カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


2014 アナグマ通信 SECの壁

いや~Twitterの方ではつぶやいたのですが、PCが逝ってしまいまして。
LSU vs Wisconsinの後半が始まってすぐの出来事で・・・

で、先週はブログの方更新できませんでした。
申し訳ありませんでした。
ネット環境もちょっと速くしたかったので
いい機会だと思いPC新調とともに行い、本日なんとかかんとか復活であります!

とりあえずW1は結構試合を見たので、よかった選手を何人かここで紹介したいと思います!

Tennessee #45 LB A.J. Johnson(Sr)

昨シーズンも紹介した選手なんですが、やっぱいい選手ですね~
バリバリスターターなのにキックカバーも出て全力でタックルファンブルフォースとハードワーカーなところも素敵。ハイブリッドLB筆頭ではないでしょうかね~

Louisville #10 RB Dominique Brown(Sr)

2年前、ULを追いかけ始めた年に出会った選手です。
QBからRBにコンバートした選手で力強い走りが印象的で好きになったんですよね~
So時代の映像を見て楽しみにしていたのですが2012シーズンは怪我でシーズンアウトでレッドシャツを着ました。
昨シーズン見事に復活し、825ヤード8TDの活躍。
そして今シーズン開幕戦、素晴らしい走りで33回143ヤードと爆発!
Brownは私の中でMontee Ballとかぶる選手なんですよね~
ホールを見つけるうまさ、OLのブロックの見極め、バランスの良さ、そしてフィジカルが強い
Michael Dyerが戻ってきたらULのワンツーパンチも強力になりそうですね



Mississippi State #91 DE Preston Smith(Sr)

MSSTの4-3DFはいいですね~すごい好みです。
DL4人がサイズもあり非常に強く、デプスも厚い。LBもしっかり役割を理解してプレーしていましたね。
その強力フロント7のキーマンがSmithですね!
INT、FGブロックも決めるあたり持ってる選手でもありそうですね~

Wisconsin #7 SS Michael Caputo(Jr)

BadgersのDFの新しいハートアンドソウル!
昨シーズンも素晴らしいプレーの連続だったのですが
開幕戦のプレーにゾッコンラブですw
スプリングキャンプでLBとしても練習し、ますますアグレッシブなタックルに磨きをかけ
FSからSSにポジションチェンジ。
で開幕戦15タックルです!
MLB的な数字をたたき出すSSって超かっこよくないですか!
パスカバーもいいですし、やっぱ今シーズンBadgersの#7から目が離せません!

それでは、Badgersの開幕戦を振り返っていきたいともいます!





Wisconsin 24-28 LSU

序盤のリードを守れず4Qに15点を取られ逆転負けしてしまいました。

DFはDE#91 Konrad Zagzebski NT#45 Warren HerringのSrの中心選手を怪我でかきながらも
LSUの強力ランOFをしっかり止めたのは素晴らしかったと思います。
Ture Fr FS #31 Lubern FigaroはカバーミスとタックルミスでパスTDを2つ許してしまいましたが
なかなかいい動きをしていました。
この悔しさをばねに成長していってほしいですね!
LBの4人は最高の動きでしたね~
このユニットはビックネームはいませんが、シーズンが終わるころにはUWのLBすげーな~
って声が聞こえてくるんじゃないかななんて思います。
そして先ほども紹介しましたがSS #7 Michael Caputo
この名前は皆さんにぜひ覚えてもらいたいです。
全米を震撼させる選手になると思います。

LSUはQB#10 Anthony Jennings(So)がタッチのいいパスを投げてましたね。
そしてWR#83 Travin Dural(So)は速かったです~
いや~やられましたね。
RBは#27 Kenny Hilliard(Sr)がさすがの走りでした。いいバックですね。
期待の新人#7 Leonard Fournetteは体はもう十分出来上がってますがもう少し経験を積む必要がありそうですね
ただ、カレッジのスピードに慣れたらすぐに頭角を現す可能性は十分ありますね。

OFはランで268ヤードと試合をコントロールした点は非常に良かったのですが
新スターター QB#5 Tanner McEvoy(Jr)が24の8成功50ヤード INT2
と苦いデビュー戦となってしまいました。
全然投げ込めてなかったのでこの数字は納得ではあるのですが。
初先発でDB王国LSUが相手とゆうのはすごいプレッシャーだったと思いますが、もうちょっと思い切って投げ込んだ方がよかったと思いますね。
走る能力については評判通りさすがの動きでした。
今までのUW OFは相手がランを止めに前掛かりになってきたとき時のオプションが少なかったのですが
McEvoyのランとガンからのリードOPと選択肢が増えたのは大きいと思いますね。
苦いデビューとなってしまいましたが次戦は思いっきり投げ込み、自信を持ってプレーしてほしいです!
がんばれ!McEvoy!
WRでは#86 Alex Erickson(So)がいい動きでした!
McEvoyと一番呼吸が合ってたようですし、いいホットラインを形成していってほしいですね~

LSU DFはやっぱDB陣素晴らしかったですね。
エースCB#21 Rashard Robinson(So)がチーム内のサスペンションで出場停止でしたが
代わりに先発した#32 Jalen Collins(Jr)もいい選手でしたね~タックルがアグレッシブで好きなタイプですね。
そして事前に紹介したX-Factor CB #13 Dwayne Thomas(So)もいいプレーしてました。
ほんとデプスが厚いは~
でもってFS#28 Jalen Mills(Jr)はやっぱすげー
あのINTとか超絶過ぎでしたもの。

LSUのDBの素晴らしかった部分にパスインターフェアーをしないってのがあると思いました。
スピードとスキルを併せ持っているからこそできることですけど非常に難しいことですよね。
非常にクレバーでクリーンなカバーの連続でした。
超リスペクトです。

昨シーズンのボウルゲームに続きSECの壁は高く2連敗となってしまいましたが
そこまで実力差はないことを実感できた試合でした。
黒星スタートのシーズンとなりましたがたくさんのいいプレーもありましたし
自信をもって突き進んでいってほしいと思います!

試合開始直後にストレッチャーで退場したDE#91 Konrad Zagzebskiですが
怪我はシリアスなものではなく、W2の試合に元気に出場いたしました。
試合観戦中心配してくださった方々ありがとうございました!

しかし、QB#2 Joel Stave(Jr)が肩の調子がやはりよくないらしく復帰時期未定
NT#45 Warren Herring(Sr)が右膝の怪我で4〜6週アウト
FB#34 Derek Watt(Jr)が右足首靭帯損傷で約8週アウト
とチームの核となる選手が離脱してしまいました・・・

フットボールは激しいスポーツ、怪我とは切っても切れない関係です。
怪我をしたくてする選手なんていませんし、シニアの選手にとっては最後のシーズンです。
早く良くなってチームに戻ってくることを祈るぐらいしか私にはできません
焦らずしっかり治して戻ってきてください。
きっとそれまで控えの選手たちがあなたたちの分もプレーしてくれると思います!

W2の試合はまだあまり観れてないのですが
なるべく早くアップし通常運転に戻りたいと思っております。

Go!Badgers!



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter