カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


崖っぷち

いや~波乱含みのWeek5となりましたね~

まずはOll Miss(MISS)がFlorida(UF)に完敗
MISSのOLが怪我人続出のようでUFのDLにやられまくりでしたね。
UFのOLB#40 Jarrad Davisが目に付きましたね
スピードフィジカル共にそろったいい選手だと思いました。

あとはやはり噂のCB#1 Vernon Hargreaves(Jr)
いいカバーしてましたね~初めてちゃんと観ましたが、いい選手ですね

逆サイドのCB#6 Quincy Wilson(So)もいい選手でこの先ちょっと楽しみな選手ですね~



あとは、UCLAがArizona State(ASU)に敗戦
GeorgiaがAlabama DFの完全に抑えられ敗戦
Notre Dameは終盤もの凄い追い上げましたがClemsonが逃げ切り
となかなかなアップセットがありましたね。

個人的に気になったのはStanford(STAN)
開幕戦でNorthwestern(NW)に敗れた試合を観戦していて
こりゃ今シーズン厳しいかな~と思ってましたが、どんどん調子を上げていますね
Arizonaに完勝しております。
RB#5 Christian McCaffrey(So)がどんどん頭角を現し、注目していたので嬉しいですね~


でそのSTANに勝っているNW
Minesota(MIN)相手に完封勝利で全勝をキープ
この試合はまだ観ていないのですがやはりDFがかなりいっぽいですね。
両チームともこれから対戦があるのでチェックしないとですね。

同じくBIG TEN West対決のNebraska(NEB)@Illinois(ILL)はILLが
残り時間1分のドライブをTDにつなげ大逆転勝利!

最近BIG TEN内もチームの力が拮抗してきていて、大変面白くなってきてますね~

その象徴だったのが
Ohio State(OSU) 34 -27 Indiana(IND)

INDといえばここ数年ドアマットなチームの印象しかありませんでしたが(INDファンの方すいませんm(__)m)
イケイケなOFで昨シーズン Missouriにアップセットをくらわすなど私の中でちょっと熱いチーム
今シーズンも接戦をものにし4戦全勝で挑んだ王者OSUとの戦い。
前半はDFが素晴らしく、OSUのランを封じ10-6とリードで前半を折り返します。
しかし、後半エースQB#7 Nate Sudfeld(Sr)とRB#8 Jordan Howard(Jr)のOFの核が怪我でアウト
OFが苦しくドライブできない中、OSU RB#15 Ezekiel Elliott(Jr)が爆発し逆転され引き離されます

4Qで34-20と2本差つけられ、もう厳しいだろうなと思った瞬間
INDの控えQB#12 Zander Diamont(So)が79ヤードの見事なランで一発TDを決め7点差

ここでIND DFが奮起 !蘇るのであります!
OSUの攻撃を2連続3凡に抑え、OFに託すのであります!

OFもそれにこたえ、G前まで進みますが、最後のプレーでスナップが乱れ、パス失敗
惜しくも敗れる試合でした。

4:30からの試合はどれみるか迷いましたが、この試合チョイスしてちょっと得した気分でしたねw

あとはMichiga(MICH)が好調ですね~
初戦は今話題のUTHAに敗れましたがその後4連勝
ここ2試合は完封と絶好調でございます!
MICHの試合は今シーズンまだ観てないので何とも言えませんが今シーズン台風の目となりそうですね~
この先のNorthwestern、Michigan State、Ohio Stateとの対戦はかなり注目の試合となりそうですね!

それでは、Badgersの試合を振り返りたいと思います・・


Iowa 10 - 6 Wisconsin

カンファレンス対決初戦、白星を飾れませんでした
シーズン前半で痛い2敗目となってしまいました。

まずはOFですが、最初のドライブはまずまずいい感じでFG
しかしその後はTOの連続で、最後までリズムに乗れず全くダメだったといっても過言ではありませんでした。
INT2のファンブルロスト2 合計4つのTO
前半にとられた10点は共にTOから持ってかれた得点でした。

コールもランが出ていたにもかかわらず、焦って得点をしようと自然とパスのコールが多くなる
レシーバー陣のドロップが目立ちフレッシュが取れないと悪循環の連続
3rdコンバージョンは13-4と散々でした。

この試合でOFの悪いとこ全部出たと思います。
これ以上は悪くならないんだから、切り替えて次に向けてしっかり修正していってほしいですね。
今シーズンのOFは確かにビックネームはいませんがこんなものではないと信じていますよ!
頑張れOF!

DFは今シーズンってゆうか、今まで観てきた中でもトップクラスの出来だったと思います!
コンテインが甘くQBに走られた面やちょいちょいランを出された面はありますがほんと素晴らしかった!
後半はシャットダウン。
DB陣のカバーが素晴らしくカバレッジサックの連続
ラッシュもかけまくりIowa QB#16 C.J. Beathardに仕事をさせませんでした。

OFがTOを連続、ドライブも続かない中、素晴らしい集中力で何度も何度も止め、OFにたくし続けた
ほんとステキでしたね。

DL陣もDB陣も素晴らしかったのですが、この試合はやはりOLB #58 Joe Schobert(Sr)がひときわ輝いておりました!
TKL8 TFL2.5 FF2 Sak3 QBH5
大事な場面でのビックプレーの連続でほんと頼もしかった!
地元出身のWalk-onからのキャリアスタート
SFからOLBにコンバートし大ファンのVon Millerと同じ背番号を選んだ男は
コンバート2年目の昨シーズンスターターを奪い全試合先発
そしてシニアとなった最後のシーズン、Caputoと共にDFの核として素晴らしいプレーとリーダーシップでチームを引っ張ています。
この先も頼むぞ!Schobert!


Iowaではやはり要注意だったCB#14 Desmond King(Jr)が素晴らしかったですね
この試合も2INTと大活躍、ランサポートも良かったですね。
あとはDE#95 Drew Ott(Sr)
思ってた以上にラッシュのスピードがありました。オープンのランDFも非常に良かったです。

QB#16 C.J. Beathard(Jr)は後半こそ抑えましたが、前半はべた付きのDBにもかかわらず
ここしかないというバックショルダーを何本か決め
思い切りの良さとコントロールの良さを併せ持ついいパス放りますね~
でそのターゲットとなったWR#89 Matt VandeBerg(Jr)も素晴らしい集中力とキャッチ力を併せ持ついい選手でした。

BIG TEN Westはこの試合に勝ったIowaとNorthwesternが5戦全勝
Illinoisが4-1
WisconsinとMinesotaが3-2
となっております。
この負けで自力でのチャンピオンシップ進出は早くもなくなってしまいました。
ええ、崖っぷちであります!
でも最後まで、可能性がチャンスがある限り全力でそれをつかみに行ってもらいた!
私も全力で応援し続けます!

お疲れ!Badgers!
切り替えて頑張っていこう!

Go!Badgers!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter