カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


実力の違いをみせつけられたんだ・・でもたくさんの光はみえたんだ

開幕週、ここぞとばかりにすべてを犠牲にしてw観まくってやりましたよw
ただこれを続けると廃人決定なので、今週からは普通の日常に戻していかなければなりませんね~
ただNFLも開幕するそうですよ奥さん・・・

それでは私が観た試合の感想をちらっと

TCU 23 - 13 Minnesota(MINN)

TCUの強さっていうよりMINNのDFの強さを感じた試合でしたね。
DB陣の層の厚さはもちろんなんですが、LBもシチュエーションにより多く入れ替えそれが成功していた印象です。
ILB #12 Cody Poock(So)のパスカバーは素晴らしく今後用注目の選手に感じました。
そしてOLB #20 Julian Huff(Ture Fr)は素晴らしいラッシュを多くみせ、かなりいい選手に映りました。
ILB #26 De'Vondre Campbell(Sr)は相変わらずいいですし、ILBでもOLBでも自在にこなせるあたりが素晴らしい。
LB陣はかなりいい選手がそろっていますね。
DB陣はCB #29 Briean Boddy-Calhoun(Sr)がニッケルに入り#5 Jalen Myrick(Jr)が大外に
このMyrickがなかなかいいカバーを魅せていたことがMINにとっては収穫になったのではないでしょうか
Boddy-CalhounをニッケルにおけることでスプレッドOFに対していろいろ仕掛けやすくなったと思います。
もう一枚の大外#31 Eric Murray(Sr)はやっぱいいですね~タックルミスでTDを取られたプレーもありましたが
ランサポート、パスカバーとも高いレベルを持っていると思います。

TCUのDFは悪くはなかったですが、やはりちょっと例年と比べると見劣りする印象でした。
噂のTure Fr ILB #34 Mike Freezeは動き自体はよかったのですが、さすがにまだ線が細く、苦戦していましたね
ただ、かなり魅力的な選手でありこの先の成長が楽しみですね。
DE #90 Terrell Lathan(Sr) FS #26 Derrick Kindred(Sr)はさすがの動きでした。
核となる選手がいるのでシーズンを通じてまだまだDFはよくなっていくと思います。

両チームともOFは割愛w

Stanford(STAN) 6 - 16 Northwestern(NW)

NW DFが素晴らしい出来で、見事なアップセット
ILB #18 Anthony Walker(So)はやっぱ本物ですね~
相変わらずボールのある所に必ず現れます。パスカバーもいいですし要注目
SF #2 Traveon Henry(Sr)も相変わらず素晴らしいランサポートで良いですね~

OFは新スターター#18 Clayton Thorson(Fr)がどうなのか注目してみていましたが
パスはまだまだな感じがしますがランはそこそこいい感じでしたね。
昨シーズンを怪我で棒に振ったWR #14 Christian Jones(Sr)が戻ってきたのが大きく
新スターターの頼れる存在となってました。
このホットラインがよくなっていけばバランスのいいOFになっていくと思います。
RBでも#21 Justin Jackson(So)が今年も絶好調で28回134ヤードとなかなかの数字でした。

STANはいいところなく終わってしまいましたね。
最後のシーズンに懸けるQB #8 Kevin Hogan なかなか過去のようなパフォーマンスを魅せれず苦しんでいますね
注目していたRB #5 Christian McCaffrey(So)もこの試合はNW DFにやられ思うように走れなかったですね。

DFではILB #4 Blake Martinez(Sr)は流石といったところ
安定のプレーでランパス共に素晴らしい反応を魅せていました。

UTEP 13 - 48 Arkansas(ARK)

ARK強いわw何がってOLが
1人ヒマラヤ山脈RT #70 Dan Skipper(Jr)筆頭に
LT #55 Denver Kirkland(Jr)
LG #73 Sebastian Tretola(Sr)
C #65 Mitch Smothers(Sr)
RG #72 Frank Ragnow(So)
この五人が繰り出すガチムチなハーモニーは最強ですねw
そこにRB #3 Alex Collins(Jr)が相変わらずのスピードで突入するんですからこりゃなかなか止まりませんがな
FBとTB兼任の#24 Kody Walker(Sr)は力強い走りで迫力満点
今シーズンのワンツーパンチも強力であります。
そこに、大崩れしない堅実パサーの#10 Brandon Allen(Sr)のパスが
TE #84 Hunter Henry(Jr) WR #4 Keon Hatcher(Sr)に的確に配給される、非常にバランスの良いOFに仕上がってますね。
Brandon Allenは過小評価されてると思いますね、非常にいいQBだと個人的に思っています。

BYU 33 -28 Nebraska(NEB)

ARKの試合が早く終わったので、今シーズンのNEBはどうかなと思って移動した試合ですが
いやーこれが熱かった~
逆転の連続のこの試合、BYUのQB #4 Taysom Hill(Sr)が怪我で退いて、こりゃBYU厳しいなーと思っていましたが
逆転をかけた最後のドライブ、QB #12 Tanner Mangum(Fr)が42ヤードのヘイルメリーを決め劇的勝利!
いやーライブでこうゆう場面に出会えることって素敵ですよね~
やっぱライブはやめられねえ!

しかし落としどころ絶妙だな~

Ohio State(OSU) 42 -24 Virginia Tech(VT)

OSUが簡単に2TDを取り、やっぱ強えな~
と思ってた矢先、VTが昨シーズン同様、粘りのプレーと的確なコールで追撃
前半は逆転し17-14とリードで後半を迎えます。
んがしかし、的確な判断で素晴らしいパスを決めていたQB #12 Michael Brewer(Sr)が強烈なヒットを受け鎖骨骨折でアウト
控えQBではOSU DFを打破することができず、後半は大きく引き離されてしまいました。

VTではやはり3rdロングのシチュエーションなのにHBの位置にほぼ入るFBでお馴染みの#45 Sam Rogers(Jr)
が良かったですね。
カットもお上手ってどういうこと?w
51ヤードTDキャッチを含む66ヤードを獲得し、チームのリーディングレシーバーですw

VT DFは出出しやられましたがその後はOSUのミスもありましたが前半は非常にスピードがあり素晴らしかった
後半力尽きてしまいましたね。

で、OSUですが、#1 Braxton Miller(Sr)
素晴らしかった、実際ちょっと泣いたよね
OSUなんてチームは、全然好きじゃないし、どっちかってゆうと憎いし、決してスキの裏返しとかじゃないし
でお馴染みのチームですけど
ライバルチームですけど
でも、ぼか~Millerが好きだ
こればっかりはしょうがない
Frのデビューからずっと観ている選手
パスがでたらめで走ることしかできないって言われてた漢は
年々パスの精度を高め
1流のQBの仲間入りをしようとしていた
しかし昨シーズン肩の怪我でシーズンアウト
そのシーズンに2人のQBが素晴らしい活躍で全米制覇
トランスファーの噂も立ったが、漢はOSUに残ることを決意
しかもコンバートも受け入れた
そして、あの芸実的なスピンでTD
控えめな男がいつもよりちょっと派手なガッツポーズ
あの瞬間、そりゃ泣くってw

おめでとうMiller
同じ漢として大分年下だけど尊敬するよ



うわっ前置きが長くなりすぎた!なんじゃこりゃ~

えーともう疲れたのでw
Badgersはどうだったのか、簡潔にw








Wisconsin(UW) 17 - 35 Alabama(BAMA)

悔しいけれど完敗でした。
力の差があったことは否めません
ただただ、強いと思いました。

開始早々UW SS #7 Michael Caputo(Sr)がBAMA RB#2 Derrick Henry(Jr)の足元にタックルに入り脳震盪でアウト
このプレーの直後、意識がもうろうとしてBAMAサイドにセットしてしまうほどで、これはもうこの試合厳しいなと思いましたが
やはりこのまま帰ってくることはありませんでした。
しかしサイドラインで鼓舞し続ける姿はチームリーダーとして素晴らしかったと思います。

代わりに入った#14 D’Cota Dixon(So)も気合の入ったプレーをしており、Caputoがいなかったのは大きいですが
それが直接敗因につながったとは個人的に思っていません。

DFは序盤からアグレッシブに仕掛けていきました。
正確に言うと仕掛けなければ止められない、それほどBAMA OFは強力だったと思います。
結果RB#2 Derrick Henry(Jr)にビックゲインを許し、的確にパスを決められてしまいましたが
最後まで攻めのDFを貫いたことに意味はあると思います。
ヘビープレッシャーをかけ続ける中でのCB #8 Sojourn Shelton(Jr)の執念のカバーの連続
あと一歩のところで届かなくても常に全力でブリッツし続けるILB #53 T.J. Edwards(Fr)
Caputoが退場しても同じシニアとしてプレーでチームを引っ張ったOLB #58 Joe Schobert(Sr)
たくさんの課題はありましたが、たくさんのいいプレーもあった
ひとつひとつ課題を乗り越え、まだまだ強いDFになれる力があると信じています
若い選手も開幕戦から大きな経験を積めたのも大きいと思います。

BAMA OFは先発QBは#14 Jake Coker(Sr)
丁寧なプレーでPA中心に落ち着いてパスを通していました
Florida Stateから出場機会を求めてトランスファーした選手で、試合でプレーすることに対して貪欲な姿勢がプレーにつながっていたと思います。

RB#2 Derrick Henry(Jr)は素晴らしいですね。
パワースピード申し分ないですし、パスプロも素晴らしい
そして怪我から戻ってきた#17 Kenyan Drake(Sr)
スピードがありパスキャッチがうまくいいアクセントになってました
ある意味Henryより守る方は気を遣う選手だと感じました。いい意味で曲者感大きいですね。

WRでは#3 Calvin Ridley(Fr)が良かったですね。
難しいボールも難なくキャッチしてしまう補給力が素晴らしかったです。
スピードもありそうでしたしこの先いい選手になっていきそうですね。

そしてOL
C #70 Ryan Kelly(Sr) はやはり非常にブロックがうまかった、ホールを開ける動作がスムーズというか体の入れ方がうまい選手ですね。
そしてLT #75 Cam Robinson(So)
何なのこいつwえげつないブロックの連続でしたね。どこまで押すのってゆう感じw
いやはや末恐ろしい男ですわ~

UW OFは予想に反して3人のRBをローテーションしてきました
#6 Corey Clement(Jr) #23 Dare Ogunbowale(Jr) #28 Taiwan Deal(Fr)
3人合わせて49ヤード
長年UWの試合を観てきてここまでランが出ない試合は観たことがなかっただけにショックはデカかったですね。
Clementが脛の怪我に悩まされており万全な状態でなかったため3人で回したそうであります。
ただ、数字は出ませんでしたがOgunbowaleはパスキャッチからのRACでいいところ魅せましたし、インサイドの力強いランもありました。
Dealはサイズを生かした持ち前の中央ゴリゴリでフレッシュを取る頼もしいプレーがありました。
例年に加えて控えが手薄との評価ですが、2人とも自分の持ち味は出したと思います。
どんどん経験を積んで頼もしい存在になってくれると思います。
Clementに関してはまず怪我を治し、万全の状態に持っていくことを最優先に考えてほしいですね
実力は申し分ない、それはわかっていますので。

パスOFは非常に良かったと思います。
ランが出なくてパスばっか投げて数字が出たという感じではなく、プレーを組み立てながらのパスが機能していたという感想です。

QB #2 Joel Stave(Sr)はPA中心に8人の選手に投げ分け39回26成功 228ヤード 2TD 1INT

無茶投げでTOという悪いところが全く出ず、落ち着いてターゲットをみて見事な投げ分け
スローバックに多く投げていた印象はありますが、それでいいリズムにつながったとも思うので問題はないと思います。
WRは#86 Alex Erickson(Sr)がいいルートランで裏を取り続けいいキャッチの連続
#15 Robert Wheelwright(Jr)も高さを生かしたプレーでTDを決め今シーズンは期待できますね。
そして、さんざんキャッチングが不安と嘆いておりましたTE #46 Austin Traylor(Sr)が遂に覚醒!
3回39ヤードで昨シーズンの記録3回24ヤードをなんとわずか1試合で抜いてしまいました!w
元々ブロックは素晴らしい選手なのでこりゃ今シーズンブレイクしまっせ!
さんざんキャッチが不安だっていってごめんよTraylor。がんばれ!
期待の#3 Tanner McEvoy(Sr)はターゲットにはなりましたが残念ながらキャッチはなし
まだ本調子ではないようですが、あの高さとスピードはやはり魅力的。
この先WRとしての経験を積んで伸びていってくれると思います。

OLは厳しい戦いになりましたね。
完全にBAMA DLに押し込まれ、ホールを開けることはできませんでした。
この悔しさをバネに成長していってほしいと思います。
まだ1試合目ですしこれからもっとコンビネーションを磨いていってユニットとして成長していってほしい
ランブロックは結果を出せませんでしたが、パスプロは非常に良かったですね。
そうここにも光はありました。

BAMA DFはDL迫力圧力満点。デプスが厚く、ローテーションで控えの選手が出てきても遜色なく感じました。
あ~恐ろしや~
LBでは#19 Reggie Ragland(Sr)は無論素晴らしかったのですが
#10 Reuben Foster(Jr) 非常にスピードがあり思い切ったプレーでいい味出してましたね
スペシャルチームでもガンガン突っ込んでましたし、いけいけないい選手だと思いました。

#4 Eddie Jackson(Jr)のSSのコンバートは個人的にはあたりだと感じました
元々ハードタックルが売りのCBでしたし、TEのカバーにも十分対応できるスピードがありますし
彼の成長がBAMA DFのカギを握っているような気がしますね。

楽しみにしていた開幕戦
正直、もう少しいい戦いができると思っていました
ここまで力の差があるとは思っていませんでした
正直ショックでしたし、愕然としました
でも試合を観ていれば、選手が全力を出していたのは当然わかります
痛いぐらいわかります
へこたれてなんかいられませんよね!

まだシーズンは始まったばかり
これからもっと楽しい試合をみせてくれると私は信じていますしワクワクが止まりません
愛すべきアナグマたち頑張っていこうぜ!

そして、プレーオフでもボウルゲームでもBAMAにリベンジするチャンスがあるかもしれない!
何年後でもいい!リベンジしてやろうぜ!

Go! Badgers!















スポンサーサイト


Comments

はじめまして
College Footを日本にいながら見る方法はないのかなあと、調べていたらこちらに行き着きました。
Texas A&Mファン、アンチTexasなので、SECとBig12を中心に見ています。今年のA&Mは守備がかなりよくなって、結構期待できますよ。
といっても、SECのWestはAlabamaを中心に層が厚いので、どうなるか全くわかりませんが・・・。

それでは、これからも楽しみにしています。
reveilleさんコメントありがとうございます!

Aggiesファンですか!私もTAMじゃないUTHAの方にあるAggiesのファンでありますw
SECの西はほんと大変ですよね、なんかあそこに凝縮されてる感がハンパないな~といつも思っていますw

DEのMyles Garrettはなんかすごいみたいなんで、今度じっくり観てみようと思っています。

ArkansasのOLとTAMのDLの対決楽しみにしてますね~

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter