カレッジフットボール馬鹿一直線

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
06


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

全米NO1をかけた漢たちの戦い!

さていよいよ明日はBCS NATIONAL CHAMPIONSHIPがマイアミのSun Life Stadiumで行われます!
BCSランクNO1 Notre Dame Fighting Ilish 対 NO2 Alabama Crimson Tideです!
本来ならば先にRose Bowlの結果を記事にしたかったのですが、まだ試合を見返す気持ちにもなれず、書けそうにありません・・
Roseのハイライトが他のボウルゲームの最中に流れても目をそらしてしまいます・・

しかしそんなことも言ってられませんね、今シーズンの締めくくりの最後の試合です!
唯一全勝を守ったNDにHeismanウィナーJohnny Manziel率いるTAMに1敗をしたがSECチャンピオンシップでUGAを破り
NO2を守ったBAMAの熱い試合になると思われます!

さて、この試合ですが昨年同様、強力DF同士の戦いになりましたね!

TOTAL DFではBAMAが試合平均246ヤードしか許しておらず1位。NDは288.1ヤードで6位となっております。
しかし、SCORING DFではNDが平均10.3点しか許しておらず1位。BAMAは10.7点で2位となっております。
ほぼ互角と言っていいのではないかと思いますね~

BAMA OF vs ND DF

ND DFのフロント7はなまら(北海道弁ですごく)強力であります!今シーズン最強の面子ではないかと私思います。
NT #9 Nix III(Jr) 6-3 326lbsのスーパ動かない置石
DE #7 Tuitt(So) 12サック 13タックルロス
DE #89 Lewis-Moore(Sr) 6サック 8.5タックルロス
LB #55 Shembo(Jr) 7.5サック 10.5タックルロス
とすごい面子が揃っております。
そしてここに加わるのがみなさんご存知の
LB#5 Manti Te'o(Sr)
今シーズン103タックルの7INT
スピード、パワー、そして熱い気持ちを持つND DFの精神的柱ですね。


本当に素晴らしい選手だと思いますが、彼が活躍できているのはDL達のおかげであるとも思います。
この試合もDL達が押し負けずTe'oが動き回ることと思います!

BAMA OFは今年も強力なランOFが爆発しております!

RB #42 Lacy(Jr) 1182ヤード 16TD
RB #4 Yeldon(Fr) 1000ヤード 11TD
と2人の1000ヤードラッシャーがいます。
YeldonはTrueFr(レッドシャツを着ていない)選手ですごい活躍ですね!
そしてQB #10 McCarron(Jr)は286の191成功2669ヤード TD26 INT3 レイティング173.1と相変わらず安定しています。
OLもオールアメリカンC #75 Jones(Sr)中心に非常にまとまっております。
そして、この男のブロックがキーになると私は思います。
G #65 Chance Warmack(Sr)
6-3 320lbsという巨漢ながらスピードを併せ持つスーパーG
彼のキックアウトブロックは強烈ですね~


ND DFの弱点といったら若いメンバーのDB陣です。
ランを止め、BAMAがパスアタックに切り替えたとき、DLでプレッシャーをかけることができ、
LBがパスカバーに回れるのであればDB陣の負担を減らすことができると思います。

BAMA OFはライン戦に勝ちグランドアタックを続けながら、McCarronがいつものように試合を壊すことなく
確実にパスを決めていくことが勝利につながると思います。

とにかくこのライン戦は必見ですね!

ND OF vs BAMA DF

BAMA DFは
NT #54 Williams(Sr)
LB #32 Mosly(Jr)
SS #37 Lester(Sr)
とDL LB DBと核になる素晴らしい選手がいます!
そして、素晴らしきシャットダウンコーナーのこの男がいます。
CB #28 Dee Milliner(Jr)
私は開幕戦のMICH戦で素晴らしープレーの連続で彼に釘付けになっていました。
今はやりの超大型とまではいきませんがサイズもスピードも申し分ないですね。
フィジカルの強さも魅力です。
マンもゾーンもどちらも対応できランの上がりも速いですね。
そして何より、寄りが速く、球際に強いです。
今シーズンは対戦相手のQBはほとんど彼のサイドを見なかったという話が出ているほどです。


ND OFも2人のいいRBがいますね。
RB #6 Riddick(Sr) 880ヤード 5TD
RB #20 Wood(Sr) 740ヤード 4TD
そして何よりこの試合のキーとなるのはQB #5 Golson(So)になるでしょう。
走れるQBいわゆるDual Threat QBながら282の166成功 2135ヤード 11TD 5INT レイティング131.8となかなか良い成績を残しています。
若いGolsonが強力BAMA DFを相手に落ち着いてプレーできるかどうか。
そこでキーになってくるのが頼れるターゲットのあの男です。
TE #80 Tyler Eifert(Sr)
44回624ヤード 4TD
6-6の長身でWR並みのキャッチ力を兼ねそろえています。
WRの位置にセットすることもあり、CBでもカバーしきれない場面がちらほらと。
Golsonの頼れるターゲットですね。
Eifertへのパスが決まることによってGolsonは落ち着いてプレーできると思います。


先の方で述べましたがBAMAの1敗はDual Threat QB Manziel率いるTAMでした。
この試合でTAMはBAMAから得点を取るOFを展開しました。
NDももちろんそこをついてくると思います。
ただNDのOLはTAMほど強力ではありませんし、BAMAもNO1DFの尊厳にかけ準備はしてきていると思います。
用意してきたOFプランがダメだった時のNDの次の手がキーになるのではないでしょうか。

BAMA DFもND同様、Milliner以外のCB陣に不安があります。
BAMA相手に29点取ったTAM 28点取ったUGA共に積極的にパスを投げてDFを崩しました。
NDがパスハッピーできた場合のBAMAのDB陣の踏ん張れるかがBAMA DFのキーとなりそうです。

さあ、いよいよカレッジフットボールシーズン締めくくりの大一番です!
いい試合になることを祈っています!
みなさんも締めくくりを楽しんでください!

先ほど、SEA@WASを見終わりました。
膝の怪我を押しながらチームを引っ張ったRG3素晴らしかったです。リスペクトです。
ルーキーQBで残ったのはWilsonでしたね。
RG3とラッ君の分も頑張って欲しいと思います。
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment


Body

プロフィール

songofnature43

Author:songofnature43
PS3ID:songofnature43

GO!Badgers! GO!Browns!

FC2カウンター
 
検索フォーム
 
 
 
 
 
 
ブロとも申請フォーム
 
 
Twitter
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。