カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラン獲得ヤードがパス獲得ヤードを上回りはじめると強いんだ

いや~なかなか熱戦の多いWeek12でしたね~

まずはまさかのLouisville(UL)10-36 Houston(HOU)
HOUがやるんじゃねえかな~とは思ってたんですけどここまで圧勝とは想像できませんでしたね。
試合開始のKRをULがファンブルしHOUがリカバー
このチャンスをTDにつなげ勢いに乗り前半で31-0とほぼ試合を決めましたね。
HOUはDFが素晴らしかったですね~
特にDLスピードがあって凄かった!ほぼ4面ラッシュでプレッシャーをかけ続けていましたね。
圧巻はやはりDT#10 Ed Oliver(Ture Fr)
開幕戦のOU戦でこりゃすごいトゥルーフレッシュマンが現れたなと思いましたが
シーズンを重ね馬鹿やばい選手に成長してましたがな!
スピードがハンパないですね、これにこの先パワーとテクニックが備わっていけば末恐ろしい選手になりますね。
3Qに膝を怪我したようでそれ以降は出ていませんでしたけど、この試合で一番目立っていましたね。
あとはDE#91 Nick Thurman(Jr) ILB#41 Steven Taylor(Sr)もいい選手でしたね。
あとはやはりQB#1 Greg Ward Jr. (Sr)が落ち着いたプレーで確実にゲインと得点を重ね素晴らしいリーダーシップを発揮いましたね。
QBの経験の差も試合に出たのかもしれませんね。
UL#8 Lamar Jackson(So)もWard Jr.のプレイをみていい勉強になったんじゃないかなと思います。
そしてますます経験値を積んでいい選手になっていってほしいですね。

Indiana(IND) 10-20 Michigan(MICH)
も個人的にDFが締まった感じでいい試合でしたね。
MICHのQB#8 John O'Korn(Sr)はHOUからトランスファーしてきた選手で今季初先発。
やはりなかなかパスが決まらず苦しい立ち上がりでしたが
それを助けたのがやはり安定のグランドアタックでしたね。
RB#4 De'Veon Smith(Sr)がゴリゴリのパワーランで158ヤード2TDの大活躍でありました!
あとはやっぱDFが安定してますわ~MLB#42 Ben Gedeon(Sr)がこの試合良かったですね。


INDはバランスのいいOFで食い下がったんですけどやはりMICH DFを崩すまで行けなかったですね。
WR#15 Nick Westbrook(So)はサイズもありこの先楽しみな選手になりそうですね。
あと小柄すぎるスロット#87 Mitchell Paige(Sr)もやはりいいルートランとキャッチセンス持ってますね!


っとあとですね、熱烈猛烈なPenn Stateファン(時々ファンをやめようとしますがw)の
Nittany EaglesさんがDraft Breakdownさんの方に動画をアップしておりますよ!
これからドラフトに向けて重宝するサイトだと思いますので
是非皆さんも活用してNittany Eagles先生に励ましのお手紙も出しましょう!w
いや俺もちょっと動画編集勉強してBadgersに特化したやつやりたいな~


それでは今週のBadgersの結果やいかに!

Wisconsin(UW) 49-20 Purdue(PUR)
BIG TEN No1パッシングOFに若干やられはしたものの
安定のラン獲得ヤードがパス獲得ヤードを上回るOFがこれで3週続きでOFも超仕上がってきましたね!
見事に勝利であります!

1Q
UWのOFから試合スターツ!
先発QBは#12 Alex Hornibrook(Fr)
ランプレーがPURのDLにしっかり止められパント。
珍しく立ち上がりがピリッとしないDFはオフサイドの反則とパスでズルズル進まれPURが28ヤードのFGを決め先制。 0-3
#12 Natrell Jamerson(Jr)が39ヤードの見事なKRを決め自陣41ヤードの好位置からドライブ開始するも
PUR DFがアグレッシブなコールでランを止め最後はQBサックで結局パントと波に乗れず
PURは返しのファーストプレーでQB#11David Blough(So)から WR#7 DeAngelo Yancey(Sr)への48ヤードパスを決め一気にUW陣に攻め込む。

2Q
このピンチはやっと目が覚めたDFがその後はキッチリ3プレーで抑えパントに追いやります。
OFはQBを#13 Bart Houston(Sr)にチェンジ
RB#7 Bradrick Shaw(Fr)の31ヤードラン
2回の3rdロングをRB#23 Dare Ogunbowale(Sr)のスクリーンで切り抜けG前まで進み
最後はFB#45 Alec Ingold(So)がダイブで飛び込みTD!87ヤードのドライブを完遂! 7-3
返しのPURのファーストプレー
QBに猛然と襲い掛かるOLB#42 T.J. Watt(Jr)
超至近距離で放たれたパスを見事にキャッチしそのままエンドゾーンへ!Pic6!
いや~J.J.兄貴もおんなじようなプレーいてましたよねw
J.J.もT.J.もTEからDFへのコンバート組ですのでキャッチ力はいいもの持ってますな!
しかしキャリア初INTがPic6ってやっぱこの男持ってますわ~

DFが次のドライブを3凡に抑えるとその勢いを借りOFも奮起
RB#7 ShawのTDランにつなげ21-3
返しのPURドライブでは今度はILB#53 T.J. Edwards(So)がQBに襲い掛かり放たれたパスをハエ叩き!
浮いたボールを自らもぎ取りINT!
このチャンスは一発でQB#13 HoustonからFB#45 IngoldへのパスでTD! 28-3
いい流れでしたがPURが次の返しの一発目のプレーでQB#11 David Blough(So)から WR#7 Yanceyへの75ヤードビックボムを炸裂され28-10と嫌な流れ
しかしOFがRB#6 Corey Clement(Sr)のアウトサイドのランでPUR DFを崩しはじめると
RB#7 Shawが一転インサイドに空いたどでかいホールを見逃さず33ヤード独走TD! 35-10
前半最後はFS#19 Leo Musso(Sr)のワンハンドINTにて締めくくります。

3Q
PUR OFを止めパントに追いやるもこれをPRに入っていたWR#11 Jazz Peavy(Jr)がマフしPURがリカバー
DF3凡に抑えるもPURがパントフェイクパスを決めフレッシュ更新。
しかしOLB#47 Vince Biegel(Sr)がサックを決めTDは許さずFGに抑える。 35-13
UWはQB#12 Hornibrookに再びチェンジ。
RB#6 Clementがゴリゴリ走り今シーズン1000ヤードを突破
敵陣まで攻め込むと先ほどマフったWR#11 Peavyが汚名返上の25ヤードTDパスをキャッチ! 42-13

4Q
3Qからの引き続きのドライブ、15プレイ78ヤードを8分使いRB#6 ClementがTD! 49-13
サブの選手を多めに投入したDFがWR#7 Yanceyへのこの日2本目のTDパスを許し49-20
最後はしっかりOFが時間を使い試合終了!

PURではやはりWR#7 DeAngelo Yancey(Sr)が厄介だったですね
スピードがあり奥の驚異のあるWRですね。155ヤード2TDとここは完全にやられた
あとはDT#54 Jake Replogle(Sr)強かったですね。前半リズムに乗れなかったのは彼のぺネトレイトが光っていたからだと思います。


さていよいよ、レギュラーシーズン最終戦のシニアデイ。
恒例の斧取り合戦であります!
勝てばチャンピオンシップ進出!じぇったい勝つぞ!
お疲れ!Badgers!







スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。