カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chris Borlandという男

Chris Borlandがどんなユニフォームを着ていようが
どんなヘルメットをかぶっていようが
一目でBorlandだとわかる
あの、誰よりも低く構え、背筋をピンと伸ばしたファンダメンタルフットボールポジションで


久々の「という男」シリーズ
カレッジフットボールのブログであり、NFLに行った選手を取り上げることは極力避けているのですが
Borlandは大好きだった選手(今でももちろん大好きであります)であり、
いつか書きたいとはずっと思ってました。
そしてその時期が早くも来たようで筆を執りました所存でございます

ILB#50 Chris Borland  San Francisco 49ers

Ohioの高校時代のBorlandはLBとRBでプレー
また砲丸投げの選手としても一流であったそうですね~

IOWA, Louisville,Wisconsinからスカラーシップのオファーを受けた彼が選んだのはWisconsinでした。

Ture Frの2009年シーズン
Borlandは4-3 OLBとして13試合出場、シーズン後半にはスターターを奪い6試合先発
Big Ten's Freshman of the Yearを獲得しています。
んが、私はこの年の彼のプレーは観てないんですよね~
私がWisconsin Badgersを応援し試合を観はじめたのが2010年シーズンからですので
ぐ~あと1年早くBadgersの存在を知っていれば・・悔やまれますw

今ではBadgersのデプスの3番手まで把握している変態な私ですがw
観はじめた当初はカレッジのシステムやカンファレンスなど理解しなければならないことがおおすぎて
選手もスターター全員把握できない状況でしたね~
ただ2010シーズンBorlandがすごく期待されているシーズンであったことは覚えています。
2009シーズンの活躍を活字で知っていた私は、どんな選手なんだろ~楽しみだなあ~
と思っていましたね。
ただ非常に残念なことにBorlandは開幕2試合目で肩を怪我してしまい、シーズンエンド
レッドシャツを着ることになります。

1年を通してカレッジフットボールを観戦した私はカレッジフットボールとBadgersのとりこになっていましたね~
今思えば底なし沼に足をずぶずぶ入れ始めた頃ですねw
あらゆる手段を使ってBadgersの試合をすべて観ることに成功した記念すべき年ですね~

私は2011シーズンはBadgersの情報を漁りはじめます。
Twitterと地元のブログやサイトで漁りまくる日々を過ごしますw
シーズン開幕前、あの男が返ってくる!と話題に上がってる男がいました
そうです、Borlandです!
すっかり存在を忘れていた私はどんな厳つい野獣のような男なのだろう!
楽しみだな~と思っていました。
で、顔写真を発見してみてみると
めっちゃ笑顔のチャーミングなとっちゃん坊やではありませんか!なんかかっこ悪いな~と内心思ってました・・
(Borlandファンの方と親族の方すいません、このころの私は何もわかっていませんでしたw)
んが、人を見かけで判断するな!と死んだ親父も爺ちゃんも言っていたことをこの後身をもって知ることとなります
シーズン開幕、4-3のMLBとしてプレーするBorlandはまさにタックルマシーンでした!
フィールドの端から端まで走り回るハードワーカであり、プレーのにおいをかぎ取る嗅覚の持ち主
正確なパシュートと、ブロックされてもあきらめず、はずし追いかけ続ける
そして、突き抜けるようなきれいなタックル。
相手を痛めつけるタックルではなくプレーを止めるタックル
みなぎる闘志とリーダシップ
もう虜ですよね、私がチアリーダーだったら、速攻故告ってましたねw
この年は140タックル、これはBorlandのキャリアハイとなっております。
First Team All-Big Ten選出でありました。

2012シーズンは怪我がちでしたけどMLBとして大活躍のBorlandでした。
この年はレギュラーシーズンで8勝5敗と厳しいシーズンながらOhaio StateとPenn Stateがサスペンションを受けていたため、BIG TENチャンピオンシップに進出
相手はレギュラーシーズンの試合で負けているNebraska
この試合、怪我から戻ってきたBorlandは凄まじかったですね~
シーズンハイの13タックルと大暴れで、勝利に貢献しました!
この年もFirst Team All-Big Ten選出

2013シーズン HCが変わり、DCも交代

DFは3-4に移行しBorlandはILBとしてプレーします。
DFのスキームが変わっても彼の進撃は止まりません!
攻撃的なDFになりブリッツに入る機会も増え、あの小さな体でガンガンOLを割りまくり
プレッシャーをかけ続けます!
またパスシチュエーションではDEやOLBの位置に入り、非常にスピードのあるラッシュを魅せていましたね~
そして、キャリアのファンブルフォースのNCAA記録に並びます!(14個)
でもそのあとKhalil Mackが新記録出しちゃうんですけどねw

そしてもちろんこの年も
First Team All-Big Ten選出
そしてBig Ten Linebacker of the Year受賞
さらにBig Ten Defensive Player of the Year も獲得であります!
キャリアトータルタックル420 ロスタックル50
まさにBadgersの誇るタックルマシーンでしたね

そしてドラフト
私の中でどう考えてもBorlandが1巡1位でしたねwどうしても好きなチームの好きな選手はひいき目に見てしまいますしw
それはさておいても、3年間観てきた私には、素人目ですけどNFLでも絶対成功すると信じてました。
Russel WilsonやJ.J Wattに関しては1年しかプレーを観ていませんでしたが、Borlandは長年み続けていた選手
それだけやはり思い入れも強かったのもあると思います。
しかしやはりドラフト前はサイズがない、腕が短い、スピードがない、顔がかわいい、老けて見える
ん~なんか2つぐらい関係がないのが入ってるような気がしますがw
とまあ、評価は決して高くなかったのを歯がゆい気持ちでみてましたね

ただ、私のブログやYoutubeの動画などを観て、たくさんの日本人のフットボールファンの方々が
Borlandいいよね~と言ってくださるのがすごくうれしかったです!

そしてドラフト当日、CLEに来るようにずっと念を送っていましたがw
San Francisco 49ers様が3巡77位でピックしてくれました。
正直いいチームに行ったと思いました
3-4LB王国でありますし、なんといってもPatrick WillisとNaVorro Bowmanという素晴らしい選手がいる。
彼らから多くのことを学び、成長し数年後チャンスをものにしてほしいなと思ってました。

んがしかし、Willisの怪我により先発のチャンスが回ってきたWeek9のSTL戦で18タックル!
チームは負けてしまいましたが初先発で大活躍!
Week10のNO戦でも17タックルと大暴れの上、試合を決めるファンブルリカバーも記録
そしてWeek11 NYG戦 13タックルのPDEF3 INT2
パスカバーも成長してますね~
いや~すごいよBorland!この調子で怪我しないで頑張れ!

Chris Borlandがどんなユニフォームを着ていようが
どんなヘルメットをかぶっていようが
一目でBorlandだとわかる
最後まで諦めないでボールを追いかけ続け、プレーが終わったところに必ず彼はいるから



スポンサーサイト


Comments

確かにあの背筋のピンッとした姿は好きです。MLBって感じ♪
yanさんコメントありがとうございます!
私もあのセットの姿大好きなんですよね~
そこからの出足の早さもすごいので注目してみてみてください!
カレッジ時代から見ていた選手がプロで活躍するのは本当に嬉しいですね!

身体もさほど大きくないながらもOLやバックにも当り負けないフィジカルは本当にすごいです!
素行面も良さそうな顔ですし笑

新人賞はモズリーと争いそうですね!
LBさんコメントありがとうございます!

素行面は問題ないと思いますwあの顔ですしww
カレッジ時代もそのようなことは一切なかったですしね。
サイズを超越する選手って惹かれるものがあるんですよね~
応援したくなってしまいますね。
新人賞も出遅れましたが可能性あるんだったらいってほしいですね~

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。