カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
5
6
8
9
10
12
14
15
16
17
19
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
11


遂にこの日が!Testudo vs Bucky Badger

Week9でございます!
後半戦に突入し、カンファレンス内の星のつぶしあいが
激しくなってくるこの時期は各カンファレンス、ディビジョンの星勘定のチェックもしておくと
観戦にも熱が入ると思います!

今週だと
BIG TEN East
No. 13 Ohio State(5-1)at Penn State(4-2)
Pac 12 South
No. 20 USC(5-2) at No. 19 Utah(5-1)
BIG 12
No. 22 West Virginia(5-2) at Oklahoma State(5-2)

あたりが、同地区対決としてキーとなる試合ですかね

最近SEC West中心になってたので、ほかのカンファレンスの試合もしっかりみときたいところであります!
この先Badgersと対戦のあるチームもしっかりチェックしとかないといけないですしね!

で今週私の注目はやはり先週Bayrorを撃破したWest Virginia(WVU)になっちゃいますね~

QB#9 Clint Trickett(Sr)とWR#11 Kevin White(Sr)のホットラインを中心としたパッシングOFが注目ですね。
私的にはユーティリティバックのRB#13 Andrew Buie(Jr)が好きですね~
がしかしここはあえてWVUといえば3-3-5のDFにも注目してみましょう!

DE#4 Shaquille Riddick(Sr)は非常にスピードのある選手で、いいパスラッシュを今シーズンはみせております。
FCSのGardner-Webbから2014にトランスファーしてきた選手で2013シーズンFCS All-America

MLB#35 Nick Kwiatkoski(Jr)はいいタックラーであり、昨シーズンINT3も記録しておりパスカバーもいいですね。
非常にフットボールIQが高く、勉強熱心だそうであります!
3-3-5のキーマンである彼のプレイにも注目したいですね!


そして、SPUR#9 K.J. Dillon(Jr)とSS#8 クレイジーエイトことKarl Josephのハードヒットコンビも健在!

FS#6 Dravon HenryはTure Frながらスターターを勝ち取り、広い守備範囲とスピードあふれるプレイで将来が楽しみであります!
CB#7 Daryl Worley(So)もサイズがあってなかなかいい選手だと思いますよ!


それでは今回はかわいくないマスコット頂上決戦を取り上げます!



images.jpg
おっとちょっとはしゃいでますねw調子こいてやがりますね~
おなじみのアナグマ人間

maxresdefault.jpg
なんでしょうこの亀は!
みんなのあこがれチアリーダーになんてところを見せつけてやがるんだ~

というわけで今週の注目試合は

Maryland(MD) at Wisconsin(UW)
であります!

触れたこともあると思いますが、私が一人ぼっちでカレッジフットボールを観はじめたあの頃
最初に興味を持ったのはMarylandでありんした
2009シーズンですね~
RB Da'Rel ScottやCB Nolan Carrollがいたころでありますね~
あっ、ちなみにユニが派手派手になる前ですw

そこから数年たち、MDがACCからBIG TENに来て遂に対決と相成りました!

MDの注目選手はやはりなんといっても
WR#1 Stefon Diggs(Jr)
6-0と大型ではないですが、スピードとクイックネスが素晴らしくキャッチもいいですね~
ジェットスイープからのオープンのまくりも脅威であります。
KRもやりますです。


QBはポケットパッサー顔なのに実はデュアルスレットな男(完全に個人的見解ですがw)
#14 CJ Brown(Sr)
ACLの怪我から復活したチームのリーディングラッシャーは6年目の最後の年に懸けております!

RBは#45 Brandon Ross(Jr)と#4 Wes Brown(So)のコンビ
Rossが先週のIOWA戦で後半傷んでから出てこなかったのが気になりますね。
ピストルフルハウスのフォメではWR#34 Jacquille Veii(So)がRBの位置に入ります。
非常にスピードのある選手で、Rossがアウトの場合VeiiがRBに入るかもしれないですね。

あっあとFB#49 Tyler Cierski(Sr)がザッFB体系で好感が持てますねw

UW DFとしましてはスロットの位置のセットするDiggsに対して誰がつくかというところがポイントになりそうですね。
4WR体系を多用するMDに関しては2-4-5を引くことが多くなると予想されますが
エースCB#8 Sojourn Shelton(So)をあてるのか
昨シーズンまでニッケルで今シーズン絶好調の#5 Darius Hillary(Jr)をニッケル起用するのか
今シーズンのニッケル#4 Devin Gaulden(Jr)にみさせるのか
はたまたSS#7 Michael Caputo(Jr)で勝負するのか
この辺が気になるところであり楽しみであります。
あとはQB Brownのオプションキープですね
これは両OLB #47 Vince Biegel(So)と#58 Joe Schobert(Jr)がキーとなります。
しっかりコンテインをしていけばこの2人なら問題なく止めてくれると思います!

つづきましてMD DF
ベースは3-4ですね
そしてここのDL3人なんですけどサイズはそれほどないのですが3人ともスピードがあるんですよね~
NT#97 Darius Kilgo(Sr)
DE#91 Keith Bowers(Sr) #93 Andre Monroe(Sr)
この機動力あふれるシニアトリオは厄介であります。

OLBも#51 Yannik Cudjoe-Virgil(Sr) #7 Yannick Ngakoue(Sr)
のラッシュ命コンビが強力であります!
特にNgakoueはIOWA戦でIOWA LT Brandon Scherffをスピードとパワーで圧倒している場面が多く
乗りに乗っている印象であり要注意であります。


DB陣ではスリリングなPRもこなすエースCB#4 William Likely(So)がいいですね~
今シーズンINT4のうちPic6が2つとイケイケであります。


そして昨シーズン107タックルのFS#21 Sean Davis(So)が今シーズンも引き続きいいプレーしています


MD DFはMark Weisman率いるIOWAのランアタックを116ヤードに押えました。
UW OFとしましては、機動力あるDL相手にまずは中央のランをしっかり出せるかがキーとなりそうですね。
キープレーヤは今シーズン中をゴリゴリいい走りをしているRB#8 Corey Clement
そして、FB#20 Austin Ramesh(Fr)のブロックもキーになると思います。

QB併用はまだ続くのかも気になるところです・・

あとはMDがどんなユニ加も楽しみの一つですね!
UWが地味だけにw

でもそんなUWのクラシカルなユニが私は大好きです!

それでは今回はこの辺で!

みなさん楽しい週末をお過ごしください~

Go! Badgers!


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter