カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


シーズンエンドのニュースほど悲しいものはない

はやいものでもうWeek9でございますね~
先週UtahやFrorida Stateなどの全勝チームがやぶれ、終盤に向けて全勝することのむずかしさを再確認しましたね。

で今シーズンAACで注目のチームが大一番を迎えるので今回はそのチームの試合をクローズアップしたいと思います!

Notre Dame(ND) @ Temple(TEM)

開幕戦でPenn State(PSU)を破り勢いに乗りここまで7戦全勝と絶好調のTEM
なかなか面白い選手が多く、注目していましたが
ND戦ということで今回紹介したいと思います。

OFはプロ、スプレッド併用ですね
QB#11 P.J. Walker(Jr)はFrの途中から先発し大活躍した選手ですね~
先シーズンINTが多かったようですが、今シーズン堅実なプレーでチームを勝利に導いております。
TEMはランパスバランスのいいOFを展開しているのでガンガン投げたり自ら走ったりというのは少ないですが
いざとなればかなりのスピードのランを魅せるデュアルスレットQBですね。


ランプレーを支えるのがRB#5 Jahad Thomas(Jr)であります。
えーとですね~クレイジームムーバーですね~
こないだ観た試合で実況の人が「クレイジームーブ!」って連呼してましたw
非常にクイックネスのある選手でカット、スピン、バックジュークからひらりとかわすなど
魅せてくれるいいRBですね~

WRでは帰ってきたエース#19 Robby Anderson(Sr)
2013 Soシーズン、チームのリーディングレシーバーだった男は
2014シーズン学業の問題でシーズンを逃しましたが
今シーズン帰ってまいりました!
しなやかな動きと高さを生かしたキャッチが魅力的な選手ですね~

他にもWR#7 John Christopher(Sr) #87 Ventell Bryant(Fr)
TE#80 Kip Patton(Fr)といいターゲットがそろってますね。

DFは4-3です。

注目は
DT#9 Matt Ioannidis(Sr)
まあ強いですね~ダブルチームもこじ開けてるとこなんか素敵すぎます!

OLB#8 Tyler Matakevich(Sr)
ランの対応も素晴らしいのですがパスカバーが絶品の選手です!


CB#3 Sean Chandler(So)
アグレッシブなランサポートとタックルが素敵な若手ですね~
カバーの方もなかなか良いのでこれからちょっと楽しみな選手ですね!

で対するNDですが
豪雨の中今シーズン絶好調のClemsonに敗れましたが、ここまで6-1と好調をキープ
Clemson戦は雨がひどすぎてちょっと観ただけで他の試合に移ってしまいましたが
この度、USC戦をみたのですが、いや~いいチームですね~こりゃ強い

OFはスプレッド
先発QB#8 Malik Zaire(Jr)が怪我でシーズンアウトとなり
Week3からチームを率いるのが#14 DeShone Kizer(So)
デュアルスレットQBでなかなかの走力を持っています。
肩も強くディープにガンガン投げてきますね~
ちょっと持ちすぎなところが気になりますが、いいパフォーマンスしてますね~

で注目がRB#20 C.J. Prosise(Sr)
WRからRBにコンバートし今シーズンすでに922ヤード11TDと爆発しております!
いや、ちょっと奥さん、この選手いいですわ~
6-0 220とそこそこサイズがあるんですけどWRで磨いたカットムーブ、スピンがキレキレ
でもってホールみつけてから抜けるスピードも速いですし、フィジカルも強いときたもんだ!


WRでは#7 William Fuller(Jr)
スピードキングで頭一振りのムーブで一気にDBを置き去りにする恐ろしきディープスレットでありますね~


LT#78 Ronnie Stanley(Sr)もいい選手なので注目しときたいところです。


DFは4-3

フロント4は強力ですね~
DT#91 Sheldon Day(Sr)中心に
DT#75 Daniel Cage(So)
DE#90 Isaac Rochell(Jr)
DE/OLB#45 Romeo Okwara(Sr)
とでかくて速い野郎がそろっておりますね~

そして注目はOLB#9 Jaylon Smith(Jr)
ハイモーターな選手でプレーに絡みまくるチームのタックルリーダー
パスカバーの下がりが速くゾーンカバーが非常に上手いですね
個人的に好みの選手であります。


そしてもう一人!CB#6 KeiVarae Russell(Sr)
確実なランサポートときれいなタックルを決め
ダブルムーブにも対応するスムーズな動きでいいカバーもします。
派手な選手ではないんですけど、基本がすべてしっかりしていて総合的に魅力的なCBなんですよね~


あっあとリターナーのWR#9 C.J. Sanders(Fr)のリターン結構えぐいので注目です。

Templeに勢いに乗ってMemphis戦に向かっていってもらったら面白くなるかな~
って思ってたけどNDはかなり強いので厳しいかもしれませんね。
ただ熱い試合になることを期待してます!

それでは今週のBadgersの相手はどこのどいつだ!







Rutgers(RUTG) @ Wisconsin(UW)

RUTGのマークをみるとレッドリボン軍を思い出す私であります。
ハロウィンゲームはホームCamp Randall Stadiumで行われます!

RUTG OFはプロ体系とワンバック多めのオーソドックスなOFですね。

QB#5 Chris Laviano(So)は今シーズンからスターターの大型のポケットパッサー
成功率は高いのですがINTも多めですね。

RBは#7 Robert Martin(So)がエースですが最近昨シーズン途中シーズンエンドの怪我を負った#34 Paul James(Sr)が完全復活しいい走りをみせキャリー数とヤードを稼いでおります

#8 Josh Hicks(So)もいいランナーですので3人で回し常にフレッシュな選手が出てくるので厄介であります。

WRはエース#4 Leonte Carroo(Sr)
スピード、キャッチ力、競り合いの強さと3拍子揃ったいいレシーバーでありますがな
ただこの試合足首の怪我でプロバブルとなっております。


DFは4-3

DT#53 Julian Pinnix-Odrick(Jr)がDFの核
DEから3テクニックDTにコンバートしスピードを生かしまくって活躍していますね~

そしてその後ろにそびえる3人のLB
WLB#3 Steve Longa(Jr)
MLB#14 Kaiwan Lewis(Sr)
SLB#50 Quentin Gause(Sr)
はかなりいいユニットであります。
特にLongaはスピードあふれるタックルマシーンでIND戦16タックル、OSU戦19タックルとここ最近の2試合で都議スアされまくってるので、キーマンになりそうですね。

DBは怪我人が続出しており厳しい状態となっておりますが
CB#11 Isaiah Wharton(Fr) がなかなかいいプレーを魅せています。

UWはOFにけが人が続出し厳しい状況となっております。
特にOLですね
先週の試合で途中欠場したOLの中心選手C#70 Dan Voltz(Jr)はおそらくシーズンエンドだろうという悲しい情報が入ってきています。
RTで開幕先発だった Hayden Biegel 経験豊富な頼れるバックアップRay Ballもシーズンアウトと発表がありました。
CにはLG#63 Michael Deiter(Fr)が入ります。
先発5人中3人のFrの成長がキーになりますね。
苦しい状況は続きますがプレーごとにしっかり確認しユニットとしての成長に期待しています!

そして今シーズンブレイクのWR#15 Robert Wheelwright(Jr)が足の怪我で離脱
シーズンアウトの発表はありませんがちょっと長引きそうな情報が入ってきています。残念だ
WRはシーズンを通してデプスが厚くなってきてますのでみんなでカバーしてほしいですね。

先週脳震盪で退場したQB#2 Joel Stave (Sr)はこの試合は先発として戻ってくる予定です。

OFとしてはキーマンを失い厳しい戦いとなりそうですが、しっかり準備したことを遂行し
BadgersらしいOFで!
そしてでてこい!ニュースターたちよ!

DFは怪我人も少なくシーズンが進むにつれどんどん良くなり、試合平均失点11.1は全米2位であります。
引き続きアグレッシブな攻めのDFでおねがいしやっす!

怪我をした選手の無念を背負い、負けられない戦いを勝ち抜いていこう!

そろそろランの爆発がみたいぜ!Badgers!
Go!ゴリ!Badgers!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter