カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


最後まで諦めない気持ちが奇跡を生む

いや~すごい場面をライブで観ましたね~
もうほんと一瞬何がどうなってるのかわからなかったですね

Michigan State(MSU)@Michigan(MICH)の最後の最後で起こった出来事

23-21とMICHリードで残り10秒
MSUはタイムアウト無し
4th&2でMICHはパントフォーメーション
もう十中八九MICHの勝利という場面でした
MICHのロングスナップがわずかに右下にそれ、パンターがジャックル
拾って蹴ろうとするがMSUの選手が猛然とラッシュしファンブルフォース
MSU#20 Jalen Watts-Jackson(So)がボールをエンドゾーンに持ち込みTD
エンドゾーンに飛び込むと同時に時間は0になりました。

確かにMICHのPのミスかもしれませんが
右サイドからのラッシュが素晴らしく、最後の最後まで諦めなかったスペシャルチームが呼び込んだ素晴らしいプレーだったと思います。


MICH CB#26 Jourdan Lewis(Jr)が素晴らしいカバーをしてたのが印象的でした。
MSUのエースWR#16 Aaron Burbridge(Sr)と常にマッチアップしやられる場面もありましたが
要所で抑えMSUのOFを封じ込めていましたね。

Iowa@Northwestern(NW)はIowaが40-10と圧勝し全勝をキープ
ん~Iowa強いっすね~
RB#33 Jordan Canzeri(Sr)が怪我で早々にアウト
こりゃ厳しいだろうなと思っていたらRB#25 Akrum Wadley(So)が26回204ヤード4TDと大爆発!
Badgers戦にも出ていない選手ですしこの試合まで今シーズン8回しかしていない選手
この辺の層の厚さをみても今シーズンのIowa強いっすわ~


Penn State(PSU)@Ohio State(OSU)はOSU OFがQB2人をうまく使い分け38-10と危なげなく勝利
PSU DFは立ち上がりと後半序盤といいDFでしたが
OFの援護を受けれず持ちこたえられなかったですね。
OSUはQB#12 Cardale Jones(Jr)が相変わらず出出しが悪くリズムに乗れず
ここで#16 J.T. Barrett(So)のゾーンリード中心のOFにスイッチし得点を重ね波に乗ります。
加えてATH#1 Braxton Miller(Sr)のワイルドキャットからもゲインを重ねました。
しかしMillerはすごいっすわ

PSUはやはりOLのパスプロが持ちませんでしたね。
もう少し持てばという場面が多かった印象です。
噂のTure Fr RB#26 Saquon Barkleyはすごかったですね~
少しでもホールが空けば抜群のスピードで突き抜けておりました。
こりゃすごい選手になりそうですね



それではBadgersの結果はいかに!



Wisconsin(UW) 24 - 7 Purdue(PUR)

またしてもパッシングアタックが爆発してしまいました!w
322ヤード獲得でございます


OFはRB#28 Taiwan Deal(Fr)がアウト
しかししかし!スタイルしてサイドラインにあの男が帰ってまいりました!
RB#6 Corey Clement(Jr)であります!
試合に出ることはありませんでしたがサイドラインにいるだけで頼もしかったですね~

ファーストドライブで10プレイ81ヤードを進み最後はRB#45 Alec Ingold(Ture Fr)がエンドゾーンに持ち込み先制
PURのファーストドライブはDFが3凡に抑え
こりゃ最高の出足だぜよ!と思った次のOF G前まで進みますがQB#2 Joel Stave(Sr)のパスが浮き
PUR SF#3 Leroy Clark(Jr)がINT そのまま66ヤード返されます。

DFはPURの4thギャンブルを止めれず、最後はQB#11 David Blough(Fr)のランでTDを取られてしまいました。
その後FGで3点を加え10-7とリード
そして最近絶好調の2ミニッツオフェンスでFG圏内まですすみトライ
んがしかしこれをブロックされ、嫌な感じで前半終了。
トータルヤード272対61と圧倒しているのに10-7というう点差で折り返します。

後半序盤もOLのフォルスなどの反則が多くリズムに乗れませんでしたがDFが相変わらずアジャスト完璧で止め続け
PURのミスパントを誘い敵陣からの好位置からのOFをRB#23 Dare Ogunbowale(Jr)のTDランにつなげやっとこさ追加点
4Qには Ingoldが2つ目のTDを上げ24-7と勝利いたしました。

OFはStaveのパスが好調をキープ、前半のINT以外はポケットワーク、コントロール共に素晴らしい出来でした。
WR陣もドロップがなく集中していてとてもよかったですね~
#11 Jazz Peavy(So)がこの試合もスピードあるRACを魅せ活躍
第3の男として頭角をメキメキあらわしております!

OLはC#70 Dan Voltz(Jr)が欠場
5人中3人がFrという若い布陣で臨みましたが反則がちらほらあったにせよなかなかいい出来だったと思います。
どんどん経験を積んで成長していってますね~

DFはこの試合もいうことなしでしたね~
中でもILB#53 T.J. Edwards(Fr)が大活躍!
16タックル1ファンブルフォースと大暴れでした!
パシュートの角度も良かったですし、最後まで諦めずタックルに行き抜ければTDというプレーも後ろから懸命に飛び込み阻止
どんどん成長していて頼もしい限りであります!

Iowaが負けないため引き続き厳しい状況は続きますが、勝ち続けるのみ!

Go!Badgers!




スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter