カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
08


Recrutingとはなんぞや?

ドラフトも終わり、ルーキーミニキャンプなどを行なっているチームもあり、ひと段落といったところでしょうか。
今日は、カレッジでよく耳にする「リクルート」についておいさんなりにわかりやすく書いてみようと思います。

リクルートとはなんぞやという話ですが、日本で言うところのスポーツ推薦、スポーツ特待生といったところでしょうかね。
カレッジフットボールの場合、規模のデカさと大人気スポーツであるためこれがもう意外と熱いんですね~
高校生の争奪戦がすざまじいということですね。
いわゆる、強豪校、伝統校はリクルートが強いです。
SECの FLA UGA BAMA LSU AUB
BIG 12の TEX OU
BIG TENの OSU PSU
ACCの FSU CLEM UNC
で忘れてはいけないのがIndependents(無所属)のND
このへんはリクルートが強いですね。
まずやはり、高校生たちはできればメジャーカンファレンスの伝統校や強豪校でプレーしたいですよね
環境も整っているし、テレビ放映も多い、そして憧れのNFLに行くためのアピールもしやすいですしね。
加えて、先に挙げたチームは地元の他にもパイプラインの太い州を持っているため、全米各地から優れた高校生をリクルートできるのです。

有望な選手はたくさんの大学から誘いを受けるわけですが、この大学に決めた!となることを「コミット」と呼びます。すなわち契約ですね。

ESPNが毎年「ESPN150」というのを発表しています。
これは「こいつはやばいぜ!」という高校生のトップ150です。
そして、2月頭に「Singing day」という日があり、この日が新入生たちが正式にどの学校にコミットするか決まる日なのです。
あの大学に行くと言っていた選手が大ドンデン返しで別の学校とコミットしたり
どこの大学に行くかこの日まで発表しない選手もいたりしますので、アメリカでは結構盛り上がってるみたいですね!
がしかし、日本で生活してると有名高校生まで調べてということまではなかなかできませんよね~
しかしそれをやってこその「カレッジフットボール馬鹿」でしょうw
私もさすがに全米の高校生までチェックはしきれないのでw、WISのチェックぐらいしか出来てませんね。

では、ESPN150の選手たちはみな活躍するのかといったら?どうなんでしょうね?気になります?
まあ、NFLのドラフトでさえバストが存在するわけですから、みんながみんなというわけではないですよね。
怪我もありますし、チアリーダーとの恋やダンスパーティーに夢中になってしまうかもしれないですしw
今年のドラフト組が多かった2009のESPN150を見てみると

1位はMatt Barkley(QB OSU在学中)
2位はManti Te'o (LB ND 在学中)
2人とも今年はアーリーしませんでしたが、来年はドラフトピックされるであろう選手ですね。

で今年1巡でピックされた選手ですと

4位  Dre Kirkpatrick  (CB BAMA) CIN
6位  Trent Richardson (RB BAMA) CLE
18位 Stephon Gilmore (CB SCAR) BUF

などがいますね。若くして才能を見出されていたんですね~

リクルートで有望な選手を集められるチームはやはり一般的に見ても強いですよね。
ただ、これがカレッジフットボールの戦力の差が激しいということにつながってしまっていると思います。
ただ、近年BSU(ボイジー州立大学)やTCUのようなリクルートの強くないいわゆるノンBCS校が強くなってきているのは面白いですね。
特にBSUのHCのPetersonは選手を育てるのがうまく、素敵なチームを毎年作ってきて素晴らしいと思います。

今年はBAYのRGⅢが大活躍の末Heismanも取りドラフト1巡2位と素晴らしい成績を残しましたね。
このようにいわゆるメジャー校ではない大学の選手が活躍することにより、いい選手が様々な大学に行き、戦力が拮抗すればもっと面白いな~と思います。
まあ実際はいろいろあって非常に難しいことだとは思いますけどね。

では最後に伝説の試合 2007年 Fiesta Bowl(OUvsBSU)のフルバージョンです。
知らない人もいると思うので結果は秘密で。
とにかくすごい試合ですよ!



スポンサーサイト


Comments

これぞカレッジフットボール‼
自分もこの試合は見ました。これに加えて、ニコニコにこの試合までの道のりのドキュメンタリーがあったのでそれも見ましたがやはり感動でした笑。

バックスさんコメントありがとうございます!
いやはや、この試合はまさしくカレッジフットボール!ですよね!
多分同じドキュメントだと思いますが、CATVで私もみました!
合わせてみると感動倍増ですよね~
そのドキュメントの最後にその後のBOISEの選手みたいなのがあって、
NFLに行ったけど活躍できなかったというのを見て、ほんとNFLで生き残るのは大変なんだなと改めて思ったことを覚えていますね~
「OUT OF THE BLUE」という名のドキュメンタリーですね。
ニコニコにまだありますね、試合を見て興味を持った方はこちらを見てもらうと、カレッジの仕組みもわかると思いますし感動さらに倍なので是非!
バックスさん情報ありがとうございました!
あのドキュメンタリーを見てボイジーを応援しようと思いましたね。

ここ数年ボイジーの強力なオフェンスを率いたQBムーアがドラフトで指名されなかったのは残念ですがドラフト外でDETに拾われたのでどうにかロースターに残って欲しいですね。
HOROさんコメントありがとうございます!
ムーアはサイズがないやレフティーだとかでNFLでは厳しいのではないかという意見も多いようですが、あのコントロールの良さと、絶妙なボールの落としどころなどは素晴らしいと思います!
ウィルソンもちびっこですし2人ともちびっこ魂で頑張ってロースターに残って欲しいと思います!
ncaa football 12(ps3)を持っていますのでリクルーティングはわかりやすいですね。ボイジステートはゲームないではo#は最強なんですがQBドラフトされないとは不思議ですね。
また詳しくはしりませんがhouston大学のcase keenum(名前が間違っているかもしません)も確かtexansにドラフト外入団ですしマイナー校の評価の仕方が分かりにくいですね

’(チアリーダーとの恋やダンスパーティーに夢中になってしまうかもしれないですしw)という言葉に映画のブラインドサイドの終盤をおもいだしました

また何ヶ月か前のtouchdown pro のアーロン ロジャース(マンガのワンピースにでてきても強敵の予感がといつも思ってしまいますw)の特集でも高校の時順位にはいれなかったというはなしにも繋がりました

初めましてコメントします。昨シーズンからCSでカレッジのゲームを観られるようになり、NFLとは違う魅力に興奮してます。特に好きになったチームがあります。WISCONSIN Badgersです。オプションQBが率いるスプレッドオフェンスがカレッジの主流だと思っていました。しかし自分の好みであるゴリゴリランオフェンスを中心にプレーアクションパスを混ぜる原点回帰のオフェンスを展開しているチームがいることに嬉しく思いました。こういうプロスタイルのチームが増えることを願います。
'07 FIESTA BOWL観終えました。カレッジらしい素晴らしい試合でした。
Division 1-AAのチームが長年にわたる強豪校を下す歴史的勝利といえるものでしょう。
この試合を観て一番印象に残ったのは、Boise StateのChris Peterson HCの落ち着きぶりです。
チームが劣勢にたたされても、ミスをしても全くあわてることなく、選手を信じ、次のゲームプランを練っていく姿勢は、選手にとって何より心強かったでしょう。
誰かに見習ってほしい・・・(Pat なんとかさんに)
では、この大一番に至るまでのドキュメント番組を探して観てみます。
weedenさんコメントありがとうございます!
NCAA12持ってらっしゃるんですね!
私もNCAA Footballシリーズは10 11 12とどっぷりはまっていますが年々良くなっているので13も楽しみにしています!
確かにあのゲームでリクルートをすると仕組みがわかりますよね。
狙ってた選手が他校とコミットした時の悲しさとか身にしみますw
keenumがすごい記録を打ち出したのに評価が上がらかったのは、チームのスケジュール強度によるものもあると思います。
すなわち、対戦相手がそんなに強くないからあのような成績を残したと。
これは、HOUだけに言えることではなく、他のマイナーカンファレンスのチームにも当てはまりますね。
ただ、本当に能力のある選手はドラフト外からでもはい上がるので、そういう選手に注目するのも面白いですね。
power_footballさんコメントありがとうございます!
ぬお!WISに興味を持ってくれたんですね!うれしゅうございます!
WISのパワーフットボールには派手さはありませんが、これでいく!という信念を感じるので大好きです!
OLの芸術的なブロックとRBの呼吸が合った時のパワープレーはヨダレ、脳汁出まくりですねw
DFも派手さはないのですが、泥臭く止めに行くところも好きなところです。
スプレッドオフェンスでも各チームに特徴がありますので、いろいろ見てみると面白いと思いますよ!
MSST(ミシシッピ州立)のスプレッドOFなど個人的に好きですね。
あと信念を感じるのはやはりGTですね!
あのトリプルオプションにかける情熱は素敵すぎると思います!

FIESTA BOWLすごいですよね~
シーズン中のアップセットも面白いですが、ボウルゲームの方が興奮倍増ですしね!
ドキュメントをみると、さらにPetersonの凄さを感じると思いますよ。
Patなんとかさんは~ん~どうでしょうねw
私はもう一年温かい目で見守るつもりですw

そうです!おっしゃる通りです!
パワーフットボールとは信念のオフェンスなのです。
このオフェンスが大好物になったきっかけは第25回SBのジャイアンツのボールコントロールオフェンスです。
相手の攻撃時間、体力、戦意を削り、その後のゲームプランも狂わせながら、デイフェンスではハードヒットで相手の気持ちを折る、力勝負だけでない緻密に計算されたチームでした。

さて、ここ数日改めて昨年のBadgersの試合を振り返って観ましたが、R.Wilsonに関して否定的な記事が多いですが、それは彼のサイズの話が主なわけで、基礎や技術的な面には触れていないように思います。
必ず活躍しますよ!僕自身、彼がどんな選手になるのか楽しみです。
ower_footballさんコメントありがとうございます!
Wilsonは数字も素晴らしかったですが、実際のプレーは数字以上のなにかを感じさせてくれる選手だと思います。
WISのOLはNFLに引けを取らない大型の選手が揃ってますし、身長が低くてもその環境でプレーしてたということは非常に大きいと思います。
基本DF目線でフットボールを見るので、OFの選手に気が行くことはあまりないのですが、Wilsonにはぞっこんラブwなので頑張って欲しいですね!

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter