カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

故郷に錦を飾るのさ

アロハ~北の大地は日も短くなり朝晩冷え込んでまいりました。

さ~例年恒例の興味の湧く試合があまりないWeekとなってしまいそうな勢いのWeek4です!

いやはやなんですかね~ちょっとパンチのある試合が私の中でないかなという感じです。
でもそんなことも言ってられないので、何試合か紹介いたしますね!

Northern Illinois(NIU) @ Boston College(BC)

共に先週NIUはOhio State(OSU) BCはFrorida State(FSU)に敗れはしたものの
非常にいいDFで先シーズンと先々シーズンの王者を苦しめたチーム同士の対決になります!

注目選手は
NIU CB#19 Shawun Lurry(So)


BC DE#8 Harold Landry(SO)


UCLA @ Arizona(ARI)

非常に残念なニュースがひとつ
UCLAのLB#30 Myles Jack(Jr)が練習中に膝を怪我しシーズンアウトとなってしまいました。
もう手術は終わっているようですね。
Frから活躍し、運動能力の高さからRBとしても活躍してこともありました。
大好きな選手なため非常に残念であります。
開幕戦で負傷退場したARI LB#33 Scooby Wright(Jr)が今週練習に復帰し、この試合出るかもしれないとのことで
現時点でカレッジトップクラスのこの2人の対決を楽しみにしていただけに残念であります。

ただ、混戦模様のPAC12において序盤ですが全勝同士のこの対決はやはり注目ですね。
ARI QB#12 Anu Solomon(So)
先発2年目となる今シーズン、好調なスタートをきっております。


加えてRB#28 Nick Wilson(So)がシーズンしょっぱなから大活躍でございます。
3試合ですでに434ヤード アベレージが7ヤードというのはやばいですよね~
サイズはないですがLOSを抜けるスピードが抜群であり、あたりも強く人に強いいいバックであります。


この2人のSoが勢いに乗り、HCのRich Rodriguezの戦術とリンクすることにより
OFが爆発するシーズンとなりそうな予感ですね。

対するUCLAのQBはTure Frながら見事に先発を奪い開幕戦で350ヤード投げ成功率80%しかも3TDパスも決める
という華々しすぎるデビューを飾った#3 Josh Rosen
先週はBYU相手に勝ちはしましたが3INTと精彩を欠いてしまいましたが
ポテンシャルは恐ろしいくらいあると思いますので大事なカンファレンス対決初戦
どのように持ち直してくるか注目であります。


新人QBを支えるたのもしいRB がUCLAにもいますね
#24 Paul Perkins(Jr)
BYU戦ではパスOFが苦しい中26回219ヤードの大活躍でありました!
スピードがずば抜けている選手ではないのですが、とにかく上手い
インサイドの抜け方もオープンのまくり方も上手い
ブロッカーの使い方もカットも無駄な動きがなく上手い
スクリーンからの走りもうまい
技巧派のいいランナーですね~


どちらのOFがリズムを奪うのか、その辺に注目していてはいかがかなと思います。

それではノンカンファレンス最終戦!Badgersの相手は!

Mountain West所属のHawaii Rainbow Warriorsをホーム Camp Randall Stadiumに迎えます!

OFはピストルからのパスアタックが軸となっております。
QB#13 Max Wittek(Sr)
2011~2013年までUSCに所属していた選手です。
Hawaiiにトランスファーし2014シーズンはプレーできず今シーズン開幕から先発しています。

WR陣になかなかいい選手がそろっていますね
#14 Marcus Kemp(Jr)は6-4と長身で高さが武器、フィジカルも強くRACもいいものを持っております。


#5 Quinton Pedroza(Sr)は競り合いに強くキャッチ脳力抜群
スロットに入る#23 Dylan Collie(Fr)はサイズはないですがスピードがあり曲者ですね~
もう一人のFr#9 Devan Stubblefieldも先週の試合で100ヤードを超えており要注意であります。

そしてRB#29 Paul Harris(Jr)
彼のスピードあるランがアクセントとなっております。

DFは3-4
DLとLBはかなりの頻度で選手を入れ替え常にフレッシュな状態を保っていますね
して個性的な選手がたくさんいて、なかなか面白いんですよね~

DE#93 Luke Shawley(Sr) #97 Meffy Koloamatangi(So)サイズスピードともなかなか良くいいラッシュを仕掛けてきます。
OLB#17 Lance Williams(Sr)はパスカバー、ランサポート、パスラッシュとマルチに活躍
先発ではないんですがILB#3 Simon Poti(Sr)は弾丸小僧でちびっこなんですが良いタックルとパスカバーをしますね
CB#1 Ne'Quan Phillips(Sr)もちびっこなんですがめちゃくちゃアグレッシブなランサポートが魅力の選手
OSU戦では8タックル決めております。
SS#15 Daniel Lewis Jr(So)はスピードある選手でブリッツもうまいですし、パスカバーもなかなか
オープンフィールドタックルのうまい期待の若手ですね
控えのSF#30 Gaetano DeMattei(Sr)もアグレッシブな選手で気になる存在です。
スター選手はいないかもしれませんが、全員で止める感のある素敵なDFだと思います。

そしてSPチームになんか気になる選手が一人
WR#12 Keelan Ewaliko(So)
WRとしては今シーズンスタッツはまだ残していないんですが、開幕戦でパントブロックし自らリカバー
ガンナーやラッシュで良いタックルをしているんですよね~
かなりいアスリートっぽいのでちょっと注目していきたい選手ですね~


今朝、残念なニュースがBadgersのエースRB#6 Corey Clement(Jr)がスポーツヘルニアの手術をうけ4~6週間アウト
となりました。
今週戻ってくるかもという情報もちらほらありましたが、手術に踏み切りましたね。
まだ若い選手、無理せず完全な状態になってから戻ってきてほしいですね。

そしてこのHawaiiとの対戦に燃える一人の男が
OG#75 Micha Kapoi(Fr)
以前も紹介しましたが、UWのRosterで唯一のネイティブハワイアンの選手なのであります。
なぜ極寒のウィスコンシン州へw
先週、RG#62 Walker Williams(Jr)の怪我でRGとして初スターターに抜擢されたKapoi
いいプレーをしていたため今週もスターターの可能性があります!
HawaiiにコミットしていながらBadgersに行くことを決意した男は高校時代一緒にプレーした選手や対戦した選手との対戦を楽しみにしているようであります。
成長した姿をぜひ見せてほしいですね!
故郷に錦を飾れ!極寒の地に立つハワイアン!

それでは今回はこの辺で!

Go!Badgers!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。