カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


2014 アナグマ通信 Week11 Jrの意地

今更なんですけど
ESPNのカレッジフットボールのアプリがあるんですよ
これがなかなか便利で毎年入れてるんです
毎年というのは1年ごとにバージョンアップするんですね
で、今年のやつには、Triple Optionという予想する奴があるんですよ
スロットで回って出てきた3チームの項目を上か下かで予想するんですけどね
これなかなか面白いんですよね~
B1D3F0SIQAAX9Mr.jpg

あとは、Pick'emというのもあって
選ばれた10試合の勝ち負けを予想するものなんです
いやね、私結構予想には自信があるなんて最近思ってたんですよ
アップセット予想ならお任せあれみたいな感じでw
でやってみましたらね、2試合しか当たりませんでしたw
TCUとASUの勝ちだけです・・・
いや~思い上がってました!私なんてただのへたの横好きのおっさんです・・・w
馬鹿!俺のバカ!

ESPN Championship Driveという名前でiphone andoroid共にありますので興味ある方はシーズンも終盤ですが
遊んでみたらいかがかなと思います

それでは注目していた試合の結果ですが

No. 14 Ohio State(OSU) 49-37 No. 8 Michigan State(MSU)

いや~私MSUが圧勝するかもなんて思ってましたが(ここも見事に予想外しw)、OSU強かったですね~
OSU QB#16 J.T. Barrett(Fr)は素晴らしかったですね~
300ヤードの3TD
シーズン序盤で観た彼より数段よくなっていました。
特にロングパスの落としどころが絶妙でしたね
OSUは短いパスをクイックテンポで決め、勝負所でディープに走らせることが多いいのですが
この試合もまさにそうでしたね。
序盤から中盤にかけて、ニッケルやダイムを引かずあくまで4-3で勝負するMSU DFに対し、スピードのあるWRとSFのマッチアップに狙いを定め見事にパスを決めていましたね。
長いのを決めていた印象があります。
そしてOSUのWR陣も素晴らしかった!
#9 Devin Smith(Sr) #3 Michael Thomas(So)も素晴らしかったです。
そしてRB#15 Ezekiel Elliott(So)やばいですね~あのスピード
この試合のMVPは個人的にはElliotですね
反応のいいMSUのフロント7に対してカウンターでロングゲインを奪ったあのプレーは
コールもそれを遂行した選手も素晴らしかったですね。

そしてDB陣が素晴らしいプレーの連続でしたね
特にCB#14 Eli Apple(Fr)良かったな~彼も将来チームを背負って立つ選手になるでしょう。

MSUは序盤OSUの2つのファンブルロストをTDにつなげ、常にリードを奪っていましたが
離されず食らいつくOSUに最終的に突き放されてしまいましたね
スペシャルチームで素晴らしいタックルを連発していたLB#33 Jon Reschke(Fr)
彼いいですね~ハートも強そうだし
来年以降スターターLBとして出てくることを期待してます!

MSU OFは決して悪くなかったと思います。
ただ反則が多かったですね。
MSUは両OTがよかったですね
OSUのDEコンビをほぼ押さえていたと思います
RT#76 Donavon Clark(Jr) LT#74 Jack Conklin(So)
特にConklinはフットワーク軽いですし、ランブロック、パスプロともにいいですね~
ダンフィールドでもいいブロックしてましたし、いいLTになりそうな選手ですね。
あとは、序盤WR#25 Keith Mumphery(Sr)がよかったですね~
スロットに入ることが多いいのですが、そこからモーションしていい位置に走りこんでました
面白そうな選手ですよね

DFの方はOSU RB Elliottのスピードあふれる走りを止められなかったのが痛かったですね
あとはやはりCB#2 Darian Hicks(So)が狙われ続け耐えきれませんでしたね
まだ若い選手ですしこの悔しさをバネに成長してほしいですね。

これでOSUが一歩抜け出したわけでありますが、今週の対戦相手が曲者ですね~
at Minnesota(MINN)になります!
先週の試合ではIOWAに51-14と圧勝してますし、昨シーズンから好調をキープしております
Badgersの最終戦の相手でもありますし、要注目ですね




それではBadgersの試合を振り返ってみたいと思います!

No. 25 Wisconsin(UW) 34-16 Purdue(PUR)

パスとランのバランスのいい攻撃で見事にアウェイで勝利であります!

といいましても相変わらずラッシングヤードの方が多いんですけどねw
ラン264ヤード パス225ヤードでございます
今シーズン今までパスの方が獲得ヤード多かったのは1試合だけですね

アウェイでのスロースタートが課題だったOFはファーストシリーズこそパントに終わりましたが
RG#54 Kyle Costigan(Sr)のナイスブロックからRB#25 Melvin Gordon(Jr)の14ヤードTDランを皮切りに
終始リードを保ち、非常に良かったと思います。
2QB体制ですが
今まではシリーズごとに入れ替えていたのですが、この試合からシリーズ関係なく、プレーごとにピンポイントで変えてきましたね。
#5 Tanner McEvoy(Jr)はリードオプション中心で、フォーメーションもいろいろバリエーションを増やしてきましたね~
ちなみにMcEvoyのランのアベレージは一回当たり9.4ヤードと素晴らしいものになってますね~
そして、この試合#2 Joel Stave(Jr)のパスが素晴らしかったですね~
INTが1つありましたが、29回19成功の219ヤード1TD
8人のターゲットに投げ分ける、今までにない幅広いプレーが素敵でしたね~
圧巻は2Qの90ヤードのTDドライブ
Staveは6回5成功の70ヤード 2回の3rd longをパスで切り抜けた素晴らしいドライブでしたね~

そしてこの試合のレシービングリーダーはWR#9 Jordan Fredrick(Jr)の5回64ヤードでした!
やっとFredrickが活躍してくれましたね~いや~ずっと期待してたので嬉しいです!
ブロックは非常にいい選手でキャッチの機会に恵まれていませんでしたが、この試合は重要な場面で
いいキャッチを魅せてくれました!
下級生の台頭に負けじとJrの意地を見せてくれましたね!

DFはPURのアップテンポの攻撃に先制FGを許してしまいましたが、その後すぐアジャストし
しっかり止めてくれましたね!
唯一TDを取られたプレー
PUR RB#1 Akeem Hunt(Sr)にやられた79ヤードのパス
これは相手をほめるべき見事なプレーであり、DFのコールを見抜いたPURのコールも素晴らしかった。
マンツーに対して2枚のレシーバーをクイックポスト気味に走らせさせRBがスイングで大外に
これによりCBとRBをマンカバーするILBがぶつかりカバーが遅れやられてしまいましたね
しかしこのやられた後のUWのDFのアジャストが素晴らしかった!
すぐこのミスマッチに対応し、S、時にはCBがHuntをマークし
同じようなプレーをほぼゲインさせることなく、後半はHuntに仕事をさせませんでした。

今シーズン確実なカバーとタックルで非常に安定感のあるいいプレーをしている
CB#5 Darius Hillary(Jr)がこの試合も素晴らしいプレーの連続でした。
Fr時代からニッケルとして出場していた選手ですが、過去2年はどちらかというと狙われていた選手
しかし彼は年々成長し今シーズン絶好調であります!
Jrの意地しっかりとみせてもらいました!

そして、OLB#47 Vince Biegel(So)が3サックと大暴れ!
シーズン7サックであります!
もちろんチームのサックリーダー!
相変わらずのスピードラッシュで素晴らしかったです!

さていよいよ今週は#16 Nebraska(8-1, 4-1 Big Ten)との戦いであります!
この試合に敗れればチャンピオンシップの道は絶たれます
絶対に負けられない戦い
Go!Badgers!


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter