カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミシガンづくし

Week4はまあ多少の驚きの試合もありましたが、まあ順当なとこが勝った印象が強いですね。

そろそろ各カンファレンスのちょっと気になるチームが固まってきたのでちょろっと紹介したいと思います。

まずはPAC12のColoradoですね~
Week3のMichigan戦をみてたのですが、
序盤からガンガン攻めてこりゃ圧勝するんじゃないかと思ったくらい勢いがありましたね。
結果後半抑えられ負けてしまったんですけど、印象に残りましたね。
して先週の試合ではOregonに競り勝ちました!
PAC12は他にもUtahやWashingtonも好調なようで混戦模様になりそうでどこが生き延びるかちと楽しみですね~

SECではやっぱTennesseeですかね~
結局なんだかんだ勝ち続けて全勝をキープしております。
強いか弱いかよくわからんチームですがw
10月はこちらも好調のTexas A&MそしてAlabamaとの対戦が控えてるのでここは要チェックですね
SECのどこのチームがBAMAを食うのか、食われずにBAMAが全勝街道を突っ走るのか!
ここはカレッジファンは押さえておきたいポイントですね~

あとどうしても押さえときたいチームがありまして
えーMACのWestern Michiganですね~
こっちのMichiganも侮れないですね~
開幕戦でBadgersと同じBIG TEN West所属のNorthwesternを敵地で撃破!
Week3ではこれまたBIG TEN West所属のIllinoisをこれまた敵地で撃破!
そしてWeek4では私がSunBeltを制するであろうと思っている隠れた強豪Georgia Southernを撃破!
4連勝と乗りに乗っておりますね~

OFはショットガンからのゾーンリード中心
QB#11 Zach Terrell(Sr)は思い切り投げ込むいいパサーですね
PAも上手いですし、いざというときの足も持っております。

RB#32 Jamauri Bogan(So)は5-7の豆タンク野郎ですね~
しっかりホールが空くのを待ち、細かいステップで的確なルートを走るいいランナーですね~
4試合連続100ヤード突破、Illinois戦では189ヤードの大爆発を魅せております。

DFは4-3
両DEがいいですね
#1 Keion Adams(Sr)と#33 Eric Assuoa(So)
リターナーもこなすCB#4 Darius Phillips(Jr)もスピードがあっていい選手ですね。


いやはやほんと全米は広い!もっといろんなチームの試合観てアンテナはってないといかんなー
と思いますね。

それではBadgersはMichiganの州立の方に乗り込みましたが、結果はいかに!

Wisconsin(UW) 30 - 6 Michigan State(MSU)

OFもDFも今シーズン最高の出来で見事にアウェイで完勝でございました!

OF

MSU DFは守備のリーダーMLB#30 Riley Bullough(Sr)が怪我で欠場
しかし代わりの#49 Shane Jones(Jr)もスピードがありいい選手。
UWのランプレイをまずは止めにアグレッシブなコールを入れてきましたね。
しっかり止められ3rdロングのシチュエーションを多く作られましたが
この試合初先発のQB#12 Alex Hornibrook(Fr)が的確にパスを決め次々とフレッシュを更新。
特にWR#11 Jazz Peavy(Jr)との相性が抜群で、パスプロさえ持てばこのホットラインは
高確率でつながっていましたね。
後半に入りMSU DFがパスカバーを厚くアジャストしてきても
TE中心にスモールウィンドウにガンガンパスを通すコントロールと度胸のすごいこと
いや~こりゃよだれ物のポケットパッサー現るでっせ!
Hornibrookはレフティな為、あまり2QB体制を長く続けるのはちょっと・・と思っていました
えーとフットボールの球を投げたことのある方はわかると思うんですけど
スパイラルが右で投げるのと左で投げるのは逆になりますので、レシーバー陣としてはどちらかに決めてもらった方がやりやすいですし、PAのロールアウトの方向も変わってきますしね、
ただこの試合の出来をみる限り、エースはHornibrookになりそうですね。


OFはこの試合粘り強いドライブで試合を見事にコントロール
最初のTDはギャンブルを2回成功さる勝負強さも魅せてくれました。
ワンツーパンチも#6 Corey Clement(Sr)のパワーランと#23 Dare Ogunbowale(Sr)のキレキレカットバック
の織りなすハーモニーが素敵でありました!
TEも第3の男#44 Eric Steffes(Sr)のキャリア初TDパスキャッチも飛び出し、デプス的に頼もしい限りですね~

あとはこの試合ブラジリアンキッカーの#27 Rafael Gaglianone(Jr)が背中の怪我で欠場。
代わりは#37 Andrew Endicott(Sr)
キャリア初の41ヤードのFGを成功させしっかり代役を務めましたね!
いや~今まで出場のなかったシニアの選手がしっかりサポートしてくれています。
こういうチームは強いんだよね~

DF

いやはや、この試合のDFは素晴らしかった!ここ数年でもベストな出来だったと思います!
まずはCB#8 Sojourn Shelton(Sr)
シニアで成熟しましたね~今シーズンはキレキレのカバーですこぶる調子いいですね
INTも決めOFのTDのおぜん立てと申し分のない活躍でした。

でこのSheltonのINTの時にナイスプレッシャーをかけていたのは
OLB#42 T.J. Watt(Jr)
強力MSU OL相手にこの試合素晴らしいラッシュを繰り返し、キャリアハイの2.5サックと大暴れ!
OLB#47 Vince Biegel(Sr)やDL達とのコンビネーションもどんどん良くなっているので
この先も目が離せませんね~

そしてこの試合のベストプレーはやはりこれですね~

まず、SS#14 D'Cota Dixon(Jr)がボールを狙ったタックルでファンブルフォース
そのボールをFS#19 Leo Musso(Sr)が拾い上げる。
この瞬間DFが全員リターン体勢に入り瞬時にWattがナイスブロック
スピードに乗ったMussoはMSU QB#7 Tyler O'Connor(Sr)のタックルを見事なスピンでかわす!
で、ブロッカーに囲まれながらエンドゾーンまで駆け抜けTD!
いや~素晴らしいチームワークでもぎ取ったステキTDでしたね~
Mussoは昨シーズンはキャンプから絶好調で開幕先発を奪いましたが、その後デプスの熱いSF陣の中で
なかなか出場機会を奪えない悔しいシーズンでしたが
今シーズンはランサポート、パスカバーとDFの最後尾をしっかり締めていてくれています。
頼もしいですね。
Leo Musso、この名前も覚えていて損のない名前だと思いますよ!

MSUでは両SF SS#9 Montae Nicholson(Jr) FS#7 Demetrious Cox(Sr)が素晴らしいプレーをしてたのが印象的です。
特にNicholsonのタオープンフィールドタックルは非常に的確でいい選手ですね。

大事なカンファレンス対決初戦、最高の勝ち方で勢いに乗れたと思います!
このままの勢いで、連続アップセット狙っていきましょう!

お疲れ!Badgers!



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。