カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


伝説のブロッキングFBって何て名前だったっけ?

いやは急にこないだまで行ってた現場にまた行かなくてはならなくなりまして、明日からまた出張に行くことになってしまいました
というわけで、慌ててちょろっとでもブログ更新しときたい感じであります。

今週注目の試合の一つは
現地木曜日、日本時間で明日金曜日に行われる
Louisville(UL)@Houston(HOU)
先週ULは最終スコアは44-12とWake Forestに圧勝でしたが
3Q終了時点では12-10とリードされてるという接戦でありました。
ファンブルロストが3つと水からチャンスをつぶした感も強かったのですが
Wake ForestのLamar Jackson対策が素晴らしかったというのもあったと思います。
両サイドのDFは完全コンテインで1人場合によっては2人をQBスパイにつける徹底ぶり。
Jacksonのランを優先的に止めるというDFでULを苦しめました。
ただやはり今年のULはJacksonばかりに注目が行っていますが、それだけじゃないんですよね~
まずはOLとRB#25 Brandon Radcliff(Sr)が後半ランをガンガン出していきます。
OFがTOを連発しても集中力を切らさないDFはFGは許すもTDは許さない素晴らしい出来。
でもって最終的にはJacksonも走りまくっちゃいましたからねw
やっぱ強いチームです。
ただ、Houstonも昨シーズンから引き続きいいチームであります。
DFもアグレッシブで強力ですので、どのようなプランでJacksonを止めに来るのか興味津々ですね~
ランDFは全米3位ですからね、Jacksonもやすやす走れない気がしますね~
昨シーズンの対戦ではHOU勝ってますしね、ここはいい勝負になりそうな予感。
でもってHOUにも素晴らしいQBがいますからね~
#1 Greg Ward Jr.(Sr)
今シーズンはあまり走ってない印象ですが、いざとゆうときのランはやはり素晴らしい。
最後の大一番シニアの選手は何かやってくれそうな感じがしますしね


ん~なんかHOUがやらかしそうな気がするんだよな~

そして、全米が注目し始めてる、おい、やっぱBIG TEN熱いじゃねえか!
シーズン後半のカンファレンス対決、今週もいいカード組まれております。
まずは
Ohio State(OSU)@Michigan State(MSU)
今シーズンまさかの失速で3-7と苦戦しているMSUですが先週Rutgersに49-0と完封勝利。
元々地力はあるチームなのでOSUも油断できないところです。
MSUは最終戦PSUですし、BIG TEN Eastのキーとなってくる予感です。
注目選手はMSU OLB#23 Chris Frey(Jr)

あとはIndiana(IND)@Michigan(MICH)
先週全勝が途切れたMICHは先発QB#3 Wilton Speight(Jr)が鎖骨骨折でシーズンアウトというニュースが流れました
んが、なんかMICHサイドはQuestionableな発言をしたようで?どうなのかちょっとわかんない状況ですね。
まあどちらにせよここにきて先発QBが傷んだのは非常に痛いですね。
ラン中心で攻めていくことになると思いますがIND DFは先週のPSU戦で良いランDFしてた模様なんですよね~
なんでしょうこの感じ、ちょっと面白くなりそうな予感。
IND LB#8 Tegray Scales(Jr) やっぱこの選手いいっすね~


ただ、MICH DFはやっぱ超強力ですのでなかなかINDとしてはきんびしい戦いになりそうですね。
DFが踏ん張り接戦に持ち込めたら面白い展開になるかもしれませんね。
IND RB#34 Devine Redding(Jr)がどれだけ走れるかもキーになりそうですね。


っと他のチームの心配ばっかしとる場合じゃなかった!
今週のBadgersの相手も侮れない相手なのであります!
どこのドイツだ!

Wisconsin(UW)@Purdue(PUR)

Ross-Ade Stadiumに乗り込みます!
ここのカメラアングルなんか観づらくてちょっと嫌なんですよねw

今シーズン、スカウティングで観た試合の多くがvsPURだったため
なぜかちょっと愛着が湧いてしまっているという不思議な現象が起きておりますw

まずはDFからいってみましょうか!
ベースは4-3
DLが強力なんですよね~
意外とBIG TENでもトップクラスだと感じています。
両DE #95 Evan Panfil(Sr) #13 Gelen Robinson(Jr)はなかなか厄介
Robinsonはパワースピードそしてテクニックもいいもの持っていて要注意ですね。

してですね~DTに注目の選手がいるんですよね
#9 Lorenzo Neal(Ture Fr)
ちょいちょい試合に出て迫力あるプレーを魅せてるんですよね~
ん、あれ?Lorenzo Neal?ロレンゾ・ニール?はて、聞いたことある名前だよな?はうあ!!
そうです!あのNFLで長きにわたり多くのチームで活躍した伝説のFB
Lorenzo Nealのご子息であります!
いや~テンション上がりましたね~
私ぐらいの年齢だと往年の選手のご子息と出会う確率が高いのでこれもカレッジの魅力ですね~

LBでは大型タックルマシーンMLB#4 Ja'Whaun Bentley(Jr)
パスカバーの非常に上手いOLB#21 Markus Bailey(Fr)
といい選手がいますね。

DBではエースCB#2 Da'Wan Hunte(Jr)が安定のプレーを魅せております。
SS#3 Leroy Clark(Sr)もいいタックラーであります。

ビックネームのいないDFですが強力DLを軸になかなかまとまっているんですよね。
ただここは真正面からガチコンとランを出していきたいですね~
先週最高の出来だったランオフェンスを今週も引き続き爆発させ勢いに乗りたいところ。
こちらもビックネームのいない若いOL軍団ですが確実に強くなってきているので
Purdueのフロントセブンとの戦いは楽しみですね。

続きましてOF

QB#11 David Blough(So)
昨シーズンの先発経験を活かし、今シーズンはパサーとして成長していますね。
ただまーちょっとINTが多いのでUW DFとしてはプレッシャーをかけて積極的にTOを狙っていってほしいですね。

パスターゲットは
確実なルートランとキャッチ力が素敵な若手 TE#88 Cole Herdman(So)
スピードのあるディープスレット WR#7 DeAngelo Yancey(Sr)
スロットからバーサタイルな活躍をするWR#18 Cameron Posey(Sr)
と駒がそろっていますね。

でもって
PURといえばやはり昨シーズンTure Frでありながら大活躍した
RB#8 Markell Jones(So)
下半身の強さがアップしますます倒れないバックに成長していますね~
パスターゲットとしてもいい活躍をしており、昨年同様ここはしっかり止めておきたいところです。

2本目のRB#37 Brian Lankford-Johnson(Fr)もサイズパワースピードと三拍子そろったいいバックで
この若いワンツーパンチは将来的にやばくなりそうですね~


DFはほんともう最高の状態に仕上がっていますが、まだまだグレードアップしてきそうな感じです!
終始攻めのDFで圧倒してもらいたいですね!

BIG TENカンファレンス対決は油断すると足元をすくわれる可能性大のどの試合も緊張感を感じます。
しかし!ここは絶対に負けられない試合!
最終戦のシニアデイに向け、いい勝ち方をして勢いに乗っていきたいのだ!

Go!Badgers!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter