カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014 アナグマ通信 Week14 でっかい斧死守&ディビジョン制覇!

ライバル対決ウィーク皆さん楽しめたでしょうかね
どちらかというと目玉の試合が大味な試合となってしまいましたが、見ごたえのある試合が多かったと思いますね~

そして、遂にMarshall(MASH)が負けてしまいました・・・
Western Kentucky(WKU)とのOTまでもつれる熱戦は
OT後攻のWKUが2ポイントを成功させ67-66というバスケかよ!という点差で終焉となりました。


いやほんと、全勝することのむずかしさを実感しましたね
今週C-USAのチャンピオンシップをLouisiana Tech(LT)と争うことになりますので気持ちを切り替えて臨んでほしいですね~

あとは、Sun BeltをFBS昇格1年目にしてカンファレス対決8戦全勝という素晴らしい成績で制した Georgia Southern
どうやら、昇格1年目はボウルゲームに出れないてきなルールがあるそうなんですよ!
え~そりゃないんじゃないの~って感じですよね~プンプン
成績も戦い方も立派だっただけにここはひとつ何とかしてもらいたいものです。
これはまだ動きがありそうなので今後もちょっと注目していきたいと思います。
カレッジフットボール馬鹿一直線とわたくしネイチャーはGeorgia Southernのボウルゲーム出場を支持します!

で、試合結果は今回はちょっと控えまして、All-Big Tenが発表されましたのでそのアナグマ情報おば

コーチの選ぶAll-Big TenファーストチームにRB Melvin Gordon(Jr)とILB Derek Landisch(Sr)が見事に選ばれました!
いやっほ~
Landischの名前を見つけた時はうれしかったですね~
昨シーズンスターター争いに敗れ、今シーズン、シニアの最終年にスターターを獲得
そして、素晴らしいプレーを魅せてくれていました。
いや~ちゃんと見てくれてる人は見てくれていますね~(まさかの上から目線w)

そしてメディアの選ぶAll-Big TenファーストチームにはGordonは当然選ばれ、
そのほかにOFからRG Kyle Costigan(Sr) RT Rob Havensteinの強力右サイドの2人が選ばれました!
ひゃっほ~
プラス1人人間山脈ことHavensteinはSenior Bowlの招待も受けました!
おめでと~

そして、我らがGordonはBIG TEN RB OF THE YEAR獲得でございます!

それではBadgersの試合を振り返ってみたいと思います!

No. 14 Wisconsin(UW) 34-24 No. 18 Minnesota(MINN)

今週も大接戦となりましたが、OF、DFが一丸となって見事に勝利!
BIG TEN West制覇!チャンピオンシップ出場を勝ち取りました!

最初のMINN OFを3凡に抑えるもパントをリターナーのDoeちゃんがマフりMINNがリカバー
QB#7 Mitch Leidner(So)のランでTDに結びつけられます。
その後RB#27 David Cobb(Sr)の40ヤードTDラン、FGと得点を重ねられ
17-3と序盤リードされてしまいます。
この試合、Cobbのランのうまさ、特に中が詰まっているときのオープンの走りとLeidnerの速くはないんだけど
するりごりと抜けるランが素晴らしく、DFは非常に厳しい状況。
そして珍しくタックルミスが多く、オープンタックルの名手 SS#7 Michael Caputo(Jr)も2つ大きなタックルミスをしてしまい
それがロングゲインにつながってしまいました。
そのあとCaputoは数プレー外されるという事態・・・
この悪い流れを変えたのがQB#2 Joel Stave(Jr)からWR#86 Alex Erickson(So)への伝家の宝刀PA!
この70ヤードのパスが決まり一気にゴール前!
Gordonへの4ヤードのTDパスが決まり17-10と追い上げます。

返しのMINNのOFは相変わらずのゴリステキなOFでUW陣30ヤードのFG圏内へ
しかしここでCobbがファンブル、そのこぼれたボールに凄まじい勢いで矢のごとく飛び込む男が!
そうです、Caputoです!見事なリカバーでピンチを救います!
そして前半残り18秒
StaveがEricksonへ35ヤードと14ヤードのパスを連続でヒット!
メタボK#10 Rafael Gaglianone(Ture Fr)が38ヤードのブラジリアンFGを決め
17-13と追い上げ非常にいい状態で前半を終えます

後半に入るとUW DFが落ち着きを取り戻し、見事なタックルとカバーの連続でMINN OFを抑え始めます。
Staveのパスが引き続き好調でマンカバーでランを積極的に止めに来ていたMINN DFを崩し始めます。
そして、先週のIowa戦で腕の怪我でほとんど出場しなかったRB#6 Corey Clement(So)が
この試合の初キャリーで28ヤードを爆走しTD!
20-17と遂に逆転!

その後は両DFが素晴らしく膠着状態4Qに突入します。
均衡を破ったのはまたもClementでした!
Gordonの24ヤードのランの後、ゴリっと5ヤード
そして次のプレーでドカンと抜け31ヤードを走り一気にゴール前1ヤード!
最後はGordonが飛び込み、見事なワンツーパンチで27-17と突き放します!

が、MINNも粘ります!
ここまで完璧に抑えてきたTE#88 Maxx Williams(So)がUW DFのミスでどフリーに
これを見逃さずパスが決まり53ヤードのゲイン一気にゴール前
最後はLeidnerのランでTD
27-24と食らいつきます

しかし絶好調のOFはここでも勝負強さを発揮!
StaveのEricksonへの31ヤードのパス
GordonとClementのランでゴール前まで進み
最後はWR#15 Robert Wheelwright(So)の見事なダブルムーブからのTDパスキャッチで追加点!
Wheelwrightは今シーズン初キャッチがキャリア初TDと嬉しい瞬間でしたね!
Fall Campで絶好調でスターター獲得するのではないかといわれていたWheelwright
しかしなかなか出番がもらえず悔しかったことでしょう
しかしこの大事な場面で素晴らしいプレーを魅せてくれました!
自信にもつながったと思います!この調子で頑張れ!
Ericksonはこの試合5キャッチの150ヤードとキャリアハイの大活躍!
若いWRが活躍しこの先も楽しみであります!

その後はDFがしっかり押さえ試合終了!

この瞬間思ったことは、「今年もOhio State(OSU)と戦える」
OSUには3年連続負けています。
2011、2012シーズンはチャンピオンシップにも勝ち、Rose Bowlに出ていますがOSUには負けているのです。
OSUに勝ってBIG TENのタイトルを獲る
今年はそのチャンスをつかみました!
やってやろうぜ!Badgers!

MINNはOFもDFも信念がありいいチームでした
特にRB#27 RB#27 David Cobb(Sr)は熱い走りをする選手でやっぱいいですね
中も強いですし、そこから外に行くのもうまいですね
そしてSS#2 Cedric Thompson(Sr)は思ってた以上にステキな選手でした!
ランサポートはもちろんいいのですが、パスカバーもミドルもディープもうまく守ってましたし
総合的にいいSFですね。

まずは、BIG TEN West制覇おめでとう!
お疲れ!Badgers!
そしてシニアのみんな!
しっかりとプレーを目に焼き付けました!
でもまだ大事な試合が残っています!
引き続きチームを引っ張ってくれ!
Go!Senior!




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。