カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


モヤモヤ

どうも、モヤチャーです。
いやーなんだかなーって感じですね。
ホーム最終戦のSenior Day
まさかあんな結幕になるとは思ってもみませんでした・・・
試合終了後からなんかもやもやした気持ちが収まることはなく現在にいたっております。
なので、昨日はその後に行われた試合もみる気が起きず観ていません。
先ほどすべての試合結果をチェックしたところです。

嬉しいニュースとしましては、Utah StateのQB#16 Chuckie Keeton(Sr)が怪我から復帰し
チームを見事に勝利に導きました!おかえり!チャッキー!

あとはGeorgia SouthernがGeorgia相手にOTまでもつれる激戦
結果負けてしまいましたが、やっぱ実力のあるチームですね~
ボウルゲームが楽しみなチームの一つですね。

おすすめした試合は2試合とも結局観ておりません。面目ないです。
観ようとはしたんですけどね、なんか何にも入ってこないのでやめましたw

全勝だったOhio State、Houston、Oklahoma Stateが敗戦
全勝キープはClemson、Iowaのみとなりました。

Iowaの試合はBadgersの試合の前に行われ、Purdueに圧勝
この時点でBIG TEN Westの優勝が決まりチャンピオンシップ進出が決定しました。
無念であります。

それでは、振り返りたくもないんですが、逃げちゃダメだ!ということでw
Badgersの試合を振り返りたいと思います・・

Northwestern 13 -7 Wisconsin

Bye前のMaryland戦同様、OFが全くドライブできず厳しい戦い
やはりOLの問題が深刻で、この試合は安定していたパスプロも崩壊
ランもホールがあかずほとんどゲインできませんでした。
パスに頼らざるしかない状況で、WR#11 Jazz Peavy(Jr) #3 Tanner McEvoyがいい動きでしたが
なかなかドライブが続きませんでした。
後半最初のドライブでパスを連続で決めTDを奪うもその後は続きませんでしたね。
結果2INTを含む5TO

5TO奪われながらも13点に抑えたDFはこの試合も素晴らしい出来でした。
NWのFG失敗もありましたが、最後まで集中力を切らすことなくOFにつなぎ続けた姿は感動を覚えました。
特にセカンダリー陣は非常にいいカバーをしてました。

NW DFも非常に強力でしたね!
特にDL陣の強さとスピードが素晴らしかった
DE#94 Dean Lowry(Sr)は良いわ、やっぱいい選手。

で、なんでモヤモヤしてるかと言いますと、2つのプレーがありました
2つともTDのプレーでしたがレビューで無効になりました。

1つ目はWR#86 Alex Erickson (Sr)のパントリターンTD
Ericksonはパントが手前に落ちそうなため
両手を肩より下げ左右に振り、味方に離れろ離れろと合図を出しまました。
その後ボールを取り、素晴らしいリターンでTD
しかし、この一連の動作がフェアキャッチシグナルとみなされTDは無効。
「ボールが空中にある間にリターナーは片腕を完全に頭の上に挙げ左右に振らなければならない」
これがフェアキャッチシグナルだと私は認識していましたが・・・


2つ目は4Q 残り1:47からの逆転へ向けてのドライブ
QB#2 Joel Stave(Sr)が素晴らしいパスを次から次へとヒットし
ゴール前1ヤードまで進みます。
残り30秒、WR#11 Jazz Peavy(Jr)がエンドゾーンでがっちりキャッチしTD
と思いましたが、レビューで確保できていなかったとして無効
結果その後TDには結びつけれず、試合終了となりました。




peavy.jpg

というわけであります。
審判の判定は絶対でありますし、レビューしての結果
私もすべてのルールを把握してるわけでもありませんのでとやかく言うべきではないと思ってはいるのですが
えーモヤモヤしますわ~w
モヤモヤが止まりませんw

直前の試合でIowaが勝ったためこの試合の勝敗はチャンピオンシップへの影響はなかったからいいというものでもないと思いますし。
私はカレッジフットボールのファン、Badgersのファンとして試合観戦していますが
消化試合的な意味合いで試合を観たことはありません。
その年のチームはその年しか観れないからです。
学生スポーツですからシニアは卒業します。
1試合、1試合勝ってほしい、そう願い応援しながら観戦しています。

この試合はBTNの放送でしたが、シニアの選手が一人一人花束を受け取り、大歓声を受けて入場するところから放送してくれました。
選手だけでなくマネージャーのシニアも歓声で迎えられていたのは素晴らしかった。
その素晴らしい日に後味の悪い試合になってしまったことが残念でなりません。

シニアの選手のホーム最終戦の素晴らしいプレーの数々
しっかりと目に焼き付けました!

お疲れ!Badgers!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter