カレッジフットボール馬鹿一直線

 
2
3
4
5
7
8
9
10
12
13
15
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


イカしたレフティ!

はい、Week3終了でございます~

いや~注目試合は思ったより点差がつく展開となってしまいましたね。

LSU 7 - 37 Mississippi State(MSST)

いや~MSST強かったですね~
DFは注目していたNT#94 Jeffery Simmons(So)中心にLSUのランを止め主導権を渡しませんでしたね。
OLB#10 Leo Lewis(So)やSF#41 Mark McLaurin(Jr)も非常にいいプレーしていて印象に残りました。
OFではQB#7 Nick Fitzgerald(Jr)ですね~
昨シーズンはMSSTの試合はほぼチェックしていなかったので知らなかったんですが
ランにパスにと大活躍でありました。
RB#22 Aeris Williams(Jr)も良かったですね~
サイズを生かしたパワフルなランは私かなり好みでございます。

LSUはOFがランをだせずドライブできず
DFは2回のターゲティングなど反則で自滅してしまいました。
MSSTの多彩なOFのコールに最後まで対応できなかった印象もありますね。
個人的にLSUというチームのスタイルは好きなのですが
ちょっとこのままでは苦しい感じはしました。
ただDCのDave Arandaはこのまま終わる男ではないので
もう一度強力なDFに仕上げてくると思います!

Clemson(CLEM) 47 - 21 Louisville(UL)

いやはやCLEMをDFだけのチームみたいな感じでとらえていましたが
OFも素晴らしいじゃないっすか!大変失礼いたしました!
QB#2 Kelly Bryant(Jr)はしっかりゲームメイクしてましたね。
パスもなかなかいいですし、足もある、カレッジ的にバランスのいいQBだと感じました。
WRに関しては昨シーズンからいぶし銀の活躍を魅せる
#13 Hunter Renfrow(Jr)がいるのが心強いですし
新たにあらわれた#34 Ray-Ray McCloud(Jr)も良かったですね~
まずWRなのに30番台なのがステキですねw
サイズはないんですがスピードがありビックプレーメーカーですね~

ULは序盤はインサイドから割られてもQB#8 Lamar Jackson(Jr)が持ち前のモビリティ能力
をいかんなく発揮し、パスを決めていきましたが
4面で十分プレッシャーをかけられるCLEM DFの前にどんどん手詰まりになっていきましたね。
いやこのDLだけでプレッシャーかけれるってのはほんと重要ですね。
OFのリズムが悪くなり、DFも踏ん張り切れず大差がついてしまいました。
そんな中でもUL OLB#30 Khane Pass(So)はアグレッシブなプレーで最後まで全力プレーでステキでしたね。

あとはFOXの中継だったので観てはいなかったんですけど
Texas vs USC
熱い試合だったようですね。
なんか盛り上がってるといううわさを聞き最後の方だけ慌ててストリーミングを探しw観ましたが、最後も熱かったですね~
youtubeさんの方にフルで上がってますので
もし結果を知らない方は超ラッキー!そのまま是非結果を知らないまま観ていただきたい!

それではBadgersの結果いってみましょう!

Wisconsin(UW) 40 - 6 BYU(Brigham Young University)


アウェイでのカンファレンス外対決最終戦
OF、DF共に今シーズン最高の出来で見事な勝利でした!

OF
この試合は何といっても「イカしたレフティ」ことQB#12 Alex Hornibrook(So)が素晴らしいプレーを魅せてくれましたね~
19の18成功256ヤードで4TD
パス成功率のスクールレコード更新でございます!
見事にweek3のBig Ten Offensive Player of the Week獲得であります!
おめでと~!
私の感じるHornibrookの昨シーズンより変わったことはやはりポケットワークがすこぶる良くなったと追うことですね~
特に外からプレッシャーがかかった際のステップアップからのパスは絶品の域に達しそうな勢いであります。
今日はしっかり投げ込めてたところも良かったですね~
そしてこの試合はTE#81 Troy Fumagalli(Sr) WR#11 Jazz Peavy(Sr)の2大エースのマークがきつい隙を縫って若いWR陣ががんばっとりましたね~
まずは#6 Danny Davis(Fr)
開幕からちょいちょいいい動きをみせておりそろそろ来るんじゃないかなーと思ってたら
PAからドカンと抜けだし競り合いながらのナイスキャッチ!
これが50ヤードのロングボムとなりTDに結びつける貴重なプレーとなりました。
1本ドロップもありましたが、その後のプレーで集中力の高いキャッチでフレッシュも更新したあたりも良かったですね。

続きまして#4 A.J. Taylor(So)
キャリア初TDキャッチを含む3キャッチ
あとはKRで42ヤードのナイスリターンがありましたね!
スピードがあるのでこのディープの脅威となっていって欲しいですね!

そして最後に今シーズンブレイク必至の#87 Quintez Cephus(So)
5キャッチ54ヤード2TDの大活躍でした!
ルートランが上手く難しいターンボールもさらりととってTDとシェアハンドっぷりも素敵でしたね~

この試合は8人に投げ分け256ヤードと非常にバランスのいいパスアタックだったと思います。

RBは先発に#23 Jonathan Taylor(Fr)
デイライト能力も素晴らしい一方わずかなホールを一気に突き抜ける能力もこの試合では存分に発揮。
怪我から戻った#7 Bradrick Shaw(So)は無理せず4キャリーにとどまりましたが
中をつパワーランはやはりチームに必要ですね。
そして、後半ちょいちょい出てきてぶちかましランを披露している第4の男#37 Garrett Groshek(Fr)
この試合でも熱い走りでステキでしたね~
シーズン前は無名だったRBユニットがどんどん力強くなって非常に頼もしいであります!

DF
BYUはQB#12 Tanner Mangum(Jr)がやはり欠場
先発は#7 Beau Hoge(So)
PITTで活躍したRB Merril Hogeの息子さんだそうですね~
ファーストシリーズでそのHogesのパスをILB#53 T.J. Edwards(Jr)がINT
最高の立ち上がりに見えましたがその後、BYUの大型RB#5 Ula Tolutau(Fr)にゴリゴリ進まれます。
ん~スカウティングの時はさほど気にならあかったはずなのになんだこいつは!って感じでしたねw
Badgersもリクルートでオファー出してるっぽい選手ですね~いやー強かった!
で結局ゴリっとFGを決められてしまいます。
前半最後にも50ヤードのパスを決められFGまで持ってかれましたね。
ただ、ズルズルTDまで持ってかれないところは非常に良かったですね。
後半はもう完封の素晴らしい内容
CB#11 Nick Nelson(Jr)のトランスファーでの加入は今シーズンのキーポイントですね~
この試合もナイスカバーの連続でした。
そして若手の#29 Dontye Carriere-Williams(Fr)がキャリア初INT決める8タックル決めるわ
といいプレー魅せてくれましたね!
あとはこちらもトランスファー組
OLB#17 Andrew Van Ginkel(Jr)がBadgersでの初サックを記録!
スピードある大外からのラッシュが素晴らしかった!
2枚看板を失ったOLBですが十分な層の厚さを魅せてくれていますね!

これでノンカンファレンス戦は終了となります。
Week4はByeとなりWeek5からはいよいよカンファレンス対決開始であります!
まずは3連勝おめでとう!ゆっくり休んで、カンファレンス対決に向かってください!

お疲れ!Badgers!



スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter