カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
5
6
7
9
11
12
13
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
09


贈る言葉 2017春

はやいものでドラフトが終了して1週間たちましたね~
皆さんの贔屓のチームのドラフトはいかがでしたでしょうか?
まーこの先すぐ結果の出る物じゃないですので、どこがいいドラフトしたかをこの段階で判断するのは難しいですよね。
ピックされた選手がどんな選手か調べ、どう活躍するか想像して過ごすのも開幕までのステキな楽しみ、かなと思います。
なので、どこのドラフトがどうだってゆう明言は避けときますねw
ただ今回はLACのドラフトが好きですね~
良いG2枚とって、あのFBとRBがいますからね~
どんなグランドアタック展開するか楽しみっですね~

私的にはNFLの贔屓のチームのドラフティをチェックし終わったらもうドラフト的には終了ですね
カレッジ開幕に向けての情報収集にシフトチェンジでります。
まずは昨シーズンFrやSoで爆発的なプレーを魅せていた選手をチェックします
昨年ですとLamar Jacksonでしたね。
ええあそこまでとびぬけるとは想像だにしなかったですけどねw
今年私がやっぱ注目してるのは
HOUのDT#10 Ed Oliver(So)ですね~


昨シーズンFrながら恐ろしいぐらいの活躍でしたね!パワースピード申し分ない!
コーチ陣が揃ってTEXに行ってしまい、チーム的には不安要素が大きいですが注目していきたいですね!

それでは今回はBadgersのチャンスをつかんだ選手たちに私なりの贈る言葉を


1巡30位 T.J. Watt(OLB) PIT

まあ、なんでしょうか、なぜPITなのでしょうか、神様は私に試練を与え続けるw
個人的には1巡はないかな~と思っていたので嬉しかったですね~
TEとして入学してきたときには線が細く、大丈夫かな~という印象でしたが
OLBにコンバートしメキメキ体も大きくなり頭角を現した2015シーズン
そして2016シーズンにはスターターを獲得し粗削りながら気合の入ったプレーで
DFの中心となり大活躍でしたね。
個人的にはやはりもう一年カレッジでのプレーが観たかったですが、見事な1巡でのピック嬉しく思います。
まーあれですよ、伸びしろしかないっすからね!
この先のスティールカーテンを担う男になることを信じています。頑張れ!


1巡32位 Ryan Ramczyk(OT) NO

1巡最後にピックされいい笑顔を魅せてくれましたね~
1巡で2人もピックされたのをライブで観れなかったのはやっぱ残念ですね
Tyler Marzが抜けた後のLTの座をだれが勝ち取るのか、これは昨シーズン前の注目ポイントでありました。
そこで出てきたのがRamczykでしたね。
正直経歴的に謎の部分が多くw「おいほんとに大丈夫なのかよ~」と思ってたのは紛れもない事実ですw
しかしLSUとの開幕戦でアグレッシブなランブロックと安定したパスプロを目のあたりにし
「いや俺はやると思ってたけどね」と心の中で思った私はダメな人間ですw
2015シーズン後Joe Schobertが対戦したOTの中でその年赤シャツだったRamczykがベストだったといってたそうです。
BAMAのCam RobinsonやUSCのZach Bannerを抑えてということです。
2016シーズンは結局LTで全試合先発
素晴らしい最初で最後のFBSでのシーズンとなりました。
NOにはZach Striefという素晴らしい先輩がいますから多くのことを学んでいい選手になってほしいですね!
頑張れ!


4巡108位 Vince Biegel(OLB) GB
地元出身のもっとも熱い男が地元に残り憧れのチームでプレーするという夢をつかみ取りましたね!
Biegelは私思い入れの強い選手でありまして、このブログを始めた2012年のリクルートクラスの選手で
動画をチェックしこりゃ熱い男やで!と感じたことを覚えています。
その時スニッカーズのCMパロディみたいな動画もあったんですけどねwこのブログにも乗っけてたんですけど
もう削除されてなくなっちゃったみたいです。
スプリングプラクティスでも評判がよくこりゃ速攻デビューかなと思いましたが最初はレッドシャツですごし
翌年満を持してデビュー
この年はDave ArandaがDCに就任し保守的な4-3からアグレッシブな3-4に変わった年で、これがまたBiegelにビタッとフィットしたんですよね~
その時の記事がいま読み返すとなんか新鮮ですね~
その後はメキメキと頭角を現し、魂のこもった熱いプレーでチームを引っ張り、アーリーの噂もありましたが
最後のシニアシーズンもチームを引っ張り続けてくれました。
Borland→Caputo →Biegelと魂のDFは継承され続けています
そして今年はJackCichyがその魂を引き継ぐと思います。
Wisconsinのキッズの兄貴的存在は地元で輝き続けることを信じています!
頑張れ!


ドラフトでピックされたのはここまでですがUDFAやトライアウトのチャンスをつかんだ選手もいます!

UDFA Sojourn Shelton(CB) ARI
Ture Frから先発を張ったBadgersのシャットダウンコーナー
キャリア51先発はスクールレコードで怪我にも強い男であります。
鮮烈なデビューを飾りFrで4INT
So,Jrと反則が多く伸び悩んでいた印象もありますが、相手が強いほど燃えるプレースタイルは相変わらず熱く
Srシーズンはプレーの安定度がぐんと上がり素晴らしいプレーの連続で4INTを記録しました。
あれ、なんか相手のエースレシーバー抑え込んでるなと思う試合は数多く、その時はSheltonが泥臭く抑えこんでるパターンでしたね。
負けん気の強さをプレーの向上につなげ生き残ってほしいです!
頑張れ!


UDFA Corey Clement(RB) PHI
こちらもTure Frから活躍したBadgersのエースRB
2013シーズンのWeek2で13回で149ヤードの2TDとド肝を抜かれたのは鮮烈に記憶に残っていますね。
SoはGordonとのワンツーパンチを形成し経験を積み
エースとなるべきJrシーズンでスポーツヘルニアでわずか4試合の出場に
チームも非常に苦しいシーズンでした。
しかしラストのシニアシーズン見事に怪我から復活!
エースとしてグランドアタックを支え1375ヤード15TDと大活躍でありました。
スピードに特化したわけでもなく、パワーに特化した訳でもないのですが、ホールの抜け方、ブロックの使い方が上手いですね。
Glassboro出身のPHIファンの男がこれまた子供のころからの憧れのチームからチャンスをいただきました!
頑張れ!


UDFA Dare Ogunbowale(RB) HOU
Clementがほぼ欠場した2015シーズン
RBの駒が不足していたBadgersに突如現れたアンクルブレーカー
walk-on出身の元DBは必至のプレーでClementの穴を埋め10試合先発。
この年のMVPは私はオグチャンだと思っております。
Clementの復帰した昨シーズンは見事なワンツーパンチを形成し
スピードと鋭いカットそして得意のパスキャッチで見事な活躍。
ここぞとゆうときにフレッシュやTDを取ってくれる頼もしいプレーもありますますの成長を感じました。
持ち味を生かしBadgersのwalk-onからの這い上がり精神で生き残ってほしいです!
頑張れ!


UDFA Rob Wheelwright(WR) NYG
ブレイクしたJrシーズン、残念ながら足の骨折で4試合欠場。
しかし最後のUSCとのボウルゲームには復活のワンハンドキャッチで全米を震撼させましたね!

Srシーズンは全試合出場、WR Jazz PeavyとTE Troy Fumagalliと共にパスOFを支えました。
ランブロックも粘り強く素敵であります。
高さを生かしたプレーでアピールし生き残ってほしいです!伸びしろもありまっせ!


Tryout Bart Houston(QB) OAK
昨シーズンの開幕のLSU戦、ラストのシニアシーズンにかけた男の素晴らしいプレーと試合後の涙のインタビューで
私も号泣
ポテンシャルを秘めながらもなかなか先発を奪えなかった男の門出に男泣きをしたのを覚えています。
シーズンが進むとBadgersはAlex HornibrookとHoustonの2QBシステムを採用
それでも腐らず、チームのために与えられた仕事をしっかりこなす彼は非常に素敵な男でした
プロスタイルに完璧にフィットするQBですし、ひょっとしたらひょっとする選手です!
何とかチャンスをものにしてほしいです!
頑張れ!


みんな怪我なくアピールしチャンスをつかんでほしい!
Go!Badgers!

さて、これでドラフト関係は終了となります。
ええ、もうカレッジ開幕にむかいますよ!
ええ、ダラダラした感じでw

まー開幕に向けてなんだかんだ企画はしてこうと思いますのでたまにのぞいてみてくださいw
ええ、不定期期間に突入であります!



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter