カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


新たなスターたちの出現!2015秋

父さん、楽しい時間はあっとゆう間にすぎるわけで、富良野ではへそ祭りも終わり・・・

はい、Week2 終了でございます。

いや~各チーム新たなスターが誕生して、これからのシーズンがますます楽しみになってまいりましたね~

それでは、何試合か感想おば

Utah State(USU) 14 - 24 Utah(UTHA)

5年連続先発QB チャッキー率いるUSUですが、UTHAの総合力の前に敗れてしまいました。

UTHAはエースQB#7 Travis Wilson(Sr)が肩の怪我で2Qで退場と苦しい展開でしたが
控えの#1 Kendal Thompson(Sr)が見事に変わりを勤め上げました。
Oklahomaに2011~2013年まで所属していてトランスファーしてきた選手ですね。
左利きのデュアルスレットQBでなかなか面白い選手ですね。

RB #23Devontae Booker(Sr)は噂ではいろいろ聞いていましたが、今回初めてちゃんと見ました。
ええ、いいバックですね~
レーンを見つけるのがうまいし速い、ブロッカーも上手に使う
オープンに出た時のスピードもありますし、加速も一流ですね

んが、しかし!UTHAで一番イカシてたのはWR#18 Britain Covey(Ture Fr)ですね~
非常にクイックネスのある選手で、キャッチもうまく、すでにチームのメインターゲットになってますね。
PRもしているのですが、まーこいつフェアキャッチしないんですよwこの試合一回もしてないです。
まーいいか悪いかは別としてwこの攻め攻めのギラギラ感、嫌いじゃないですね~
4Qには30ヤードのビックリターンも決めております。

DFではタックルリーダーMLB#41 Jared Norris(Sr)
出足のスピードがピカイチなOLB#13 Gionni Paul(Sr)
オープンフィールドタックルがうまくカバーもなかなか良いCB#12 Justin Thomas(Jr)
といい選手がいましたね。

一方USU
チャッキーは1Qにラフィングザパサーの反則を受けたプレーで、相手のヘルメットが膝に入り、それからは足を引きずりながらのプレー
それでも、カモシカのような走りは健在で、パスのスピードも相変わらず速くシーズンアウト前と遜色なくプレーできてると
私の目には移りました。
ただ、パスの精度がまだ戻ってきてない感じは否めず、特に得意のランニングスローがまだまだといった感じでした。

RB陣はパワータイプの#32 Devante Mays(Jr) スピードタイプの#21 LaJuan Hunt(So)のコンビが良かったですね~
とくにMaysはガツガツ当たりに行くわたし好みの選手なのでこの先も注目していきたいと思います。

WRでは#3 Devonte Robinson(Sr)がスーパーキャッチの連続で素晴らしかった!

DFでは期待のOLB#9 Kyler Fackrell(Sr)は怪我明けからまだカン戻ってないのか、中途半端なプレーが目立ち
いまいちだった印象です。でも持ってるものは素晴らしいと思っているので、迷いなく思い切ってプレーしていってほしいですね。
ILB#41 Nick Vigil(Jr)はチームの核としてハイモーターでタックルもしっかりできていましたね、やっぱいい選手。
DB陣ではCB#13 Jalen Davis(So) SS#27 Jontrell Rocquemore(Fr)と若い選手が勢いがあって良かったです。

そして忘れてはいけないのがNG#51 David Moala(Sr) ペネトレイト番長ですね~
ガンガン割ってガンガンタックルしておりました!



Oklahoma(OU) 31 - 24 Tennessee(TEN)

前半はTENペース。しかしTENのファンのクラウドノイズすごいわ!OUもこれでかなりやりにくそうだった。
で後半はぐだぐだな感じで進んでおりましたが4QにOUが覚醒するのであります。
17-3と前半終了時から動かなかった試合を4Qに2TDを上げ残り40秒で同点に追いつきOT突入。
追い上げた方に勢いがあり、2OTの末OUが競り勝ちました。

OUはやっぱWR#3 Sterling Shepard(Sr)素晴らしい。
同点のTDもOTの勝利を決めたTDも Shepardでした。
ちっちゃいけれど頼もしい男であります。
あとはOLB#19 Eric Striker(Sr)
パスカバーでもWRに張り付いちゃうんですからもう絶句ですわw

TENは昨シーズンFrとして経験を積んだSo達が噂通り、チームの中心として活躍してましたね~
LG#73 Jashon Robertson C#55 Coleman Thomasはかなり注目ですし
RB#1 Jalen Hurdは粘り強いランでゲインを重ねます。もうエースですね
WR#3 Josh Maloneも今シーズンブレイクの予感がします
DFではやっぱDE#8 Derek Barnettですよね~
奥さんこの試合15タックルですってよ・・ええ、彼しかもDLなんですよ
と近所の井戸端会議で今朝話題になってたような、なってなかったようなw


その他にもいい試合がたくさんあったWeek2でしたが、きりがないのでこの辺にしますw

ただこれだけはいっておきたいのです、MSUのOLB#23 Chris Frey(So) あいつやばい!超好みw

それでは、BadgersのHome 開幕戦!結果はいかに!






Miami (OH) 0 - 58 Wisconsin(UW)

ホーム開幕戦で今シーズン初勝利!
内容も素晴らしく、新たなスターがたくさん誕生しました!

エースRB#8 Corey Clement(Jr)は怪我の為やはり欠場
スターターは#23 Dare Ogunbowale (Jr)(おぐちゃん)
35ヤードTDを含む16回112ヤードと素晴らしい活躍でClementの穴をしっかりふさいでくれました!
おぐちゃんはパスキャッチもRACも良いので3rdバックとしても今シーズン活躍してくれそうで頼もしいです。
そしてもう一人ショートヤーデージをしっかりとり続けた#28 Taiwan Deal(Sr)の存在も忘れてはいけません。
スーパーゴリゴリ級ではまだないですが、粘りのあるランでしっかりフレッシュをとり、G前でも強さを発揮し2TDの大活躍でした!
もっとビルドアップすればJohn Clayみたいになるんじゃないかな~って楽しみでなりませんね~

QB#2 Joel Stave (Sr)は好調をキープ
ポケットワークもよく、しっかり投げ分けもできてました。
バックショルダーもピンポイントで決めてきますし
もうこれは本物ですね~ポケットパッサー好きの皆さんは要チェックですよ~
しかしまあ、最近ではポケットパッサーの方が少ないんですから、時代の流れを感じますね。

そしてこの試合のヒーローはWR#15 Robert Wheelwright (Jr)
昨シーズンFall Campで調子がいいという情報がありましたが、ほとんど出番なし
今シーズンはかなりのプレイタイムをもらい見事に結果を出していますね!
6回79ヤード2TD レッドゾーンで強さを発揮する頼もしい存在です。
#86 Alex Erickson (Sr)に頼り切っていたWR陣ですが、今シーズンは他にも#11 Jazz Peavy(So)もこの試合良かったですし
層が厚くなってきてますね。
そして、パスキャッチ覚醒のTE#46 Austin Traylor (Sr)が30ヤードのTDキャッチを魅せてくれました!
Srにしてキャリア初!
泥臭くブロックし続けた男が光を浴び始めております!
地味にこの試合一番テンションが上がったのはこのプレーでしたね~

そして、WR#3 Tanner McEvoyも3回27ヤードと頭角を現し始めましたよ~
やはりスピードと高さがありますのでひょっとしたらすごい選手になると思うんですよね
でもって、この試合DFは4-2-5でSFを3人入れることが多かったんですがほぼDFでもでとりました。
んでもって見事なINTも決めております。
も~すごいんだから~

DFはSS#7 Michael Caputo (Sr)が先発として戻ってこれたのが大きかったですね!
やっぱCaputoいるとDFが締まりまくります。

そして新たなスターが登場!そうですFS#19 Leo Musso (Jr)です!
Fall Campで絶好調だったという情報はお伝えしましたが、ボールホークっぷりを発揮し2INTでっせ!

一つ目はCaputoがチップした球を見事にキャッチ、2つ目は見事な寄せでしたね~
Mussoの登場により今シーズンのUWのDBに死角はなくなりましたぜ!
ここ2試合#8 Sojourn Shelton(Jr)がかなり安定したカバーを魅せているのが嬉しいですね~
いいCBですが今までは反則ややられるときのやられっぷりがある意味男らしすぎたwんですが
今シーズンは安心してみてられますね。
3人目も昨シーズンちょいちょい経験を積んだ#25 Derrick Tindal (So)がこの試合いいカバーみせてくれたので心強いです。

OLB2人はもう暴れまくりでゆうことなし、開幕戦ちょっと元気がなかったILB#32 Leon Jacobs (Jr)は自慢のスピードを生かした
高速ブリッツでサックも上げ、らしさを取り戻したようで安心しました。

攻めのDFで見事に完封。
この調子で昨シーズンを超すDFに成長していってほしいですね!

あっあと、相手がパントマフった時リカバーしたのはLSの#60 Connor Udelhoven (Jr)でした!
うちのLSすごいよねw実はめちゃくちゃ足速かったりしてw

Miami(OH)ではDE#91 JT Jones(Jr)がスピード、パワー共にあって良かったですね
テクニックが身につけばすごい選手になりそうな予感です。

それでは勝った時だけ公式が作ってくれるハイライトでお別れです!
これが私にとって最高のご褒美だったりしますw

お疲れ!Badgers!


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter