カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

同地区のあいつらとの熱い戦いが今年も始まる

10月突入のWeek5でございます!

いや~先週とは打って変わって興味のある試合が多いですね~
しかも気になる試合の時間がBadgersの試合とかぶりまくり出んがな
やっぱライブで観れるときはライブで観るのが最高なんですが
同じ時間帯やってる試合は情報遮断が難しいですよね~
不意にやってくる途中経過はとっさに目を背けるのは難しいですもんねw

ちょっと今週は絞り切れなかったのでざっと紹介します!

West Virginia(WVU)@Oklahoma(OU)

混戦模様のBIG12の注目カード
TCUがTexas Tech(TT)に先週大苦戦
実力的にも拮抗していて今シーズンももつれそうなBIG12
個人的にWVUがカギを握ってると思うんですよね~
Baylor TCUとの直接対決も残っていますしOUを下して勢いに乗るとますます面白くなりそうな感じですね~
注目はもちろんWVU SS#8 Karl Joseph(Sr)


Minnesota(MIN)@Northwestern(NW)

いやはやはやくもBIG TEN Westの注目チームの対決であります!
両チームとも対戦がありますし、チャンピオンシップに進むためには倒さなければならない相手
今シーズンDFが好調なチーム同士ですのでしまったいい試合になりそうで楽しみであります!
注目はNW MLB#18 Anthony Walker(So)


Ohio State(OSU)@Indiana(IND)

昨年度王者のカンファレンス対決初戦の相手はIND
接戦をものにし、4連勝と勢いに乗るINDは今シーズンも破壊力抜群のOFを持っていますね~
QB#7 Nate Sudfeld(Sr)とWR#4 Ricky Jones(Jr)のホットラインがOSU DFにどこまで通用するのか興味があります。
注目はUABからやってきたIND RB#8 Jordan Howard(Jr)
現在4試合連続100ヤード越えでございます!


Alabama(BAMA)@Georgia(UGA)

SECといえばWestばかり注目されがちですがEastでここ最近孤軍奮闘しているUGA
憎きWestのBAMAに勝ってSECはWestだけじゃねえぞ!と狼煙を上げたいところですよね~
BAMA #2Derrick Henr(Jr)と UGA#8 Nick Chubb(So)のRB対決も熱くなりそうな予感
注目選手はRG#73 Greg Pyke(Jr)
大型のGでUGAのランのキーマン
BAMA DLとの対決が楽しみですね~


Chubbのハイライトですが#73中心に見てみてくださいw


その他にも
Air Force@Navy
Texas Tech@Baylor
Boston College@Duke
Ole Miss@Florida
Notre Dame@Clemson
あたりも注目なんですよね~

あ~時間が足りませんねw

それでは今週のBadgersのカンファレンス対決初戦の相手は!

Iowa HawkeyesをホームCamp Randall Stadiumに迎えHeartland Trophyをかけたライバリー対決であります!

Iowa OF
昨シーズンのエースQB Jake Rudockは最後のキャリアをMichiganでプレーすることを決め、見事にスターターを獲得しています。
Rudockのトランスファーの要因となった一つが現エースQB#16 C.J. Beathard(Jr)の存在がありますね。
肩も強いですしスモールウインドウに投げ込むコントロールもあります。
そしてスクランブル能力も高いんですよね

今シーズンのIowa OFは2TEやプロ体系からのランプレーももちろん多いのですが
5WRセットのようなRudockのパスを前面に押し出したコールも多くなっています。

TE#80 Henry Krieger Coble(Sr)はルートどりとキャッチが確実、かつブロックもいいという理想的なTE
もう一枚の#46 George Kittle(Jr)も遜色ない選手でこの2人はOFのキーですね。
WR#4 Tevaun Smith(Sr)は相変わらずスピードキャッチ力抜群でディープを脅かす存在

それに加え今シーズンブレイクのスロット#89 Matt VandeBerg(Jr)がクイックネスある動きで
色々な使われ方をされてメキメキ実力をつけてきています。

RB#33 Jordan Canzeri(Sr)は突出した能力はありませんが
ホールの抜け方がうまくゾーンブロックにあったいいRBですね。
そして地元がWisconsinのFB#42 Macon Plewa(Sr)の強烈なブロックは今年も健在であります。
OLもC#63 Austin Blythe(Sr)中心にいい選手がそろっています。

昨年の試合で絶好調だったBadgers DFは前半ランをきっちり止め非常にいい感じでしたが
後半パスアタックを止めれず、スクランブルとパスで追い上げられ最後まで対応できませんでした。
非常に厳しい試合だったと今でも思い出します。
この試合は序盤からパスで来る可能性もありますし、去年のリベンジを果たすべく
きっちり対応してほしいと思います。

DFのキーマンはSS#7 Michael Caputo (Sr)
昨シーズンはラッシュがなかなかかからず、カバーを厚くし、スクランブルで崩されました
おおそらく対スプレッドOFの時と同じく、シチュエーションによりCaputoがQBスパイする回数が多くなると思います。
的確なオープンフィールドタックルを持つ彼がきっちり止めれば、Iowaは打つ手がなくなるはずです。

Iowa DFは4-3

DE#95 Drew Ott(Sr)は注目のパスラッシャーで評価も高い選手ですが
私的には逆サイドの#34 Nate Meier(Sr)の方が好みなんですよね~
泥臭く粘りのラッシュと最後までキャリアーを追いかける姿がキュンとしちゃいますねw
この両DEは強力であります。

LBは昨シーズンFrン柄スターターを獲得したMLB#43 Josey Jewell(So)
OLB#36 Cole Fisher(Sr)のコンビがアグレッシブに動き回ります。

でDBがいいんですよね~
ランサポート抜群のFS#27 Cole Fisher(Sr)
そして、去年から注目していて厄介な選手になるだろうな~と思っていた
CB#14 Desmond King(Jr)ですが、私が思って退場に厄介な選手になってしまいましたw
Week3のPittsburgh戦
カレッジ界でトップクラスのWRである#23 Tyler Boyd(Jr)へのパス2本をインターセプト
素晴らしいマンカバーを披露しました。


OFのキーマンはWR#11 Jazz Peavy(So)と#3 Tanner McEvoy (Sr)
昨年の試合同様、Iowaは徹底的にランを止めに来ると思います。
CBもいいのでWR#86 Alex Erickson (Sr) #15 Robert Wheelwright (Jr)のマークがきつくなると予想されます。
そこで最近スロットでいい動きをしているPeavyとMcEvoyの高さを生かしたいところです。

いや~今年のIowaもこれは強いですね~

非常にタフなフィジカル対決になると思いますが、自分たちのパワーフットボールと
アグレッシブDFを貫き、ゴリゴリの極致を魅せつけてやろうではありませんか!

Go!Badgers!


スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。