FC2ブログ

カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
10


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一発目のCFPランキング!

いや~でましたね~
ええTOP4の個人的予想はほぼ正解でしたが、1位と2位が逆でしたね~
では10位まで紹介します
1位 Georgia(UGA) 8-0
2位 Alabama(BAMA) 8-0
3位 Notre Dame(ND) 7-1
4位 Clemson(CLEM) 7-1
5位 Oklahoma(OU) 7-1
6位 Ohio State(OSU) 7-1
7位 Penn State(PSU) 7-1
8位 TCU 7-1
9位 Wisconsin(UW) 8-0
10位 Miami(MIA) 8-0

となっております!
Badgersは9位にランクイン!やったぜ!

えーまずはUGAがBAMAより上に行ったのはちょっとびっくりしましたが
ここはどっちでもいいかなという感じですw
今週はUGAがSouth CarolinaでBAMAがLSUとSECの曲者が相手
一筋縄ではいかないんじゃないかとひそかにアップセット期待ですね。

3位には1位のUGAに負けただけのNDがランクイン
4位はSYRに足元をすくわれましたが、安定の強さを魅せるCLEM
ここも今週はなかなか面白いチームが相手ですね~

NDはWake Forest(WF)
Louisvilleを撃破した試合ではQB#10 John Wolford(Sr)が461ヤード5TDと大爆発で勢いに乗っております。

CLEMはNC State(NCST)
NCSTは先週NDに負け2敗目
しかし、ここでCLEMに勝てばACC Atlanticの首位に返り咲けるチャンス
負ければチャンピオンシップ出場は絶望的となってしまう試合
こうゆう試合は何かが起こりそうな気がしますよね。

というわけで上位4チームが全部負けねーかななんて思ってますw
したらプレーオフ選出委員会どんなランキング出すかみてみたいですねw

個人的に注目していたOUに負けたOSUが上に行けるのかいけないのかは
いけない方に出ましたね。
やはり直接対決の勝敗はランキングには強く反映してる感じですかね。
NDもUGAの上には行けないかもしれませんね。
OSUに負けたPSUがその下の7位となっておりやす。
昨シーズンのBIG TENのモヤモヤがあるのでこの辺はクリアにしていただきたい気持ちが強いです。

そのBIG TENの2チームもなかなかの難敵を迎えます
OSUはIowa
LB#43 Josey Jewell(Sr) CB#15 joshua jackson(Jr)は個人的に全米トップクラスの選手だと思っており
OSUのOF相手にも引けを取らないんじゃないかなと思います。


PSUはMichigan State(MSU)
とびぬけたスターがOFにもDFにもいないんですが
やはり名将Mark Dantonioはいいチームを毎年作りますね。
QB#14 Brian Lewerke(So) RB#3 LJ Scott(Jr) WR#18 Felton Davis III(Jr)の3人を中心に
確実なOFを展開しています。

DFもMLB#35 Joe Bachie(So)が試合を重ねるごとに成長しタックルマシーン化してきておりますね~
ここにSLB#23 Chris Frey(Sr) WLB#5 Andrew Dowell(Jr)と強力なメンツが加わる
LBユニットがPSUのOFにどのようにプレッシャーをかけるのか注目ですね。

全勝ながら、スケジュール強度が弱いUWとMIAはなんとかトップテンに滑り込んだ形となりました。
まーこれは仕方ないかな~と思っております。
BCSもそんな感じでしたからね。

とにかく勝ち続ければプレーオフの道は開けるのじゃ!
というわえで、今週のBadgersの相手を丸裸にしてやるわい!
ええ、自己満足のスカウティング結果の発表の時間ですw



Wisconsin(UW) @ Indiana(IND)
敵地Memorial Stadiumに乗り込むのであります!

えーBadgersも難敵相手なので油断できない戦いになると予想いたします。
今シーズンのINDはここまで3-5と苦しい戦いが続いていますが、試合内容は接戦が多く
私はOFもDFも良い厄介なチームだという印象であります。
開幕戦のOSU戦なんて終盤離されましたが中盤まで互角の戦いしてましたからね~

それではまずはOF
スプレッド体型からハイテンポパッシングアタックを仕掛けてくるOFであります。

QBは#3 Peyton Ramsey(Fr)
開幕先発ではありませんでしたが、#21 Richard Lagow(Sr)から先発を奪い伸び盛りの選手ですね。
ちなみにPeytonはPeyton Manningからいただいたようであります。
なかなかテンポよく投げパッサーですね。

そしてこのパスアタックを支えるのがエースWR#1 Simmie Cobbs Jr.(Jr)
6-4とサイズがありなんかショルダーもごつめなので、見た目がかなり厳ついですねw
フィジカルが強く、高さ、捕球力が高くかなりいい選手なんですよね~
それに加えルートランが上手くショートパスを確実に取る#25 Luke Timian(Jr)
ちょこまかスピードスター#22 Whop Philyor(Fr)
となかなかいいWRがそろっております。


RB#20 Cole Gest(Fr)は小柄ですが人に対して強くなかなか倒れないバックですね。
パスキャッチも上手いです。
エースRB#27 Morgan Ellison(Fr)は怪我で先週の試合出ていませんが今週戻ってくると
厄介なワンツーパンチとなりそうです。

あとはLG#76 Wes Martin(Jr)がOLの中心でいい選手っぽいですね。

続きましてDFですね
えー4-3ベースであります。
まずはDT#74 Nate Hoff(Sr)がDLの中心
ワンオンワンの強さが引き立つ選手で、まー押されませんね、強い

その後ろでLB3人が暴れまわります。
まずはMLB#8 Tegray Scales(Sr)
ランに対してもパスに対しても非常に反応が速く、っプレースピードも速いハイブリットないい選手です。


SLB#4 Chris Covington(Sr)はスピードあるラッシュとブリッツがピカイチ
そしてINDにもチーム独自のポジションがありましたね!
HUSKYであります!
えーググってみたところ、LBとSFのハイブリットポジションとのこと
まーみた感じWLBですがw
ここに入るのが#19 Tony Fields(Sr)
非常にスピードがあり、ゾーンカバー、マンカバー共に上手いです。
これに加えBIG TEN屈指のシャットダウンコーナー#16 Rashard Fant(Sr)
もおり、DFとしては総合的に強いという印象であります。

ん~やっぱ普通に強いと思うんだよな~IND

Badgersはここにきて主力の怪我人が増えてきており
RB#23 Jonathan Taylor(Fr)
WR#87 Quintez Cephus(So)
SS#14 D'Cota Dixon(Jr)
と今シーズン核となっている選手もQ組に入っており
3人とも欠場となるとなかなか苦しいですが、この先を勝ち抜いていくにはデプスの厚さも重要
代わりの選手たちの遜色ないプレーを切望しております!頑張れ!
特にRB#37 Garrett Groshek(Fr)に私は注目しております!

アウェイ2連戦2試合目、いい勝ち方をしてホームに戻りたいですね!
Go!Badgers!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。