カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


BIG TENの孤高の戦士達 Michael Caputoの巻

あ~夏が終わってしまった~
朝晩はだいぶ涼しくなり、日も短くなってきましたね~
短い北の大地の夏は終演であります。
そう、もう秋です。んがしかし!秋といえばフットボールシーズンですよね!

で、NFLやカレッジ開幕前のこの時期に毎年恒例のイベントがありますよね~
そうです、Madden NFLの発売であります!

日本を代表するマッデンプレイヤーのすーさんが今回JAPANESE LEAGUEを開催するので
もし、やりたいな~と思う方は是非参加してみてください!
こちらがすーさんのブログとなっております。

私も今回は久しぶりに購入し、ちょこっとトレーニングモードみたいなやつだけやってみましたが
ま~すごい進化してますね~
おっさんの脳と指が反応するか心配ですけど、できる範囲で楽しみたいと思います。

では、Badgersのニュース!
FS #19 Leo Musso(Jr)がいいという記事をおおくみかけますね~
Fr時代から注目していた選手ですが昨シーズンはSPチームで活躍しメキメキ頭角を出してきましたね~
FSは昨シーズンFrながらスターターを勝ち取った#31 Lubern Figaro(So)
昨シーズンの開幕QBで今シーズンはWRとFSのリャンメン予定#3 Tanner McEvoy(Sr)
と非常にポジションバトルが激しいですので誰が先発勝ち取るか注目であります。

続きましておめでとうのコーナー!
#43 ILB Ryan Connelly(RS Fr)と#91 DE ILB Ryan Connelly(RS Fr)が見事にスカラーシップを獲得しました!
おめでと~パチパチパチ!
二人とも地元出身の選手でFall Campで十分アピールできたみたいですね。

Badgersでは1990年から現在までwalk-onからスカラーシップを獲得した選手が89人おり
その中でNFLでプレーした選手が16人もいるらしいです!
Jim LeonhardやChris Maragosもそうですし、皆さんご存知の J.J. WattだってBadgersのキャリアスタートはwalk-onだったんですよ。
いや~んロマンがあってステキ!
カレッジフットボール馬鹿一直線とネイチャーはwalk-onの選手を応援しています!

さて、まだまだ紹介したい選手がたくさんいたのですが、なかなか時間が取れずシーズン開幕までもうすぐということで
今回でBIG TENの孤高の戦士達シリーズは最終回とさせていただきます。

で、まあ誰にしようか迷ったんですけどね、やっぱここはこの男しかいないだろうと思いまして。
今シーズン私が一番注目し信頼し大好きすぎるこの男です!




Michael Caputo (Sr) #7 SS Wisconsin Badgers

私が初めてCaputoの存在を知ったのは2012シーズンのFall Campの記事を読み漁ってた時でした。
中3レベルの英語力でいろんな記事を観ている中に多くのCaputoの名前があって、非常にアグレッシブな男だと
シーズンが始まりSSの2番手として試合経験を積みます。
時折見せる鋭いタックルにBorlandみたいなSFだな~と思ったのを覚えています。
Ilinois戦では初めてスターターとしてもプレイしました。
この男楽しみでならないそう思わせる何か思っていましたね。

2013シーズン。この頃から私が地味にCaputo布教活動を始めましたw
FSのスターターだったDezmen SouthwardがSSに移ったため、FSとして遂にスターターを獲得します!
そして、DC Dave ArandaのアグレッシブなDFに非常にマッチし、メキメキと頭角を現します。
この年FSを経験することにより、パスカバーに磨きがかかりましたね~
そして何より、最後尾からありえないスピードと的確な角度でキャリアーをとらえるタックルにもう身も心も奪われるのでしたw
この年FSながらBorlandに次ぐチーム2位の63タックル記録

そして昨シーズン、OLBとして練習にも参加しているとゆうニュースも飛び込んできましたが
SSとしてスタート
ますます磨きのかかったタックルで開幕のLSU戦で鬼の15タックルを記録。
超攻撃的守備で全米が注目したBadgers DFの中心として大活躍でした。
ほとんど試合でミスをしない彼ですがこれは試合中のアジャストに対応する能力が素晴らしいと私は思っています。
コーチが求めることを瞬時にこなしてしまうクレバーさと身体能力。そして熱いハート。
BIG TEN Westのチャンピオンを決めるMIN戦でタックルミスを連発し外された時も
ファンブルしたボールに誰よりも早く突っ込みリカバーしチームを救ったプレーは昨年の私の中のNo1プレーですね。
2014シーズンは106タックルでチームのタックルリーダー

そしてシニアになったCaputoのラストシーズンです。
彼はキャプテンとして最後のシーズンに向かいます。
気持ちのこもった突き抜けるタックルで今年も多くのチームの危機を救うでしょう!

Michael Caputo この名前を覚えておいて損はありません!!





スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter