カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


BIG TENの孤高の戦士達 Mike Dudekの巻

北の大地でも気温が上がり始めやっと夏だな~と感じる今日この頃であります。

前回も紹介しましたが各アワードのプレシーズンのウォッチリストが続々と発表されておりますよ!
で、お詫びなんですが前回紹介したリンクが新しく発表したアワードが更新されてないようなんであります・・
申し訳ありませんでした。
というわけで、こちらは大丈夫そうなので改めて紹介させていただきます。

Badgersからは踊るブラジリアンキッカー #10 Rafaell Gaglianone(So)がLou Groza Award
ゴリゴリランOFを支えるC #70 Dan Voltz(Jr)がOutland Trophy(OL全体)とRimington Trophy(Cのみ)
のウォッチリストに選出されました!おめでとう!頑張れ~



そしてそして、Benarik Awardsのウォッチリストリストにも選ばれていたOLB#47 Vince Biegel(Jr) SS#7 Michael Caputo(Sr)が
Bronko Nagurski Trophyにも名前を連ねましたぜ!
やはり全米もこの2人には注目し始めたということですね!まあ当然ですけどね!
あっまた全米に対して上から目線になってしまいましたwすいません。
やっとCaputoの映像が出てきましたよ~


それでは今回の戦士は!


Mike Dudek(So) #18 WR Illinois Fighting Illini

昨シーズンもたくさんのフレッシュマンが大活躍しましたが、今シーズンのプレーを一番楽しみにしている(いた)のがこの
Dudeckですね。
ただ今回Dudeckでいくかどうかすごい悩みました・・・
残念ながら4月8日の練習でACL断裂の怪我をしてしまったのです。
フットボール観戦はとても楽しいものですが、やはり選手の怪我の情報は残念であり悲しいことです。
よく聞くACL(前十字靭帯)の断裂ですがほぼシーズンアウトの印象がありますよね。
一般的に手術してスポーツが再開できるまで8~10か月、280日ほどかかるといわれています。
昨シーズン、アブちゃんがトレーニングキャンプでACLをやったときちょっと調べたんですよね。

Dudeckも今シーズンは無理かもしれませんが、ランニングと60ポンドのレッグプレスをできるぐらいまで現時点で回復しているということです。
ひょっとしたらシーズン中盤か後半には戻ってくるかもしれません、期待を込めて、何より魅力的な選手なのでどうしても紹介したい気持ちが強く、今回は紹介させていただくこととしました。

First-team Freshman All-American by Scout.com
True-Freshman All-American by ESPN.com and 247Sports
Second-team All-Big Ten
その他にも多くの賞と記録を樹立した恐るべきトゥルーフレッシュマンとして昨シーズン名を馳せました。

地元出身、Three-star評価の5-11のトゥルーフレッシュマンのこの活躍を予想した人はほとんどいなかったでしょうね。
Illinoisとは昨シーズン対戦があったのでPurdue戦をスカウティングしたときにDudeckのプレーを目の当たりにした私は
「なんじゃこいつ!もってやがる!」と驚愕いたしました。
Illinoisにイケイケな新人がいるという情報は事前に入ってはいたのですが、想像を超えておりました。
スピード、運動能力の高さ、キャッチのセンス、競り合いの強さ、そしてこのサイズでのフィジカルの強さ。
ほんとにこの前まで高校生だったのかよ!と驚愕したのを覚えています。



今シーズンもIllinoisとは10月24日に対戦があります。
そのフィールドにDudeckが立っているかどうかはまだわかりませんが、彼がフィールドを縦に横に切り裂いている姿が
私にはぼんやり見えているような気がします。

怪我を克服して元気な姿をまた見せてくれることを祈って
今回はこの辺で

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter