カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


イネ科の一年草で世界三大穀物の一つってなーんだ

もう何時雪が降ってもいいようにタイヤ交換を済ませました。
朝晩はめっきり気温の低い北の大地でございます。
というわけで、もうWeek9でございやす~
いや~ほんとフットボールシーズンは楽しすぎてすぎるのが速いですね~

今週注目の試合は
Washington(WAS) @ Utah
ですね~
ま~放送がFOXなんですが、気になるマッチアップですね!

PAC12のNorthの首位とSouthの首位の直接対決となっております!
今回はSouthのUtahをちょっと紹介したいと思います!

毎年なんだかんだいいチームを作ってくるUtahですが今シーズンのチームも
接戦をものにしてきてどんどん強くなってる印象がありますね。

OF
QB#3 Troy Williams(Jr)
短大からトランスファーしてきた選手ですね。
しなやかな動きでポケットワークがなかなかいいQBですね。
パスの落としどころもなかなか良い感じです。
ラッシュに気づかず持ちすぎなところとボールセキュリティ―の甘い点がちょっと気になるところです。
パサーの印象が強いですが自らの足でも十分距離を稼げる選手ですね。

WR陣は
エース#12 Tim Patrick(Sr)が足首の怪我で本調子ではないようですが
若手の#11 Raelon Singleton(So)やKRもこなすスピード抜群の#16 Cory Butler-Byrd(SR)
と駒はそろっておりますね。

そしてRBのこの選手がOFのキーですね!
RB#28 Joe Williams(Sr)
スピードとパワーを併せ持ついかしたランナーですね
でもですね、実は彼Week2のBYU戦を最後にフットボールを一度引退しているんです・・・
んが、先々週の試合で「やっぱりフットボールがしたいんや!」と復帰!
でもって先週のUCLA戦で332ヤード5TDと大爆発しやがりました!
一度フットボールから離れたことによって、何かが彼の中で目覚めた感じなのでしょうかね~
がぜん注目の選手となっております。
しかしタフな選手ですわ~ほぼでずっぱですな。


DF
4-2-5ベースですね

DE#49 Hunter Dimick(SR)は泥臭いエッジラッシャーですね。
スピードがとびぬけているわけではないですががむしゃらラッシュでプレッシャーを与え続ける
好きなタイプの選手です。


ブリッツに入るのが上手いハードヒッターMLB#30 Cody Barton(So)
は若さゆえの粗削りなところもありますが、ハイモーターでちょっと気になる存在ですね

してDB陣がバラエティに富んでて面白い感じです。
まずは元QBの大型ハードヒッターSS#22 Chase Hansen


なんかボールの匂いをかぎ分けておいしいとこに現れるwFS#13 Jordan Fogal(Jr)

CBでは#14 Brian Allen(Sr)が個人的に気になっていますね。
大型でフィジカルの強いCBです。
ほかにも#12 Justin Thomas(Sr) #15 Dominique Hatfield(Sr) #29 Reginald Porter(Sr)
とCBは層が厚いですね。

さてさて絶好調のWASのパスアタックをUtah DFがどこまで抑えるかに注目したいですね!

それでは今週のBadgersの相手は冒頭のクイズの答えとなっております!!

Nebraska(NEB) @ Wisconsin(UW)

正解はトウモロコシ(トウキビ)でした!

ここまで7戦全勝と乗りに乗っている「トウキビリーゼンツ」をホームCamp Randall Stadium似て迎え討ちます!
06efca4e63b4bb87d265a0d73484369b.jpg

なんか腕にもついてロボぽくなってんな、ちょっとかっこいいじゃねえか!羨ましくはないがな!!

さて、この試合で敗れるとWest首位のNEBは8-0 UWは5-3となりチャンピオンシップ出場が絶望的になるため
絶対に負けられない戦いとなっております!

さて今シーズンのNEBですけど
ええ、地味な感じなんですよね、でも強い。
スーパースターがOFにもDFにもいるわけではないんですけど
チームとしてのまとまりが素晴らしいですね。
若い時から経験を積んでいた選手たちがSrとなりしっかりチームを引っ張っている感じがします。
あとは以前の記事にも書きましたが、交通事故で亡くなったP Sam Foltzの存在も大きいでしょうね。

こうしてみるとなんかBadgersに似てるんですよね~
地味なチーム同士の対決になりますが
中身はがちがちに熱い戦いになること必至です!

OF

QB#4 Tommy Armstrong Jr(Sr)
先週の試合が40試合目の先発となった、経験の豊富過ぎるカレッジベテラン。
走ってよし投げてよしの厄介なQBとなっております。
Read Optionもほんと上手なんだよな~
今シーズンはパスの調子がいい感じとなっておりますね。
どこまでUW DFがプレッシャーをかけれるかがキーとなりますね~


RB#34 Terrell Newby(Sr)
デイライト能力の非常に高いランナーですね。
今シーズンはここまで平均5ヤードをキープし安定した走りをみせていますね。
Armstrongと織りなすRead Optionが強力で今シーズンのOFのキープレイとなっております。
BadgersのLB陣がこれをどこまで止めれるか!楽しみであります!


OLでは
RG#63 Tanner Farmer(Fr) LT#68 Nick Gates(So)と若い選手がいい働きをしています。

WRでは
#87 Brandon Reilly(Sr) 良いルートランナー、競り合いも強く高さもありますね。


#15 De'Mornay Pierson-El(Jr) WRとして伸び悩んでいますが、スラントを一気にTDまでもってくスピードと動きのキレは
やはり脅威。PRもキレキレなので要注意。


DFは4-3ベースであります。

DLは強力ですね~
DT#55 Kevin Maurice(Sr)がゴリゴリの強さで中を封じ
大外から2枚の若いDE#88 Ross Dzuris(Jr) #91 Freedom Akinmoladun(So)がガンガンラッシュをかけてきます。
UWとしてはここは真っ向から勝負してランを出すことが最優先事項。
若いOL軍団はBIG TENトップクラスのDLとの戦いによってどんどん成長していますので
そろそろラン大爆発が来るかもしれませんね~

2列目ではWLB#5 Dedrick Young(So)
この選手非常に動きがいいですね~
スピードがあり、パシュートの角度、コンテインもしっかりしています。
ラッシュの出足も速いですし、パスカバーもなかなか、でタックルもしっかりしていますね。
将来有望株なにおいがプンプンする選手ですね

そして最後尾を守るのはご存知FS#25 Nathan Gerry(Sr)
何年か前からずっと言ってますが、まー良いSFなんですよね~
パスカバレッジ、ランサポートともに文句なし!
試合の流れを変えるビックプレイ能力値非常に高し!
いやはや、厄介な選手であります。


CB#8 Chris Jones(Jr)も今シーズンメキメキと頭角を現し、非常にいいプレーしてますね。


NEBのパスDFは非常強いですね!
ただUWのWR&TE陣も若いのが台頭してきてますので、ガシガシ行ってほしいですね!


とまあ、冒頭に地味とか言っちゃったけどwなんやいい選手がいっぱいいる派手なチームですねw
地味とか言ってごめんなさい・・

BadgersではOSU戦で15タックルと大暴れしチームの核として成長を続けていた
ILB#48 Jack Cichy(Jr)が胸筋断裂によりシーズンアウトとなってしまいました。
昨シーズン後半シンデレラのように現れ3連続サックで注目を浴びた男は今シーズンしっかりスターターに定着し、素晴らしいプレの連続でした。
今シーズン彼のプレーが観れないのは残念ですがしっかり治して来シーズン元気に戻ってきてほしいです!
デプス的にも痛いですが、地味なチームながら、地味にデプスは熱いですし、新たなスターがたくさん眠ってるので
心配はないです!
#43 Ryan Connelly(So)と#32 Leon Jacobs(Sr)がしっかり穴を埋めてくれると思います!

怪我で戦列を離れていった者たちの気持ちも背負い、この負けられない勝負に挑んでほしい!

Go! Badgers!



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter