カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アナグマのデプス 2015

いや~Fall Campの記事を漁りながら、デプスをあれこれ予想していましたが、遂に開幕戦のデプスがきましたね~

続々と各チーム発表されてますので、気になるチームがある方はチェックしてみるのも楽しいと思いますよ!

それでは今回は今シーズンのBadgersの戦士たちをデプスとともに簡単に紹介していきたいと思います!

ええ、全国の2~3人いるかどうかのBadgersファンに捧げますw

OF

QB
1 #2 Joel Stave (Sr)
2 #13 Bart Houston (Jr)


Staveが最後のシーズンスターターに返り咲きました。
昨シーズンは怪我明け及び2QB体制でリズムをつかめずいい時はよかったのですがダメなときはもう・・・
今シーズンは準備も心構えもできていると思いますし、非常に期待しています。
ポケットワークも良いですし、肩も強い、あとは適格な判断力がつけば私は1流のQBだと思います。
控えのHoustonは ESPN Elite 11 QB campに呼ばれた実績のある隠れた逸材でありまして頼もしい次第でございます。
3番手はデュアルスレットタイプの#7 D.J. Gillinsが控えております。


RB
1 #8 Corey Clement(Jr)
2 #23 Dare Ogunbowale(Jr)

Ture Frから試合に出ていたClementが遂にBadgersの伝統あるスターターRBとなります。
昨シーズンもGordonとのワンツーパンチで大活躍でございました。
インサイドに飛び込みそこからゴリゴリも行けますしドカンと突き抜けるスピードも持ち合わせている素敵な男です。
2番手のOgunbowale(おぐちゃん)は昨シーズンの控えRBの怪我が相次いだことによりCBよりコンバート
地味ながら3番手としていい仕事をして1TDも記録しています。
3番手は期待の大型ランナー #28 Taiwan Dealが控えます。


FB
1 #34 Derek Watt(Sr)
2 #20 Austin Ramesh(So)

ご存知Watt家次男 BadgersのOFの核 Derek Wattがスターターであります。
今シーズンはTEの位置に入ったりバリエーションのある練習をしていたようなので、ますますモーションからの多彩なプレーの
キーとなることでしょう!
控えのRameshは昨シーズンWattの怪我の時に見事に代役をこなした奇態な若手であります!
パスキャッチもいいものを持ってるんですよね~
3番手には安定の#26 Derek Straus(Sr)
FBのデプスの厚さはおそらく全米1ですねw

WR
1 #86 Alex Erickson (Sr)
#3 Tanner McEvoy (Sr)
2 #16 Reggie Love (Jr)
#15 Robert Wheelwright (Jr)

昨シーズン大ブレークしたEricksonと昨年の開幕QB McEvoyがスターター
EricksonはサイズもスピードもそれほどないのですがルートどりとPAでのフリーになるのがうまく
キャッチの集中力も素晴らしいものがあります。
McEvoyは6-6のスーパーアスリート
Fall Campでも素晴らしい動きだったようで、パスアタックのキーマンとなりそうであります。
控えはスピードスターLoveと昨シーズンから好調と期待値の高いWheelwright
そして、ブロックの鬼#9 Jordan Frederick(Sr)も忘れてはいけませんね!


TE
1 #46 Austin Traylor (Sr)
2 #81 Troy Fumagalli (So)

ランブロックは一級品だけどパスキャッチがちょっと~のTraylorが先発
昨シーズンもキャッチは点でダメだっただけに心配ですが成長に期待していますw
一方 Fumagalliは昨シーズンFrながら要所で素晴らしいキャッチを魅せていましたので要注目であります。
2TEを多く使いますのでシーズン中若手がここにどんどん入っていって底上げしてほしいですね~

OL

LT #61 Tyler Marz (Sr)
LG #63 Michael Deiter (Fr)
C #70 Dan Voltz (Jr)
RG #62 Walker Williams (Jr)
RT #74 Hayden Biegel (So)


昨シーズンまでの先発がLTのMarsとCのVoltzだけで、大幅なメンバーの入れ替えのあるOLユニットですが
今シーズンもなかなか強力なメンツがそろっていると思います。
注目はRTのBiegel ええ、火の玉小僧OLB#44 Vince Biegelの弟君でございます。
Fall Campでは怪我がちだったようですが見事スターターを獲得。ポテンシャルが非常に大きい選手だと思います。
昨シーズンもちょいちょい出てましたし要注目であります。

残念ながら長年OLの控えとしてチームに大きく貢献してきたGの#71 Ray Ball (Sr)はスターターを奪えませんでしたが
彼が控えにいることは非常にチームとして心強いと思います。
あと控えで注目はハワイから極寒の地に来てしまったwGとCの控え#75 Micah Kapo(Fr)ですね~
寒さに負けず頑張れ!


DF

DE
1 #95 Arthur Goldberg (Jr)
#34 Chikwe Obasih (So)
2 #93 Jake Keefer (Sr)
#57 Alec James (So)

先発は昨シーズンよりイケイケなプレーで将来性を買っているObasihと昨シーズンはNTでDLのタックルリーダーGoldbergのコンビ
控えのJamesも昨シーズンFrながら多くのプレーに参加しており遜色ないと思います。

NT
1 #94 Conor Sheehy (So)
2 #92 Jeremy Patterson (Fr)

昨シーズン開幕のLSU戦 Zagzebskiの怪我によりTure Frながらプレイした期待のルーキー Sheehyが2年目にして見事にスターターを獲得!6-4 272とちと軽量ですがスピードとテクニックで勝負していってほしいですね
対照的に控えのpattersonは6-3 335といい置石っぷりですw
うまい具合にローテーションして使っていってほしいですね。

OLB
1 #47 Vince Biegel (Jr)
#58 Joe Schobert (Sr)
2 #41 Jesse Hayes (Sr)
#48 Jack Cichy (So)



3-4のOLBだったら全米トップクラスだと思っているこのユニット
昨シーズン同様火の玉パスラッシュのBiegelともとSFでパスカバーもラッシュもそつなくこなすSchobertのコンビは健在
観ていて安心感とドキドキ感を与えてくれる素敵なコンビであります。
控えのHayesも経験十分で頼もしい限りであります。
Connellyは高校時代QBの選手で見事にデプスに名を連ねました!
どんなプレーするか地味に楽しみな選手であります。

ILB
1 #32 Leon Jacobs (Jr)
#53 T.J. Edwards (Fr)
2 #43 Ryan Connelly (Fr)
#50 Chris Orr (Fr)

先発総入れ替えのILBですがスプリングゲームで活躍したEdwardsが見事にスターターを奪取。
Jacobsは昨シーズンTrotterが怪我をした時、先発し12タックル1.5サックと大暴れしたので何の心配もしておりません。
このブログでも何度か紹介しているのですが、Fr時代スプリングゲームで独走状態のGordonに後ろから追いついた脅威のスピードを持っております。その時から注目していた選手が遂にスターターとは感慨深いものがあります。
Fall CampでJacobsとEdwardsが怪我で離脱したため、2番手のFrのConnellyとOrrがファーストチームで多くプレーし
経験を積んだことも先発の二人が復帰した今だから言えることですが非常に良かったと思います。
Connellyは高校時代QBの選手でWalk-onで入学。Fall Campでの活躍が認められ先日見事に奨学金をゲットしております!
どんなプレーするのか楽しみですね~

CB
1 #5 Darius Hillary (Sr)
#8 Sojourn Shelton (Jr)
2 #25 Derrick Tindal (So)
#12 Natrell Jamerson (So)



こちらもOLB同様昨シーズンのスターターがそろって残るトップレベルのユニット
昨シーズンDFで一番成長したのはHillaryだったと思います。
相方のSheltonはFr時代ほどのインパクトは残しませんでしたが、やはりいいカバー技術は持ってるんですよね~
今シーズン再ブレーク必死です。
控えには昨シーズンFrながらちょいちょい出ていて、ちょいちょいいいカバーを魅せていたTindalとWRからコンバートしたJamerson
6-0といいサイズでスピードがありまくりなので今シーズンの成長が期待されますね!

SS
1 #7 Michael Caputo (Sr)
2 #14 D’Cota Dixon (So)

Caputoについてはもう何も言うことはありませんw彼が全米No1 SSだと私は思っていますし。
控えのDixsonは昨シーズン3試合出場しましたがその後怪我でシーズンアウト
非常にいいヒットをする選手でFall CampでもCaputoから多くのことを学ぼうと必死にプレーしているという記事を観ました。
楽しみな選手の一人です。

FS
1 #19 Leo Musso (Jr)
2 #31 Lubern Figaro (So)


Twitterやブログでいろいろ話題に上げさせていただいたMussoが見事にスターターを勝ち取りました!
非常にポジション取りのうまい選手でフイルムスタディを凄いしているみたいですね~
ボールがどこに行くかわかる第六感を持っているとCaputoも絶賛だそうです!こりゃ楽しみだ!
控えは昨シーズンTure Frながら開幕スターターを奪ったFigaro
シーズン前半はカバーミスも見受けられましたが後半は非常に安定していたので今シーズンも期待しています。
4-2-5も多く引くのでSF陣は層が厚いに越したことはありません。

P #90 Drew Meyer (Sr)
Frから全試合パントを蹴り続ける職人域に達したベテランでございます!

K #10 Rafael Gaglianone (So)
ご存知ブラジリアンキッカー!また肥えたみたいですがwダンスのキレは失ってないと思いますw

デプスに名を連ねていない選手でもシーズン中にどんどん台頭してくる選手はいますよね
これもカレッジフットボールの魅力の一つだと思います。
今年もどんな選手が頭角を現してくるか楽しみですね~

それでは今回はあまり興味のないマニアックな記事でしたが、これはもう自己満足の世界なのでwなんかすいませんw

Are you ready? Go! Badgers!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。