・・
ブレーキの壊れたダンプカー並みの突進力はやはりヨダレものであります
強いだけではなくバランスが非常にいいところが魅力的なんですよね~
2年間で371タッチでファンブル1とボールセキュリティーもしっかりしています。
パスプロは下手くそみたいなので練習してもらわないとダメっぽいですねw




Storm Johnson (6-0 209 Central Florida)

2013シーズン大躍進のUCFの中心選手
QBのBortlesが注目されがちですがJohnsonのランがチームOFを支えていたのは事実であります。
あと彼についてツイートしたらリツイートしていただいたので大好きw
サイズもスピードも平均的なのですが、中もオープンも非常に上手く走るマルチな選手ですね
人にも強くなかなか倒れないところも素敵です
あとはデイライト能力が高く、非常にいいところを抜けて行くところも印象的ですね




Charles Sims (6-0 214 West Virginia)

元々はHOUでプレーしていた選手です。WVUでは2013シーズンだけプレーしています。
シニアボウル、コンバインといい動きしていて
気になっていろいろ動画漁ったんですけど、この選手すごくいいと思うんだよな~
バランスが一番いいと思う選手です。
スピードもありますし、サイズもあり強さもある。
パスキャッチもルート取りもいいですしね~

ダークホース的な存在ですね~
何巡でピックされるか注目ですね~




おっとスピード系のRBも紹介しないと・・

De'Anthony Thomas (5-8 174 Oregon)

えっと、すばしっこいです!




ほかにも気になる選手がいっぱいなんですよ~
でもこのへんで切り上げないと収拾がつかないのでここまでとします~

さて長きに渡りお送りした「お前に胸キュンシーリース」いかがだったでしょうか?
ドラフトが5月で時間があるからと気楽に始めた私でしたが
途中何度も「なぜこんな長編シリーズを始めてしまったんだ・・・」
と何度後悔したことかw
正直言いますとかなり大変でありましたw
んがしかし!DF出身の私はOF(特にOL)に疎い部分がありましたので、いろいろ調べて勉強になりました
いい機会だったと思います。

それではドラフト本番までもう少し!
ドラフトをめいいっぱい楽しみましょう!

それでは、「お前に胸キュンシリーズ」完結で・・・・
・・・
はうあっ!わすれとったがな!

今回最終回ではありません!

あとひとつ、胸キュン野郎どもを紹介しないといけなかった~
ちなみにガンナーではありませんよw

それでは次回!涙の最終回です!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter